【ナイスショット】新旧サムライお立ち台に日本一の予感

【ナイスショット】新旧サムライお立ち台に日本一の予感

 新井選手の“開幕戦”となった5月11日の阪神戦(マツダ)。カープの捕手としては初となる通算1000安打を達成した石原選手。バティスタ選手との2度のアベック弾で先輩の偉業に花を添えた菊池選手。試合も14−1と大勝し、2人のヒーローはお立ち台で最高の笑顔を見せてくれた。

 2009年WBCで原JAPANの一員として世界一を経験したベテラン捕手。僕自身もレンズ越しに世界一の瞬間に立ち会い、鳥肌級に感動したのを今も鮮明に覚えている。

 一方、菊池選手は守備の要として稲葉JAPANになくてはならない無双の存在。

 カープが誇る新旧サムライが今年こそ悲願の日本一へチームを導き、カープファンに鳥肌級の感動を届けてくれる!

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツ 中国スポーツ・エンタメコラムの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索