【J2岡山】チームもあなたも得する「シーズンパス」はいかが

 日本代表を率いる森保一監督はサンフレッチェ広島の監督時代、シーズン最後のホームゲームのあいさつで「シーズンパスを買ってください!」と来場者に訴えていた。

 監督自ら営業活動?するのは珍しかったが、チームの成績にかかわらず、一定の収入が約束されるシーズンパス=年間チケットがJリーグ各クラブにとって、貴重な収入源であることは間違いない。

 ただ、うれしいのはクラブだけでなく、購入する側も同じ。販売が始まっている2019年のファジアーノ岡山のシーズンパスは、どこからどう見ても「買わなきゃ損!」というお得なアイテムとなっている。

 まず価格がお得。メインスタンド中央部分の「SS指定席」は、大人(大学生以上)が3万6000円、ジュニア(小中高)が1万5500円。対象の21試合で当日券を購入する場合と比べると、大人は約55%、ジュニアは約35%という安さだ。

 最も安く、メインスタンドにも座れる「A自由席」なら、大人2万1000円、ジュニア7500円。大人は1試合あたり1000円、ジュニアはわずか358円!で観戦できる。別の用事で行けないときが何試合かあるとしても、こちらを購入しておく方が断然お得だ。

 特典も充実している。早期購入特典として、ここでしか手に入らない非売品の「2019シーズンフォトパンフレット」がプレゼントされるほか、オリジナルデザインのシーズンパスのお届け、一般開場15分前の先行入場可能、ファンクラブへの自動入会、ファン感謝デーへの招待、などなど。お得な値段で観戦できるだけではない魅力がある。

 来季は、U−17日本代表などで監督を務めた経験を持つ有馬賢二氏が、新監督に就任することが発表されている。選手も連日、契約更新や移籍が発表され、マレーシア国籍のFWハディ ファイヤッド選手が加入するなど、チーム体制は大きく変わりそうだ。

 シーズンパスは前述の通りの値段なので、開幕後に購入しても十分にお得なのだが、早めに購入申し込みを済ませれば、開幕に向けた期待も高まるはず。クラブ公式HPなどで情報をチェックして、自分に合った席種の購入を検討してみては?(スポーツライター・石倉利英)


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツ 中国スポーツ・エンタメコラムの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索