「伝説のスカウト・木庭教6」野球オタク(後編)

 【伝説のスカウト・木庭教6】(後編)

 「それも前からの映像も池永、横からも池永、後ろからも池永(笑)。あの頃は岡山だけでも森安敏明(関西高から東映・現日本ハム)、平松政次(岡山東商のち大洋・現DeNA)、松岡弘(倉敷商のちサンケイ・現ヤクルト)をはじめ、ええ投手は全国にたくさんおったんです」

 なのに、映し出される映像は池永ばかり。フロント幹部が半ば怒鳴って言った。

 「木庭!投手は池永しかおらんのか!」

 すると木庭も、負けずに言い返したという。

 「はい、おりません。獲るなら池永しかおりませんっ!」

 惚れ込むとはこういうことを言うのだろう。ただ、8ミリを愛用した木庭だが、間もなくしてやめてしまう。そしてビデオ全盛となる頃には、むしろ“アンチビデオ派”に転向していた。

 木庭は言った。「8ミリは趣味の一環。誰に見せるつもりもなかった。その点、ビデオは上司や監督に見せるためのもの。それではスカウトの目利きを放棄したようなもんじゃろう?」

 ちなみに池永には、後日談がある。=敬称略=


関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツ 中国/四国ゆかりの人間物語の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索