【ボート】山川豊「コース取りが好き」 まるがめSGで12曲熱唱

【ボート】山川豊「コース取りが好き」 まるがめSGで12曲熱唱

 「オーシャンカップ・SG」(14日、まるがめ)

 ボートレース界の夏の頂上決戦が行われている香川県丸亀市のまるがめボートに、演歌歌手の山川豊(58)が来場。2階席までファンで満員になったイベントステージで熱唱した。

 デビュー曲の『函館本線』、好評発売中の新曲『黄昏(たそがれ)』など、約40分かけてメドレーを含めた12曲を披露。客席からリクエスト曲として『兄弟船』(兄・鳥羽一郎の曲)と声が掛かると「もう、おしまい。帰ります」などと、軽妙なトークを交えながらファンを楽しませた。

 山川は若いころからのボートレースファン。「父が好きだった影響で昔から、しょっちゅう兄貴と一緒にボート場に行っていた。進入のコース取りがあるレースが好き。前付けがある方が面白い」と空き時間には舟券を購入してレース観戦。「若いころは熱くなったこともあったけど、今は趣味としてストレス解消の意味で楽しんでいる。子どもを連れて行ったりもしたけど、もうちょっと子どもの遊べるところも増えればいいのにね」と話していた。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツ 中国/四国スポーツ・芸能ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索