広島・鈴木が24号3ラン「積極的にいけました」序盤から“鯉キラー”攻略

広島・鈴木が24号3ラン「積極的にいけました」序盤から“鯉キラー”攻略

 「中日−広島」(10日、ナゴヤドーム)

 広島が1点差につめよられた直後の二回に鈴木の24号3ランで突き放した。

 1死から田中が死球で一塁に出ると、菊池の5球目にリーグトップの24個目の盗塁を決め、菊池は右前打で一、三塁とした。丸が浅い右飛に倒れ2死となったが、鈴木がカウント2−1から4球目の内角直球を左翼席に運んだ。

 打点を85としリーグトップを快走する鈴木は「打ったのはストレート。積極的にいけました。自分のスイングで捉えることができました!」と納得顔だった。

 中日先発の八木は2015年に4勝全てが広島戦での白星で“鯉キラー”と呼ばれていたが、広島打線が序盤から攻略した。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツ 中国/四国スポーツ・芸能ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索