広島・田中が16打席ぶりの安打 好相性の左腕田口から2安打

 「広島2−9巨人」(11日、マツダスタジアム)

 広島の田中広輔内野手が4試合、16打席ぶりの快音を響かせた。

 初回、田口の変化球をはじき返し、左中間へ二塁打。八回には、快足を飛ばして一塁内野安打を奪うなど存在感を示した。

 今季は試合前までで左腕・田口に対して打率5割と好相性。この日も4打数2安打をマークした。

 「なかなか打てていなかったんですけど、相性がよかったので積極的にいきました。またあした切り替えて頑張ります」と次戦に目を向けた。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツ 中国/四国スポーツ・芸能ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツのニュースランキング

ランキングの続きを見る

スポーツの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索