トライアウトがスタート、オリックス契約解除の奥浪ら参加

トライアウトがスタート、オリックス契約解除の奥浪ら参加

 プロ野球12球団合同トライアウトが15日、広島市のマツダスタジアムでスタートした。自動車運転処罰法違反(無免許過失傷害)の疑いで書類送検され8月にオリックスから契約解除された奥浪鏡元内野手や巨人・川相昌弘2軍監督の次男で巨人の育成選手だった川相拓也内野手も参加。NPB球団などからの獲得オファーを待つことになる。

 奥浪は運転免許停止中の5月22日に大阪市内で乗用車を運転。その際、2人乗りのバイクと接触事故を起こし、球団から無期限の謹慎処分を言い渡され、その後、シーズン終了を待たず契約解除されていた。

 2014年度ドラフトで岡山・創志学園高から6位でオリックスに入団。昨季は1軍で15試合に出場したものの、今年は1軍出場がなかった。

 川相拓は桐蔭学園から桜美林大へ。13年3月に卒業後、翌14年9月に巨人の入団テストを受験。14年度育成ドラフト2位で巨人に入団した。

 プロ入り後は1軍出場はなし。今年は2軍戦で24試合に出場し打率・276、2打点の成績だった。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツ 中国/四国スポーツ・芸能ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索