日本ハム・中田 会心先制打&決勝二塁打「乗っていけた」

日本ハム・中田 会心先制打&決勝二塁打「乗っていけた」

 「交流戦、日本ハム8−7阪神」(13日、札幌ドーム)

 狙い澄ました一振りで試合を決めた。3−3の四回2死一、三塁。甘く入ってきた直球を見逃さなかった。打球は左中間を真っ二つに破り、日本ハム・中田翔内野手は二塁ベース上で激しく手を叩く。決勝の適時二塁打。「2アウトからつながっていたので、自分も乗っていけた」と振り返る会心の一撃だ。

 続くレアードが左翼ポール際へ13号3ランを放ち、五回には石井一にも今季1号が飛び出した。主将は「みんながつくってくれたチャンスで、自分も必死につないでいこうと。上沢が頑張っていたし、逆転できて良かった。レアードの一発も出たし、いい形で援護できた」と胸を張った。

 0−0の三回1死一、二塁の場面では、二遊間を破る先制の適時打。4試合連続打点とポイントゲッターとしてチームをけん引し、2四球とつなぎ役としての仕事も完遂。打率・248と少しずつ上昇傾向にある。

 今季初の4連敗で迎えた一戦は最後、有原が苦しみながらプロ初セーブをマークして1点差で逃げ切った。「長いシーズンを戦っていく中で4連敗というのはある。負けていてもしょぼんとせず、どう切り替えてやっていくかが大事だから」と主砲。中田のバットが勝利を引き寄せ、ファイターズをよみがえらせた。

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツ 中国/四国スポーツ・芸能ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索