瀬戸内 快進撃感謝で終幕 佐々木主将「最後まで楽しくサッカーできた」

瀬戸内 快進撃感謝で終幕 佐々木主将「最後まで楽しくサッカーできた」

 「全国高校サッカー選手権大会・準決勝、流通経大柏5−0瀬戸内」(12日、埼玉スタジアム)

 準決勝2試合が行われ、流通経大柏(千葉)はJ1鹿島入りが内定しているDF関川郁万(いくま=3年)のゴールなど大量5得点で初出場の瀬戸内(広島)を寄せ付けなかった。

 快進撃もついに終幕だ。初出場の瀬戸内は準決勝まで駒を進めたが、強豪相手に力の差を見せつけられた。

 何度ゴールネットを揺らされても、決して足を止めなかった。「諦めたらダメだと思った」とMF佐々木達也主将(3年)。相手の圧は想像以上。「思い通りにプレーできなかった」と言うが、攻めの姿勢を崩す選手は誰一人いなかった。

 7月末、西日本豪雨の災害現場へチームとして2日間、ボランティアに出向いた。土砂やがれきの撤去を経験。チームとしての結束力が強まるとともに、感謝や声援が持つ力の大きさを肌で感じた。

 「恩返しをしたいと思っていた」と佐々木主将。だからこそ、90分間駆け続けた。初出場初優勝は夢と散ったが「最後まで楽しくサッカーできた」と顔を上げたその姿は、勝者以上に輝いていた。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツ 中国/四国スポーツ・芸能ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索