広島の田中広輔内野手(30)が15日、広島県廿日市市の大野練習場で行われた合同自主トレに姿を見せた。今季から選手会長となった背番号2。昨年8月に右膝の半月板部分切除手術を受けたが、患部の経過は順調で「色んな動きができるようになっている」と話した。

 昨季は97試合の出場で打率・193と不振にあえいだ。復活を期すシーズンへ向け「佐々岡監督が言っているように、ピッチャーとの一体感が大事だと思うので、そういったことを口に出しながらやっていきたい」とリーダーとしての自覚を言葉に乗せた。