「練習試合、ヤクルト3−2広島」(24日、マツダスタジアム)

 広島は、開幕ローテ候補の薮田が3回3安打無失点と好投した。2−1の八回にはフランスアが登板。先頭打者の四球からリズムを崩すと、その後2点を失った。守護神候補の炎上で、チームはオープン戦から数え10試合連続で勝ち星なしに終わった。

 佐々岡監督の試合後のコメントは以下の通り。

 −今年初めてのナイターになったが。

 「選手は久々というとことだった。無駄にせずにできたと思う。(この日1軍に合流したドラフト2位の)宇草が(初めてで)不安があったけど、しっかりとやってくれたと思う」

 −なかなか勝ちがない。

 「良いものではないけどね。スカッと勝ちたいところで、リリーフが0でいけなかった。一岡にしろ、フランスアにしろ。フランスアは、入りをずっと言っているんだけど、あのボールでは、というところ。今のままでは…。本人がどう思っているか」

 −DJ・ジョンソンがきょうから2軍になったが。

 「こういう状況で開幕ができない中でボール自体もね。外国人は負け試合で投げさせる訳にはいかない。勝ちで投げてもわらないと。今のままでは難しい。下で投げてもらって、結果を出してくれれば」

 −薮田は好投した。

 「最初から3回だった。飛ばしていたけど良いボールがそろっていた。変化球も投げ切れていた」