村山実プロフィール

村山実プロフィール

 村山実(むらやま・みのる)1936年12月10日生まれ、98年8月22日没。兵庫県出身。関西大卒業後、59年阪神入団。新人ながら最優秀防御率と沢村賞を獲得した。ミスタータイガースと呼ばれ、巨人戦、とくに長嶋茂雄との対戦では目の色を変えた。巨人戦通算39勝は今もチーム歴代トップ。全身を使って躍動感ある投球フォームは52年ヘルシンキ五輪マラソンで優勝したチェコ代表、エミール・ザトペックの走法に似ていたことから「ザトペック投法」と言われた。70年から兼任監督、72年に解任され現役も引退。88年から2年間、2度目の監督を務めた。背番号11は永久欠番。通算509試合、222勝147敗、防御率2.09。



【1950年代】村山実

おすすめ情報

デイリースポーツ スポーツ・エンタメの現場の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索