長嶋監督辞任の経緯

長嶋監督辞任の経緯

 事実上の解任といわれたのは川上哲治元監督がシーズン中、週刊誌上で他のOBとともに座談会を行い、次期監督にまで踏み込んでいたから。球団内は長嶋派・反長嶋派が真っ二つに分かれていたという。

 辞任発表の当日は、報道陣200人が殺到。同年引退した歌手・山口百恵の引退時よりも多かったと話題になった。

 後日、フジテレビが「緊急特番 帰って来て!?長島監督」をゴールデンタイムで放送。「長島を球界に復帰させる会」が発足したり、阪神のお膝元である兵庫県加古川市で、阪神ファンやアンチ巨人ファンらが一体となって署名運動が行われるなど、その余波は全国に広がっていった。



【1980年代】長嶋監督辞任劇

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツ スポーツ・エンタメの現場の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索