「辰吉三代物語44」辰吉やもん。辰吉やからやっとんねん

「辰吉三代物語44」辰吉やもん。辰吉やからやっとんねん

 【辰吉三代物語44】

 タイで“最後の試合”に臨んだのは09年3月8日だった。その後も丈一郎は一貫して「世界王者に返り咲く」とトレーニングを続けてきた。目指すのは「3度目の返り咲き」。4つめのベルトだ。

 大阪帝拳は「出入り禁止」のまま。大阪、兵庫の3つのジムを渡り歩く週6日のジムワークと、ロードワークが生活の基本だ。ウエートはいつでもバンタム級に落とせるように一日1食で58キロ前後をキープしている。

 タイでの試合以降、収入はない。今の生活は貯金が支え。「父ちゃんの教訓。お金はしんどい思いをしてもらう物。楽して稼いだ金はしょうもないことに使う」と安易な金もうけを嫌う。

 世界王者時代、多くのボクサーがトランクスにスポンサー名を入れる中で家族の名だけにこだわった。相次ぐCMオファーもほとんど受けず、カップ焼きそばのCMに3千万円のギャラを提示されてもあっさり断った。後にその焼きそばが1年分用意されていたと聞くと、そちらの方を悔しがった。

 20年以上前から同じ3LDKの賃貸マンションに住み、着る物はほとんどジャージー。「雨が降ってもぬれへん」と、バッグ代わりにスーパーの袋を愛用する。

 2011年にWBCは丈一郎に殿堂入りを打診。4つめの“ベルト”を贈ると伝えた。しかし、本人は「オレは現役。ベルトは試合に勝ってもらう物」と辞退した。ぜいたくや栄誉には、かたくななほど価値を見いださない。

 試合のメドがたたない中、ジム経営などの副業を持ってもバチは当たらないだろう。しかし「ボクシングがおろそかになる。練習を一生懸命することが(復帰への)アピールになる。それしかないと思っている」とるみは代弁する。スポンサーもタニマチも受け入れない。「それをすると辰吉じゃない」と妻は言う。

 「辰吉でいたい」「辰吉であるために」と丈一郎はよく口にする。2人の息子にも「辰吉の名に恥をかかすな」と教え込んだ。名の由来は「辰吉丸」という船だと父から聞いた。船はどこに向かうのか。「それは自分でわかってる。行く先は光ってるよ」と迷いはない。

 そんな丈一郎を笑う人がいる。父の戦う姿をほとんど見ずにプロボクサーになった寿以輝は、この世界の厳しさを知り始めた。それでも疑うことはない。「他人は関係ない。父ちゃんはベルトを獲ると思う。獲るまでやり続ける」

 ボクシングをやめた寿希也は会社員として働いている。弟のデビュー後、トレーナーの道を視野に入れた。父と弟。2人のボクサーを支えられるのは、長男の他にいないのかもしれない。

 「見たことのない景色が見たい」と丈一郎は言う。髪には白い物が交じり始めた。現役を続ける先には何が見えるのか。粂二は今、何と言うだろう。「まだやっとんのか。たいしたもんじゃのう」。そんなところか。丈一郎はこう返す。「だって辰吉やもん。辰吉やからやっとんねん」=敬称略=〈おわり〉

おすすめ情報

デイリースポーツ 関西ゆかりの人間物語の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索