北朝鮮製の薬物が韓流も汚染か…「VIPだけ使う」事情通が証言

北朝鮮製の薬物が韓流も汚染か…「VIPだけ使う」事情通が証言

韓国紙・朝鮮日報系のケーブルテレビ、TV朝鮮は17日、「ニュース9」などの報道番組で、ソウル・江南(カンナム)のクラブなどで密売されている違法薬物の中で「最高級」とされているのは、北朝鮮製の薬物であると報じた。

江南は最近、クラブ「バーニングサン」などを舞台に、多数の韓流タレントを巻き込んで、性的スキャンダルや薬物乱用の指摘に揺れている。この街を席巻しているのが、かつては日本国内にも密輸された北朝鮮製の薬物だというのだ。

TV朝鮮は、「北朝鮮製(の薬物)は製薬会社で作られ、純度が高く、最高級とされている」としながら、関係者の次のような言葉を伝えている。

「北朝鮮製はVIPだけが使っているようです。(価格は相場の)少なくとも5倍、高ければ10倍くらいするようです」(クラブ関係者)

「(国内の薬物流通量の)30〜40%くらいには(なるでしょう)。北朝鮮製といえば最高と見る。純度が良いから、品薄で(売りたくとも)売れないほど」(脱北者の薬物ブローカー)

「ほとんど北朝鮮の(脱北)ブローカーが(取引の中に)います。その人たちにお願いをしている。事前に(北朝鮮の)国境警備隊と通じているのだから…日時を約束して、私たちはカネを渡して品物を受け取る」(同)

ちなみに、報道ではほぼ一貫して薬物のことを「麻薬」と呼んでいるのだが、これは韓国メディアが通常、違法薬物の呼称を「麻薬」と「覚せい剤」に厳密に区別しないためだ。ここで言われている北朝鮮製の薬物は、ほぼすべて覚せい剤やその系統であると思われる。

北朝鮮で覚せい剤の密造・密売・乱用がまん延し、当局が頭を痛めている事実はつとに知られている。

また、覚せい剤の乱用と性的スキャンダルが「セット」になって発覚するのは、日本でも韓国でも北朝鮮でも同じのようである。

ただ注意しなければならないのは、上記のような「事情通」の証言だけでは、韓国が本当に北朝鮮製薬物によって汚染されているかどうか、決定的な見極めはつかないということだ。覚せい剤はその成分分析により、精製された場所が特定できると言われる。ほかにも、覚せい剤の「仕出し地」を特定するために必要な要素は様々ある。現状では、北朝鮮製薬物の韓国汚染は「可能性」のひとつとして考えるべきかもしれない。


関連記事

デイリーNKジャパンの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索