北朝鮮の金正恩党委員長が22日、ラオス人民革命党(LPRP)創立65周年に際して、同党中央委員会のブンニャン・ヴォーラチット書記長に祝電を送った。朝鮮中央通信が報じた。

ラオス人民革命党は、1955年3月22日にカイソーン・ポムウィハーンらによって結成され、1972年に現在の名称に改称された。

金正恩氏は祝電で、「私はこの機会に、わが両党、両国の伝統的な友好・協力関係が社会主義偉業の遂行を目指す共同の闘争の中で絶え間なく強固になり、発展するとの確信を表明するとともに、書記長同志の健康と、党と国家を導く責任ある活動での成果を心から願います」と述べた。