北朝鮮と韓国が対峙する軍事境界線付近で3日朝、両国による銃撃戦が発生した。

韓国軍合同参謀本部の発表によれば、同日午前7時41分頃、中部戦線の監視所(GP)が北朝鮮から発射された銃弾数発を被弾した。韓国側は北朝鮮への警告放送と射撃(2発)を実施した。負傷者は報告されていない。