【J2讃岐】ファンサービス抜群「さぬぴー」と「カマタマ広場」で会おう

【J2讃岐】ファンサービス抜群「さぬぴー」と「カマタマ広場」で会おう

 讃岐についにクラブマスコットキャラクター誕生!その名は「さぬぴー」。その愛らしい顔と風貌は名称募集段階から香川県出身のNMB48川上礼奈さん、SKE48高畑結希さんのtwitter上でリツイートされ、7月1日・長崎戦のお披露目時には子どもたちから「さぬぴー!」と声がかかるなど、早くもサッカー界内外で関心を集めている。

 ただしかし、この「さぬぴー」は「うどん」をモチーフとしたサッカーとうどんが大好きな元気で明るい男の子。うどん鉢をかぶり、中身はエンブレムマークの釜玉うどん。この2点以外は全くの謎。身長は「うどん職人の腕次第」、体重も「うどんの玉数によって増減」となんとも煮え切らない記述が並ぶ。

 ならば!というわけで我々取材班は無謀にもしゃべれないはずの「さぬぴー」に単独インタビューを申し込むと……。彼の通訳を兼ねる清野修平広報を交え話を聞くことができた。以下は初インタビューの一部である。

 −−さぬぴー、うどんが好きらしいけどどれくらい食べるの?

 (さぬぴー)うどんをすするしぐさ。(清野通訳)朝は一玉・昼は二玉・夜は三玉。今はひやかけうどんを食べている。と言ってます。

 −−サッカーはどれくらいできるの?

 (さぬぴー)左足、次に右足。最後に手袋を動かす。(清野通訳)実は僕、レフティーなんですが、右足も同じくらい蹴れますよ!ポジションもGK含め全部できます!でも、ヘディングは苦手です。と言っています。

 −−じゃあ、どこに行けば会えるのかな?

 (さぬぴー)握手のしぐさ。(清野通訳)ホームゲームや試合告知のビラ配り会場に行けば握手も写真もОK。握手券は必要ないですし、1人30秒以上は対応します!と言ってます。

 どうやらユーモア力高めの「さぬぴー」。さらなる魅力に触れたいみんなは、Pikaraスタジアムでのホームゲーム前「カマタマ広場」へ集合だ!(スポーツライター・寺下友徳)

関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツ 四国スポーツ・エンタメコラムの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

エンタメのニュースランキング

ランキングの続きを見る

エンタメの新着ニュース

新着ニュース一覧へ

人気記事ランキング

ランキングの続きを見る

東京の新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索