【四国IL】香川・加藤次郎内野手

【四国IL】香川・加藤次郎内野手

 徳島との前期9回戦(5月27日、志度)に勝利し、前期優勝へのマジックを「4」にしたあとで、加藤次郎が教えてくれた。「この4連戦(5月25〜28日)迎える前に僕、ひそかに目標立ててたんですよ。全試合マルチ(複数安打)を打つ!いま、上出来です!」

 翌日も2安打を放ち、5試合連続複数安打を記録する。自分に課した課題を見事クリアし、前期優勝に大きく貢献した。あの好調を振り返って言う。

 「3割に乗せるには、それぐらい打たなあかんなと思ったんですよ。こっそりですよ。明言してない。連戦やから、目標も立てやすかったし」4月の終わりに・224だった打率を一気に・302まで上げ、リーグ5位の成績で前期を終えている。

 今年1月、広島のトレーニングクラブで新井、丸、堂林(広島)らと一緒にトレーニングを行った。やるべきことはすべてやって、悔いを残したくない。そんな思いで4年目のシーズンに臨んでいる。

 日本ハム、ロッテの2軍と対戦した首都圏遠征でも攻守に躍動している。3試合すべてで安打を放ち、守備でも三塁線の難しい打球をアウトにしてみせた。

 プレー以外の面で、意識して続けていることがある。攻守交代時の全力疾走だ。OBの生山裕人(元ロッテ)の話がヒントになった。

 「『スカウトの心も、ファンの心も動かす。そういうヤツがNPBに行けるんや!』。それを聞いて、僕もやるしかないなと思って」

 ポジションのサードへは、必ず全力疾走で向かう。

 公式戦でうれしいサプライズがあった。試合後のお見送りの際、ある少年野球チームに所属するシュンスケ君から手紙をもらった。

 「読んだら『スイングが速くてカッコいい』とか『守備がうまい』とか書いてて。その中に『全力疾走がカッコいい』って書いてくれてたんですよ。うれしかったですね、それは。生山さんにも見せたんですよ。そしたら喜んでくれて」

 全力プレーは、きっと誰かの心に届く。手紙はいつも、バッグのポケットのなかに忍ばせてある。(スポーツライター・高田博史)



 加藤次郎(かとう・じろう)1992年3月12日生まれ、26歳。兵庫県出身。八重山商−九州産業大−カナフレックス−香川OG(15年〜)。36試合に出場、打率・302(5位)16打点、1本塁打(前期終了時)。内野手。右投げ左打ち。182センチ、88キロ。背番号67。血液型A。


関連記事

おすすめ情報

デイリースポーツ 四国スポーツ・エンタメコラムの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索