大坂なおみに「GT-R」をプレゼント、日産“女性専務”と星野リゾートの関係

大坂なおみに「GT-R」をプレゼント、日産“女性専務”と星野リゾートの関係

カルロス・ゴーンに“口説かれた”女

 プロテニスプレーヤー・大坂なおみ選手(20)に、即決でGT-Rをプレゼント――。日テレの上重聡アナ(38)が“タニマチ”のベントレーを乗り回していたという類の話ではない。日本でも傑出した業績を誇る女性重役が、太い肚を見せた瞬間だった。

 ***

 まずはイベントの説明から始めよう。写真をご覧いただきたい。大坂選手は9月13日、横浜市で行われた日産ブランドアンバサダー就任発表会に出席した。日産とスポンサー契約を結んだことを発表するためだ。

 相手役として登場したのも女性。日産の星野朝子専務執行役員(58)だ。実は中高時代にテニスに熱中した経歴を持つのだが、もちろんそれが、今回の大役に抜擢された理由であるはずもない。日産広報部は「日本事業の総責任者ですので、この契約にも責任を持っております。そうしたことから出席しました」と説明する。

 イベントで大坂選手は「父がずっと日産のクエストに乗っていました」と回想。ちなみにクエストは主に北米市場で販売されているミニバンだ。

 そして大坂選手が、好きな日産の車種は「GT-R」だと明かせば、これに星野専務が「わかりました。GT-R差し上げます」と即答。大坂選手は「ありがとうございます、練習に行く時に乗ります」と喜んだ――わけだ。ちなみに公式サイトには「メーカー希望小売価格(消費税込)」として、1023万840円の記載がある。

 ちなみに一部のネットメディアは、GT-Rの名前が飛びだして星野専務は驚き、《「わ、わかりました。GT-R、贈りましょう」とややたじろぎながらも即答》(レスポンス:9月23付)したと報じたが、日産広報部は「事前に打ち合わせをしておりますので、大坂選手がGT-Rを希望されていることは把握しておりました」とする。

 この星野専務だが、「ゴーンに口説かれた女」というインパクト抜群の異名も持つ。実際にカルロス・ゴーン会長(64)が「我が社の秘密兵器」と形容したこともある。彼女の“波瀾万丈”の半生は極めて興味深い。そもそも夫が、あの星野リゾートの星野佳路社長(58)なのだ。大坂選手に負けず劣らずの“スター性”を持っている。

 ちなみに週刊新潮は「日産自動車No.2『星野朝子』の優雅な素顔」(2015年6月4日号)の記事を掲載している。他にも、

◇「【話の肖像画プレミアム】星野朝子(55)=日産自動車専務執行役員=『きみが必要なんだ』 ゴーン社長に口説かれたのは…」(産経新聞電子版:2016年1月7日付)

◇「リーダーの母校 満点から赤点に 自由謳歌した慶応女子高 星野朝子・日産自動車専務執行役員が語る(上)」(NIKKEI STYLE:17年4月10日付)

 といったインタビュー記事にも登場。経済メディアを中心に、常に注目されてきた。やはりと言うか何と言うか、大塚家具の大塚久美子社長(50)と勝手に比較し、星野専務に軍配を上げるという記事も存在する。

日産の“V字回復”に大貢献

 星野専務は小学校4年生まで九州で生活していた。それが父親の仕事の関係で東京に引っ越したことなどから、中学受験にチャレンジする。

 数校に合格し、慶応義塾中等部に進学する。慶応義塾女子高校を経て、慶應大学経済学部を卒業。1983年に日本債券信用銀行(現・あおぞら銀行)に入行を果たす。ちなみに男女雇用機会均等法は85年の制定だ。

 最初の配属先は国際金融部。海外支店の勤務を志望するも、「女性は無理」と却下される。そのために86年に退社し、アメリカのノースウエスタン大学ケロッグ経営学大学院に入学。88年にMBA(経営学修士)を取得する。

 帰国後は就職活動に挑むも苦戦。辛うじて社会調査研究所(現・インテージ)に採用される。ご本人は産経新聞のインタビューで「契約社員でした」と振り返っている。

 だが腐ることなく、精力的に論文を発表。企業の担当者から注目を集め、仕事の依頼が舞い込むようになる。そして2000年から日産の仕事を引き受けるようになった。

 その過程でマーケティングに関する意思決定や組織の理想図を提案すると、当時のゴーン社長に1対1で報告を行うことが決まる。当時は銀座にあった社長室で結果を説明すると、いきなり「君が必要だ」と入社を依頼されたという。

 02年に入社して市場情報室を担当すると、06年には執行役員、14年には常務執行役員、そして16年に専務執行役員、と社内ピラミッドを猛烈な勢いで駆けあがった。当時の様子を、先ほどの週刊新潮の記事から一部を引用しよう。「専門誌記者」は以下のように指摘する。肩書や数字などは全て当時のものだ。

《「星野さんは“男性が車を購入する際、妻や恋人の意見を重視する”との分析結果から、女性顧客重視を提言しました。そこで女性が喜ぶ車体のカラーバリエーションを増やすなどした結果、販売台数が増加。日産の“V字回復”に貢献したのです」
 日産で初の女性専務執行役員になった星野氏は、国内営業本部とマーケティング本部でトップの片桐隆夫副社長を補佐する。
「星野さんは、私生活も順調です。夫は、全国32のリゾート施設を運営する『星野リゾート』の星野佳路社長。出産直後、彼女は子供をベビーシッターに預けて、軽井沢の自宅から当時銀座にあった本社まで新幹線通勤をしていました」》

 夫婦のなれそめについては、これも先に紹介した産経新聞のインタビュー記事から引用させていただこう。

《知り合ったのは中学生の時で同じクラスでした。大学も経済学部でクラスは違いましたが、すれ違うと「おう」という感じで、昔から面識はありました。今も「こういうコマーシャルどう思う」とか、お互いに相談することはあります》

 仕事内容や役職から考えれば当然だが、夫婦共に極めて出張が多いのだという。読売新聞の電子版「YOMIURI ONLINE」の連載「達人たちの本棚」で、15年6月16日に星野佳路社長が登場。夫婦生活について語っている。

《「中学生になったばかりの息子がいますから、夫婦どちらかが必ず家にいることが絶対条件です。1人にさせてしまいますから。だから、家内と出張する日が重ならないように調整しています。だから、東京にいるときは朝食も夕食も作りますよ。保育園から小学校低学年の時は今よりもっと時間調整が大変でしたね。保育園にも私が率先して迎えに行っていました」》

 そして週刊新潮の記事は、以下のようにして結ばれている。星野専務がよく口にするという言葉を紹介したのだ。

《「一番になれることを見つけて、認知されるのが大切。日本で2番目に高い山は誰も知らないでしょう」
 2位では満足しない星野氏。いかにして“巨人”トヨタに挑むのか》

 もちろん大坂選手も、2位では満足しないタイプだ。大坂なおみと星野朝子。生まれも育ちも境遇も全く異なる。だが内に秘めた闘志など、共通するところも極めて多いようだ。

週刊新潮WEB取材班

2018年9月21日 掲載


関連記事

おすすめ情報

デイリー新潮の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索