前澤社長が1億円バラ撒きも…進む有名ブランドの「ZOZO」離れ ミキハウス社長も撤退明言

前澤社長が1億円バラ撒きも…進む有名ブランドの「ZOZO」離れ ミキハウス社長も撤退明言

 僕をフォローのうえリツイートすれば、抽選で100名に100万円をプレゼント――。ZOZOの前澤友作社長(43)がツイッターにこんな投稿をしたのは、1月5日のことだった。結果は、554万リツイートという世界記録である。が、SNSに人は群がっても、本業の方では離脱が加速。大手ブランドが次々と撤退していくのだ。

 ***

「23区」などのブランドを運営するオンワードは、12月25日をもってZOZOTOWNでの商品販売を中止した。

「ZOZOさんが昨年12月25日から導入した新サービスというのは、言ってみれば恒常的な値引きサービスのことで、ブランド価値を毀損する危険性が高いと判断致しました」(オンワードHDの担当者)

 新サービスというのは、年会費3000円あるいは月会費500円を支払うことで、買い物が常に10%引きになる「ZOZOARIGATO」を指す。サービスの導入にあたっても、ZOZO側から自社への通知はメールのみだったと、売上高500億円弱のある著名ブランドの役員は明かす。

「私たちは店舗でセールを一切行なっておらず、どんなに営業を受けてもアウトレットへの出店もしてこなかった。そうして守ってきたブランド・イメージから大きく逸脱してしまうと思い、大急ぎでZOZOの担当営業に連絡を取りました」

 結果、このブランドもZOZOからの撤退を決めたという。

「今回のキャンペーンをきっかけに、オンワードさんが撤退したことにも背中を押されました。他にもミキハウスさんなんかもZOZOとの付き合い方に悩んでいるそうです」(同)

 実際、ミキハウスの木村皓一社長は、

「1月7日の朝に担当者から報告があって、画像を見てこれはアカンなって。『ARIGATO』キャンペーン自体は何の問題もないと思うで。ただ、ウチとしてはブランド・イメージが下がるから、ああいうのには参加したくない」

 とZOZOからの離脱を認める。これ以外にも業界からは、出店にあたっての手数料の割高感や、大手アパレルチェーンなどが参入することでの“ZOZOのイメージ低下”を嘆く声もある。1月17日発売の週刊新潮で、大手の離脱を招いたZOZOの“悪評”を詳しく報じる。

「週刊新潮」2019年1月24日号 掲載


関連記事

おすすめ情報

デイリー新潮の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索