「まんぷく」効果で日清「チキンラーメン」売り切れ店続出 袋麺よりカップ麺が人気

「まんぷく」効果で日清「チキンラーメン」売り切れ店続出 袋麺よりカップ麺が人気

1週間、ラーメンの試食シーン

 NHKの連続テレビ小説「まんぷく」が相変わらず好調だ。2月8日の金曜に放送された108話は21.9%だった。

 ***

 ビデオリサーチが発表した「2月4日〜10日」の関東地区における視聴率。もちろん「ドラマ」部門の1位だが、話はそれだけにとどまらない。

 報道部門や音楽部門など、全てのカテゴリーを合わせてもトップだった。というより、他には20%台に達した番組が1つもない。文字通りの圧勝だったのだ。

 このドラマ、「チキンラーメン」の生みの親として知られ、日清食品ホールディングスの創業者である安藤百福(1910〜2007)と、妻の仁子(まさこ:1917〜2010)をモデルにしたことは、もはや常識と言っていいだろう。

 もっとも、実際にラーメン作りが始まるまでが長かった。振り返れば、長谷川博己(41)が演じる立花萬平が「ラーメン! 確かにそうだ」と叫んだのは1月22日の火曜に放送された第93話だ。

 2018年10月1日に第1話が放送されてから約2か月半の間、全く“本題”に入らなかった。にもかかわらず、常に20%前後の視聴率を維持した。脚本と演出、そして俳優陣の演技が視聴者の支持を受けていなければ、こうはいかなかっただろう。

 2月11日の月曜から始まった「できたぞ!福子!」のシリーズでは、どんどん「まんぷくラーメン」が完成に近づいていく。

 まず11日(月)の110話で、萬平が麺を油で揚げることを思いつく。試作品を作って湯をかけると、安藤サクラ(33)が演じる妻・福子が「おいしいです、萬平さん!」と目を輝かせる。

 大阪大学教授に「油で揚げた麺が熱湯で戻るメカニズムとメリット」について太鼓判を押してもらうと、萬平は更なる改良に没頭していく。だが、生活費が底をついていることが明らかになる。

 12日(火)の111話は、麺を油で揚げる方法が追求される。実際に生産するとなると、なかなか麺が均一に揚がらないのだ。一方、生活費の問題は長姉の夫が「僕が出せる金額なら、いくらでも貸す」と申し出る。

 そして13日(水)に放送された112話で、遂にラーメンが完成する。「油はラードとゴマ油が最適」と判明、萬平は「できた、福子」と歓喜し、「万歳!」と叫ぶ。みんなで試食すると、「ほんまに美味しい!」の大合唱となる。

 14日(木)の113話は、「萬平と福子で『まんぷくラーメン』」と商品名が決定。包装のデザインも完成し、いよいよ生産に入る準備が整う。

 15日(金)の114話では、生産ラインの計画がまとまり、価格も決まる。だが、ラストで福子が倒れてしまう。

 16日(土)の115話は、福子が休養を取ってラーメン作りから離れる。そして遂に、大阪の百貨店で販売を行うことが決まる。ラストシーンは、「昭和33年8月25日」に、萬平と福子が売り場で呼び込みの声を張りあげるところだ。

 この1週間、視聴者は、主人公たちが「まんぷくラーメン」を試食するシーンを見続けることになったのだ。モデルとなったチキンラーメンに意識が向かない、という人のほうが少数派だろう。

専門紙は「2ケタ増」と報道

 既にツイッター上では「チキンラーメンが売り切れている」というツイートが目立っている。

「まんぷく」で福子の義兄・香田忠彦役を演じる要潤(37)も、2月17日に「友人レベルの会話だか、関西近郊ではチキンラーメンが入手困難になってるらしい」とツイート。

 横浜市内のスーパーも14日、「ヤバいっす(≧∇≦) すごい売れてます‼ 入荷したよ〜o(^▽^)o」(註:改行とハッシュタグを省略)と呟き、チキンラーメンンの特設コーナーに「ついに完成!! まんぷ○ラーメン」とPOPが立てられている写真を掲載した。

 ちなみに、このPOPには「品切れ店続出!! 売り切れ必至!!」とも書かれているが、決して大げさな話ではないそうだ。

 東京の練馬区や杉並区でスーパー5店舗などを運営する「アキダイ」の秋葉弘道社長に取材すると、「全店舗の担当者に訊きましたが、『数日前から売れています』との答えでした」と明かす。

「チキンラーメンは袋麺とカップ麺の2種類がありますが、弊社で売れているのはカップ麺のほう、という報告でした。やはり『まんぷく』をご覧のお客さまが買ってくださっていると思うのですが、ドラマで描かれている袋麺よりカップ麺のほうが、気軽に手に取れるのかもしれません」

 専門紙「食品新聞」(電子版)は2月1日、「即席麺総需要 4年連続で記録更新 周年施策など需要喚起が奏功」の記事を掲載した。

 見出し通り、即席麺は売れている。記事では、チキンラーメンが60周年記念を迎えたことも要因の1つとし、近年は低迷していた袋麺が《ダウントレンドに歯止めをかけた》と分析。《「チキンラーメン」ブランドは、「チキンラーメン」単品が2ケタ増で推移している》と報じた。

 この「2ケタ増」こそ「まんぷく」効果ではないのか、日清食品ホールディングスの広報部に取材を申し込むと、「個別商品の具体的な売上についてはお答えしかねます」と言うものの、取材自体には快く応じてくれた。

「チキンラーメンの販売が開始されたのは、1958年の8月25日です。つまり2018年度は発売60周年にあたる記念すべき年なのです。そのため社としては、『「チキンラーメン」として過去最高の売上達成』を目標とし、17年度から着々と準備してきました」

若年層と高齢者の需用を発掘

 老舗の信頼感と新鮮味のなさは、コインの裏表と言える。チキンラーメンと聞けば、誰でも商品と味を思い浮かべることができる。ブランドの価値は高い。

 だからこそ、買ってもらえないリスクもはらむ。スーパーやコンビニでチキンラーメンではなく、視界に飛び込んできた新発売のカップ麺を選んでしまう人は、決して少なくないはずだ。

「もちろんチキンラーメンは弊社の看板ブランドの1つです。ですが実際のところ、『以前は食べていたが、最近は食べなくなった』というシニア層のお客さまや、『名前は知っているが、食べたことない』という若い世代のお客さまがいらっしゃるのも事実です。私たちは17年度から、チキンラーメンを老若男女、更に多くの方々に食べてもらうにはどうしたらいいか考え、様々な取り組みを行ってきました」(同・広報部)

 若年層の需用を掘り起こしたと見られているのが、18年4月に発売された「チキンラーメン 具付き3食パック アクマのキムラー」だ。元祖はキムチを使ったアレンジメニューで、SNSなどで話題となっていた。それを“本家”がまずカップ麺で商品化し、更に袋麺タイプも開発したのだ。

 最大の特徴は、「お湯をかけるだけ」だったチキンラーメンに、乾燥食材と特製の調味オイルが添付されたことだ。ちなみに具材は「キムチ・かき玉・にら」となっている。辛いチキンラーメンという意外性が注目され、人気商品となった。

 逆にシニア層の要望に応えたのが、17年9月に発売された「お椀で食べるチキンラーメン 3食パック」だ。

「チキンラーメンが60周年を迎えたということは、今のシニア層は子供のころから即席麺に親しんできた世代です。一方で、食が細くなりたくさんは食べられないぶん、少しずつ多くの種類の料理を食べたいと思うようになっている。更に『スーパーで惣菜を買っても、ちゃんとお皿に盛り付けて食卓に出す』という主婦の声がヒントになり、『少量の麺を家庭のお椀に入れて食べる』という新商品を開発したのです」(同・広報部)

 ちなみに「お椀で食べるカップヌードル」も発売されており、こちらも好評だというが、これに加えてテレビCMやネット上のプロモーションにも力を入れた。その上で広報部は、“ドラマ効果”を認める。

「NHKさんが『まんぷく』を放映していることが、売上増加の要因の1つになっていることは間違いないと思います」

 今後、日清食品は「100年ブランドカンパニー」の実現を目指す。チキンラーメンで言えば、40年後の2059年でも、定番ブランドとして普通に売られていることを目標にするそうだ。

週刊新潮WEB取材班

2019年2月21日 掲載


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

デイリー新潮の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索