デジダル化が進む中、紙の需要が減り続けている。印刷などに使われる紙は、2006年がピークで、現在はその65%ほどだという。こうした流れを受け、製紙会社では新たな取り組みが始まっていた。製紙技術を進化させて新素材を開発し、さまざまな分野に応用しようとしているのだ。

 ***

佐藤 新型コロナ感染拡大の中、2月末に突如として起こったトイレットぺーパー騒動では、たいへんなご苦労をされたことと思います。

矢嶋 ほんとうに大変でした。ご存じのように、マスク不足の中、原料はマスクと同じく中国から来ているから、そのうちトイレットペーパーもティッシュペーパーもなくなる、というデマがSNSを通じて爆発的に広まりました。いくら「輸入のトイレットペーパーはほとんどない」「フル操業していて、在庫が足りない状況は一切ない」と訴えても、なかなか信用してもらえませんでした。

佐藤 矢嶋さんは日本製紙連合会会長として苦言も呈されていましたね。

矢嶋 「SNSに書き込む人には、最低限の倫理観を持って欲しい」と話したのですが、デマを書き込んだり、それを信じて買い占める人だけではなく、対抗して買い占めに走る人たちもいたから困りました。

佐藤 行動経済学的には理解できます。誰かが2倍買えば品薄になるのは確実ですから、自分も買っておこうとなってしまう。

矢嶋 みんなの行動を予想して行動するというのは、まあ、正しいことなのかもしれませんが。

佐藤 ケインズの言う「美人投票」ですね。自分が美しいと思う人ではなく、他の人が美人と思っている人に投票するやり方が、有効な投資法である――。

矢嶋 とんでもない話ですが、その通りです。

佐藤 鳥取県の米子医療生活共同組合が、デマの拡散に職員が関わったと謝罪しましたが、基本的にデマの責任主体ははっきりしないものです。そこがわからないのに、ニセの情報がどんどん拡散していく。これは企業が抱える新しい形のリスクではありませんか。

矢嶋 おっしゃる通りです。ただ、私の入社した前年にもこうしたトイレットペーパー騒動はありました。

佐藤 オイルショックの時ですね。

矢嶋 ええ。あの時は翌年からパタッと需要がなくなり、会社がずいぶん苦しみました。だから今回もそれを懸念していたのですが、トイレットペーパーなどの需要はやや落ちたものの、使い捨てのペーパータオルが売れるようになってきたんです。

佐藤 いままで日本の文化にはなかったものです。

矢嶋 少しずつ広まってはいたのですが、欧米に比べるとまだまだでした。それが家庭に浸透してきた。もちろん業務用も伸びていますが、紙で手を拭いてすぐ捨てるという行動が定着しつつある気がします。

佐藤 やはり感染防止ということで、合理性がありますからね。自分の身体を守るとなると、消費行動や生活様式に影響を与えます。

矢嶋 日本のペーパータオルの多くは欧米と違って白いのが特徴で、今後はコンスタントに需要が伸びていくと思います。

佐藤 コロナではほかにもさまざまな影響があったのではないですか。

矢嶋 印刷情報用紙の需要が、2月から5月の間で、前年と比べ2割ほど減りました。大きく分けると、出版用の紙とカタログやチラシなど商業印刷用の紙がありますが、減ったうちの大体3分の2は商業印刷だと思います。

佐藤 イベントがまったくなくなった影響ですね。またテレワークが推奨されて、コピーもプリントアウトもあまりしなくなった。

矢嶋 会社だったら近くに大きなコピー機があって、一度はプリントアウトして見るものも、自宅では容易にできないので、どうしても画面で済ますようになる。もともとテレワークは進みつつありました。だから、コロナで需要減の先取りをした感じです。

佐藤 オフィスにおけるペーパーレス化は加速しています。特に社内をフリーアドレスにして自分の机がなくなると、紙が持てなくなる。与えられるロッカーでは、小さくてとても紙の資料は入りきりません。

伸びているのは「包装」

矢嶋 紙の需要はずっと減っていて、印刷情報用紙の分野では、国内需要のピークが2006年でした。

佐藤 2006年ですか。1990年代後半にパソコンを導入したとき、みんな紙は減ると言っていましたが、最初は増えたんですよね。

矢嶋 プリントアウトしないと気が済まなかった。ところが2006年以降、一気に需要が下がってきました。2006年を100とすると、いまは65くらいになっています。

佐藤 私などはやはりプリントして推敲しないとダメですね。作家はまだそういう人が多いはずです。

矢嶋 調査会社による統計では、紙で見た方が頭に残るという人の割合が多い。

佐藤 それは経験則からして間違いありません。ただビジネス文書だと違うのかもしれない。おそらく小学校で紙の教科書をなくし、タブレットで教科書や本を読むという習慣がついた子供たちが大きくなったら変わってくるのでしょう。ただそれにはまだ20年くらいかかります。

矢嶋 私も、教科書のページを触りながらのほうが、頭に入る感じがしますね。

佐藤 紙や書籍がよいのは、3次元だからです。情報がこのへんにあるということがすぐにわかる。電子データは2次元ですから、検索しなくてはなりません。仕事で本を読む人は、2万冊、3万冊くらいの本なら、どこに何があるか、わかりますよ。検索するよりも早い。

矢嶋 紙の辞書はもうあまり使われなくなっていますが、子供たちには、紙のほうがいいと言う人もいますね。近くに似たような言葉が並んでいるのを見ながら覚えるのが重要ということで。

佐藤 その通りです。さらに言えば、いつでもスマホや電子辞書で簡単に調べられると記憶に定着しません。私は日本の語学教育の失敗は、初めから辞書を引かせ過ぎることだと思います。ロシアの英語教育や日本語教育は、最初の1年は辞書を引かせない。その間、教科書に出てくる単語を丸暗記させます。入門が終わり初級に入ってから、ようやく辞書を使わせる。だから紙の辞書も初めから引かせないほうがいいんです。ましてや最初から電子辞書なら、記憶に残りませんよ。

矢嶋 新聞用紙も2005年あたりがピークで、いまは当時の60%くらいになっています。

佐藤 急速な下がり方ですね。

矢嶋 書く紙、記録する紙、印刷する紙という分野は、もうこれから増えないでしょう。ですから別の分野に力を入れていかなければなりませんが、その一つが包装です。もともと紙は、中国の漢の時代、西暦だと100年くらいに、蔡倫が発明したと言われていましたね。当初の用途は、書くことではなく、包むことだったそうです。いまそこに立ち戻って、包装に力を入れているんです。

佐藤 段ボールやパッケージですか。

矢嶋 ええ、いまeコマースが拡大してきていますが、宅配便でも郵便でも必ず箱で届けられます。だから堅調に伸びてきている。

佐藤 荷物は業者が捌ききれないくらい増えています。

矢嶋 これはグローバル化とも関連していまして、当社グループにおいてはいま包装関係の事業拠点だけで、海外に50カ所ほどあります。マレーシアやベトナム、インドネシアなどですね。

佐藤 毎年2カ所、アジアで工場を作っていくという記事がありました。

矢嶋 そのくらい作っていかないと、アジアの経済成長に追いつけず、シェアが落ちてしまいます。競争相手のほとんどは華僑で、彼らはすぐに行動しますから、こちらも休んではいられない。

佐藤 海外の工場は、コロナで休業させられたりしたのですか。

矢嶋 各国で操業停止になりました。でも段ボールがないと食品も生活必需品も運べないんですね。ですから最初は生産ストップとなっても、説明すれば「あ、そうですね」と再開させてくれる。エッセンシャル(必須)じゃないだろうと言われれば、そうかもしれませんが、必要なものですからね。

佐藤 インフラと同じです。

矢嶋 そう、意外と重要なのですよ。

佐藤 海外の工場にも日本から多くの人を派遣しているのですか。

矢嶋 だいたい各拠点に日本人1人くらいはいますが、基本的に現地化しています。東南アジアの統括拠点はマレーシアのクアラルンプールで、そのトップはカナダ国籍の中国人です。コンペティター(競争相手)が華僑ですから、ビジネスのセンス一つとっても、それに精通した現地の人にやってもらったほうがいい。

グローバリズムのDNA

佐藤 いま海外売上高が全体の30%とのことですが、グローバル化が本格化したのはいつくらいですか。

矢嶋 印刷情報用紙がピークを迎えた少し後の2008年くらいからでしょうか。号令をかけると一斉に動き出しました。いまは売上高比率50%を目指しているところです。

佐藤 戦前の王子製紙は国際化された会社でした。会社のDNAにグローバリズムが組み込まれているから、一気に進んでいるのではないですか。

矢嶋 なるほど。

佐藤 私は戦後、日本で初めてサハリンに入った外交官なんです。1994年のことです。その時、現地の人から王子製紙の名前を何度も聞きました。戦前戦中の王子製紙の工場がまだ稼働していたのです。そこでは王子製紙の技師たちが抑留された話も聞きました。

矢嶋 戦前は樺太にも満洲にも工場がありました。何代か前の経営者はそういう一種のノスタルジアを秘めて働いていましたね。私の上司のご尊父は戦前の王子製紙にいて、北海道でサハリンからの引揚者の受け入れ窓口をやっていたそうです。

佐藤 そのDNAが受け継がれている。

矢嶋 経営者がそういう視点を持っていた、ということはあるでしょう。あまり海外に進出していない時期でも、入社して1、2年目の社員をアメリカの大学に留学させてMBA(経営学修士)を取らせていました。

佐藤 最近、MBA無用論を言う人がけっこういますが、やっぱりMBAは重要ですよ。アメリカのロースクールやビジネススクールは、日本で言う大学院ではなくて、高等な専門学校です。ビジネススクールは企業価値の計算をしたり、簿記を徹底的にやったり、実業学校の延長上にあります。だから高度な実務家を養成するとなったら、MBAを取らせたほうがいい。

矢嶋 そうした実務に加え、海外で何年か暮らすことで、外国人に対する抵抗感がなくなり、対等な関係が作れるようになりますね。日本人は外国人を相手にすると、どうしても臆してしまうところがある。ただ妙に自信をつけて、戻ってきてからすぐに辞めてしまい、コンサルティング会社や外資へ行ってしまう人もいるんですよ。だから最近は、若い社員を直接海外の事業所に送り込んでいます。

佐藤 そのほうがいいかもしれません。やる気がある人は、現地で夜間のビジネススクールに通うことだってできますから。

矢嶋 まったくその通りで、やる気のある人はどこでも勉強します。

佐藤 いま就職試験のシーズンですが、どんな人が会社に欲しいですか。

矢嶋 そうですね。とにかくバイタリティがあること、そしてケインズの話が出ましたが、彼の言う「アニマル・スピリット(野心的意欲)」みたいなものを持っていること、かつロイヤリティ(忠誠心)がある人ですね。

佐藤 では、来て欲しくない人というと――。

矢嶋 頭がよくて評論家、要するに行動力がない人です。意見ばっかり言って、やることをしない人は難しいと思います。

佐藤 往々にして学校秀才はそうなる可能性がありますね。失敗を恐れて行動しない。レーニンは「失敗しない者は何もやらない者だけだ」と言っています。何かにコミットすると失敗することはある。それが大切なのですけどもね。

矢嶋 その通りです。

佐藤 そもそも矢嶋さんはどうしてこの業界を選ばれたのですか。

矢嶋 周りの同級生の多くは商社とか金融機関を目指していましたが、私は製造業、メーカーに行きたかったんですね。メーカーでも、原料が再生できるような分野で働きたかった。

佐藤 リサイクルの発想を大切にされていた。

矢嶋 製紙会社は木を使いますが、育てることができて、原料が枯渇しません。また古紙もリサイクルしている。私が入ったのは、王子製紙ではなく、古紙を主な原料としていた本州製紙でした。当時、他の会社も受かっていたので父親に相談したら、「30年後を考えろ」と言われたんですね。本州製紙はあまり業績がよくなかったのですが、いま苦労している会社だから30年後はよくなるだろうと思って入社したら、1996年にこの会社の前身である新王子製紙と合併した(笑)。

佐藤 本州製紙出身者として初めて社長になられました。この巨大企業の中の出世レースを勝ち抜いてくるのはすごいことですね。

矢嶋 そんなことないですよ。会社のDNAの話が出ましたが、この会社は戦前からいろいろな会社が合併し、そして分かれて、また合併してという歴史があります。だから誰がどこの出身かということにはあまりこだわらない社風があるんです。

新素材の可能性

佐藤 矢嶋さんが社長に就任されたとき、「製紙企業ではないと自他ともに認められるようなグループになりたい」と、お話しになったそうですね。紙の需要が減る中、これからどんな会社になっていくのでしょうか。

矢嶋 木にはさまざまな可能性があります。木を形作っているのは植物繊維のセルロースですが、バイオテクノロジーによって、これをピュアな形で取り出し、ものすごく細かくすることで、思いもよらなかった用途が考えられるようになりました。佐藤さん、セロファンってご存知ですか。

佐藤 もちろんです。昔は学校で工作用に使ったり、飴を包んだりしていましたね。

矢嶋 それがいまは石油化学で作られるポリプロピレンのフィルムになってしまいましたが、昔のセロファンは木材繊維です。

佐藤 だから燃えましたね。

矢嶋 ええ、チリチリと燃えます。そのセロファンを作る技術が進んで、いまセルロースナノファイバーという素材が生まれました。植物の細胞壁を構成するセルロースをナノ(10億分の1の単位)レベルで細かくして作るのですが、ほかの素材に混ぜると、強度が上がり、熱にも強くなるし、伸び縮みもしなくなります。

佐藤 第二の炭素繊維ですね。いま炭素繊維は飛行機に使われていますが、例えば、紙から車が作れるようになりますか。

矢嶋 そうです。車のボディを作れば、衝撃に強いし、軽くなります。いまそうした開発を行っています。

佐藤 かつて東ドイツに、トラバントという車がありました。見栄えしない外見からボール紙でできていると揶揄されましたが、本当に紙で車ができる時代がやってくる。すごいことですね。

矢嶋 実際にいま何を研究しているかと言うと、ガラスです。自動車のガラスはものすごく重い。だからセルロースナノファイバーを使って、軽くて頑丈なものを作れば、自動車の軽量化ができます。

佐藤 飛行機の風防ガラスがポリカーボネートに替わったのと同じですね。

矢嶋 ポリカーボネートは熱に弱いし、膨張したり、収縮したりします。だからまださまざまな箇所にガラスが残っています。でも、ポリカーボネートにセルロースナノファイバーを混ぜてガラス代わりにすれば、そうした問題が解決できる。

佐藤 これはいつくらいに実用化できるのでしょうか。

矢嶋 10年くらいはかかるのではないかと思います。

佐藤 そんなに先ではない。

矢嶋 自動車の他にも、化粧品や医薬品にも取り組んでいます。

佐藤 それも木から作るのですか。

矢嶋 木はセルロースのほか、ヘミセルロース、リグニンという物質で構成されています。セルロースを取り出す時には、セルロース同士を接着しているリグニンを取り除くのですが、残った「カス」がヘミセルロースで、これは燃やす以外に用途がありませんでした。でもそれが化粧品や医薬品になることがわかった。精製して酸性ヘミセルロースにすると、それは肌に保湿性を与えバリア機能を持つので、化粧品原材料になります。また、まだ人間が使うには至っていませんが、酸性ヘミセルロースを化学合成した硫酸化ヘミセルロースは、犬や猫、競走馬の膝の腱鞘炎を抑える医薬品にもなっています。

佐藤 用途に広がりがありますね。

矢嶋 もう一つ、硫酸化ヘミセルロースには、血液が固まるのを防ぐ作用もあり、抗血液凝固剤としても期待されます。透析の際に必要な薬ですが、いま使われている抗凝固剤ヘパリンは豚の腸から作られています。それだと宗教的に使えない人も出てくる。

佐藤 イスラム教ですね。ユダヤ教でも豚は嫌います。

矢嶋 だからそれを木材から作れば、問題がなくなります。

佐藤 それらがどんどん出てくると、かなり製紙会社のイメージが変わりますね。

矢嶋 包装分野などの紙をベースに、こうしたイノベーションによる素材作りもどんどんやります。時代の変化に合わせ、これから大きく変わっていこうと思っています。

矢嶋進(やじますすむ) 王子HD代表取締役会長
1951年東京生まれ。慶應義塾大学経済学部卒。75年本州製紙に入社し、パプアニューギニア木材工場などに勤務。96年に同社は新王子製紙と合併。2007年執行役員経営企画本部長、12年代表取締役副社長と歴任し、15年に代表取締役社長。19年より代表取締役会長。18年から本年5月まで日本製紙連合会会長も務める。

「週刊新潮」2020年7月16日号 掲載