「レッドブル」や「モンスターエナジー」のヒットで、日本にも定着した感のあるエナジードリンク。カフェインの覚醒作用による“シャキッと”感が人気の理由だが、その一方で「カフェインゼロ」や「カフェインレス」の飲料が、次々と登場している。

 ***

 伊藤園は6月29日に、おなじみ「お〜いお茶」のカフェインゼロを新発売した。カフェイン量を抑えた茶葉を使用し、さらに独自の抽出技術によって「ゼロ」を実現したという。同社のリリース文書によると、「カフェインレス・ゼロ市場は直近5年で+27%拡大」しているそうで(マーケット調査会社「富士経済」の発表値として)市場のトレンドを取り入れた新たな取り組みということだろう。

 カフェインゼロの緑茶の先行商品としては、キリンビバレッジ「生茶」のデカフェ がある。こちらは2014年4月から発売されているロングセラー商品だが、〈茶葉の火入れと抽出温度を見直し〉(リリース文より)てリニューアルを行い、7月7日に新発売されている。

「カフェインレスの定番であるコーヒーでは、わりと早くから商品が出ていました。UCC上島珈琲が『BEANS&ROASTERS デカフェ・ラテ』を発売したのは昨年 ですし、やはり同じタイミングで ジョージアから『やさしいデカフェ・オレ』が出ています。その流れで、この7月には、あの『クラフトボス』(サントリー食品インターナショナル)のデカフェ商品も登場しました。“割って飲む”濃縮タイプのゼロ/レスコーヒー商品は割とあるのですが、手軽に飲めるボトルまたは缶タイプで、しかも大手から商品が発売されるというのが、ここ最近の流れでしょう」(業界誌記者)

 さらにはカフェインゼロの「エナジードリンク」なる商品も……。大正製薬が今年3月から発売している「RAIZIN(ライジン)」は、カロリーゼロ、砂糖ゼロ、そしてカフェインゼロという異色のエナジードリンク。カフェインの代わりに「生姜科植物ガランガルの地下茎」から抽出した「enXtra(エネキストラ)」を使用しているそう。7月21 日からは期間限定フレーバーの「スウィーティーレッド」も発売される。

「まだ、一部の店とネット上でしか買えませんが、最近、クルマの『ランボルギーニ』ブランドのエナジードリンクも日本上陸を果たし、そちらもカフェインレスですね。ただ、カフェインを含んだエナジードリンク市場も依然として堅調で、『レッドブル』や『モンスターエナジー』が新商品を投入しています。サントリーからは、“カフェイン入り炭酸水”の『サントリー天然水SPARKLE ジンジャー&カフェイン』も6月から販売されています。こちらは100mlあたりカフェインは15mgと、いわゆる普通のエナジー飲料に比べては半分の量ですね。カフェインという点から飲料業界を見ると、カフェイン、ノンカフェイン、それぞれに高い需要がある面白い状況になっています」(同)

ノンカフェインのファッション性

 清涼飲料水評論家の清水りょうこ氏は、次のように話す。

「もともと妊婦さんたちはカフェインを避け、麦茶やルイボスティーを飲んでいました。そういう意味で、ノンカフェインは昔から一定数の需要があり続けるジャンルだったわけです。大手から商品化された先駆けでは、キリンの『午後の紅茶』のデカフェがかなり早かったのではないでしょうか(※『ストレートティー デカフェ』は17年8月より発売中)。ただこの商品は、普通のスーパーマーケットやコンビニエンスストアではあまり見かけず、『ナチュラルローソン』といった健康志向のお店に置かれていました。今のようにカフェインレス飲料の商品が増え棚に並ぶようになったのは、やはりここ1〜2年のことだと思いますよ」

 清水氏によると、エナジードリンクのメインユーザーは、やはり学生やサラリーマンの男性。とはいえ、女性でもエナジーを飲む人は少なくない。“フルーティー味”など女性向け商品が発売されてはいるが、

「こうした商品で新たな女性ユーザーの獲得を目指しているのだと思いますが、なかなか難しいのではないでしょうか。エナジードリンクを飲む女性は、“女性向け”でなくても、“普通の”エナジードリンクを飲んでいるのでは」

 コーヒーを飲む人に男女差がないのと同じということだろうか。一方、ノンカフェイン飲料に関しては、男性よりも女性の需要が高いと清水氏は分析する。

「もちろん、普通のコーヒーとの飲み分けという、男女を問わない需要はあるとは思います。そのうえで、たとえば小麦を含まない『グルテンフリー』の食志向が女性たちの間で流行ったように、ある種のファッション性が『ノンカフェイン』にも見て取れます。私は物珍しさも手伝って『ノンカフェイン』を選んでいますが。そんなカフェインレス需要に、各社が改めて気づき、商品を次々打ち出しているのが、いまの状況でしょう。あとは、各社とも既存ブランドの“カフェインレス仕様”の形で、新商品を投入しています。普通の商品とカフェインレス商品の希望小売価格は一緒でも、スーパーなどの店頭に並んだ時、カフェインレスという付加価値がある分、後者は前者よりディスカウントしにくくなる。そんな販売戦略も、もしかしたらあるかもしれませんね。いずれにせよ、選択肢が広がることで、午前中はカフェインあり、午後からはカフェインレスといった、シーンに合わせて飲み分けができるようになりそうですよね」

 エナジードリンクやコーヒーの摂取し過ぎでカフェイン中毒に陥る人も少なくないという。新たな選択肢としてカフェインレスは定着するか。

週刊新潮WEB取材班

2020年7月15日 掲載