7月20日、北海道のコンビニチェーン「セイコーマート」が、道内でマスク製造に乗り出すことを発表した。コンビニがマスク(しかも純国産)を作るとは前代未聞である。また、同チェーンでは、レジ袋の素材を変えることでの無料化を、今も継続している。独自路線を突き進むセイコーマートとは、どういう店なのか。

 ***

 北海道以外ではめったにお目にかかれないセイコーマートだが、サービス産業生産性協議会がまとめる「日本版顧客満足度指数」のコンビニ部門では、セブン-イレブンやファミリーマート、ローソンをも蹴散らして、4年連続で1位に輝いている。

 3大コンビニチェーンと、一体何が違うのか、流通アナリストの渡辺広明氏に聞いた。

渡辺:セイコーマートは他のコンビニはやらないチラシの配布も基本的に2週間に一度ほど行っていますし、惣菜や食材などの種類が多い。コンビニというより食品ミニスーパーに近い位置づけです。直営店が多く、道内ではソウル・コンビニといえる存在です。

なぜ、ソウル・コンビニになれたか

渡辺:セイコーマートの場合、日本全体を見ながらというより、北海道民を見ながらビジネスをしていると言っていいと思います。同店にはホットシェフという、店内調理のお弁当などがあるのですが、これも寒い北海道で温かいものを食べてもらいたいという想いからでしょう。そして、北海道は道外と比べると所得がやや低いので、商品の価格を抑える必要があります。全国チェーンのコンビニが北海道に進出しても、デザートなどを東京と同じ値段で販売しても高すぎて売れません。そこでセイコーマートは、牛乳はもちろん缶コーヒーやワインまで、膨大な数のプライベートブランド(PB)の商品がある。通常、PB商品はOEMメーカーに製造委託しますが、セイコーマートは道内を中心に1078店舗(2020年7月31日現在)しかないので、メーカーに投げても1万4000店舗以上の大手コンビと比べて、価格競争力がない。ですから製造会社を買い、それらをグループ会社にして、PB商品を作るという独自手法を取っています。さらにPBの競争力を付けるために、北海道ブランドをうまく利用してドラッグストアに卸したりもしているんです。そうなれば、セイコーマート自体の店舗はそれほど多くなくても、商品を回していけるわけです。ただし、店舗のほうはあくまでも地域密着型を貫いているので、ソウル・コンビニになれたのだと思います。

道産マスク販売は秋以降

 冒頭で紹介した通り、そのコンビニが道内でマスク製造を始めるという。販売はいつになるのか、運営会社のセコマに聞いた。

セコマ:3月に経産省から不織布マスクの製造・安定供給のための相談があったのがきっかけです。道内にはマスク工場がなく、災害も増える中、道内で製造していなければ逼迫する恐れも出てきます。弊社は道内の多くの自治体と、災害時における物質供給協定を結んでいます。これまでは食品の供給が多かったのですが、今後はマスクも必要になるでしょう。国内回帰という考えにも共鳴できましたし、補助金を活用することもできます。それでマスク製造を決めたわけです。

――発売はいつになるのか。

セコマ:まだ機械が入ったばかりで、これから試運転して、出来上がった製品をテストをしてから、発売となります。秋以降になると思います。

――箱売りとなるのか、袋売りなのか。

セコマ:コンビニでマスクを購入される方は、マスクを着けずに外出してしまったとか、破れたとか、緊急に購入される場合でしょう。ですので、1袋に5〜7枚入っているようなものになると思います。価格はできるだけ抑えて、コロナ以前の値段にできると良いんですが……。

――コロナ以前に売られていたマスクの価格はずいぶん安かったが。

セコマ:マスク製造は、儲ける事業ではないと考えています。今やマスクは生活にどうしても必要なものとなりました。現在はマスクが市場に出回るようになったとはいえ、以前とは使う枚数が違いますからね。セイコーマートでも、コロナ以前よりも15倍の売れ行きとなっています。そのため、自社で製造すれば安定供給もできると考えています。

――レジ袋の無料を続ける意味は?

セコマ:実は以前、有料化も検討していました。しかし、有料化がスタートした7月1日の時点では、コロナで世の中の状況は一変しました。働けない状況の方もいて、お客様の状況も考えると、無料化を延期したほうがよいとの結論に至ったんです。そのため、バイオマス素材を配合してプラスチックの使用を減らしたレジ袋に替えることで、無料化を続けることが可能になりました。

――あくまで地域密着である。ところで、業界最大手のセブン-イレブンを経営するセブン&アイ・ホールディングスは、米国のコンビニチェーンを2兆2000億円で買収することを発表した。国内は飽和状態とみて世界に手を広げるようだが、セイコーマートはどうするのか。

セコマ:道外でのPB商品の販売網を拡大しています。地域と地域外の繋がりというのは、店舗だけではないと考えています。店舗の展開だけが選択肢とは考えていません。今後も北海道を世界に向けて発信していくつもりです。今のところ道外のセイコーマートを増やす予定はありませんが……。

――セイコーマートはやはり北海道のためのコンビニということか。

セコマ:こう言っては何ですが、地域に愛されているという自負があります。大手のコンビニチェーンは地元と呼べる地域がない中、セイコーマートは今後も北海道中心でいきます。商品の原料なども地元で調達することが多く、他社がマネをしようとしてもできませんからね。

週刊新潮WEB取材班

2020年8月8日 掲載