低迷する石橋貴明・新番組「たいむとんねる」で囁かれるミッツ“戦犯”説

低迷する石橋貴明・新番組「たいむとんねる」で囁かれるミッツ“戦犯”説

 今年(2018年)3月22日、通算30年の歴史に幕を下ろした「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)に代わる形で、4月16日よりスタートした月曜深夜のトークバラエティ「石橋貴明のたいむとんねる」(同)の視聴率が芳しくない。いや、それどころか、いまや“戦犯”捜しに話は及び――。

 ***

 石橋貴明(56)とミッツ・マングローブ(43)のコンビによるMCで、毎週ゲストを呼んで、“アイドル、テレビ、歌謡曲、漫画、野球など様々なテーマの「ちょっと前の話」で盛り上がる、大人のノスタルジーを刺激するトークバラエティ”と謳われている。

 初回のゲストは、その昔、貴明とはデュエット曲を出したこともある工藤静香(48)で、おニャンコ時代に話に花を咲かせたが、視聴率は3.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同じ)。翌週の第2回はTRFのDJ KOO(56)をゲストにかつてのディスコ話に盛り上がったが、視聴率は2.9%に落とした――。

 とある放送作家も残念がる。

「貴さんというか、とんねるずに“終わった感”が強い中、ゲストも終わった人ばかりで、自分の全盛期を懐かしむ番組という印象で始まってしまいましたね。それとMCのミッツが誤算でした。おそらくスタッフは『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)のようなイメージで、ミッツが貴さんやゲストと絡んで面白い化学反応を起こすと期待もしていたんでしょうが、貴さんにもゲストにも共感できていないんです。興味も薄いようで、上手く馴染んでいけていない。初回こそ、ミッツがアイドル好きで、ゲストが世代的にもそれほどは離れていない工藤静香だったために、そこそこついて行けました。が、第2回になると、貴さんと同い年のDJ KOOがゲストで、40年近く前の新宿のディスコ事情ともなれば、いくら2丁目に詳しいミッツでも知るよしもないですから」

 この第2回を最後に、番組冒頭で交わされていた貴明とミッツのミニトークもなくなることに。

ミッツに入り込む余地なし

 第3回はミッツと同世代の千原ジュニア(44)がゲストではあったが、トークは「あしたのジョー」とボクシング談義。

 第4回は柳沢慎吾(56)で「俺がビビった!大物芸能人」。若山富三郎(1929〜1992:享年62)や石立鉄男(1942〜2007:享年64)など昭和の大物が話題に。

 第5回はそのまんま東こと東国原英夫(60)で、まだ2人が売れなかった頃の話――もはや、ミッツに入り込む余地なし。

「貴さんとゲストのトークは熱いし、楽しんでいる様子も伝わります。とんねるず世代の視聴者も同じように楽しんでいるはずです。しかし、スタジオでひとり蚊帳の外にいるのがミッツ。トークが上手いイメージがあっただけに、あからさまに楽しめていないように見えるのは拍子抜けですね。ネットでも〈昭和に詳しいようなこと言っていたくせに全然知らねえじゃねえか〉〈マツコを見習え!〉なんて声も出るほど、いまや不振の戦犯はミッツなんて声も出始めています」(同・放送作家)

 とはいえ、石橋とひと回り以上も年の差がある40代前半のミッツが入り込めない話題なのだから、多くの若い視聴者にとっても同様なのではないか。それが番組開始からひと月が過ぎても、いまだに視聴率2〜3%台をウロウロしている要因かもしれない。

ネタも通じず

 また、ウケ狙いが高じたのか、第5回ゲストの東は、話を盛りすぎた。ラジオ「ビートたけしのオールナイトニッポン」で、師匠のビートたけし(71)に騙されてヒッチハイクなどを駆使して石垣島にたどり着いたものの、帰る金が無い。師匠から“そこから台湾が見えるだろ、密入国すればタダで強制送還される”というアドバイスを受け、実行したというのである。

 彼らの当時の芸風を知るものにはネタとしか聞こえないのだが、ネットでは〈すごい!〉と賞賛する声、〈嘘だ!〉と憤る声に分かれた。日刊スポーツ(デジタル版)まで「東国原氏、台湾に密入国して強制送還?の過去告白」などと記事にしてしまったこともあってか、東は放送の翌日にTwitterに真相を告白することに。

〈あははは(笑)正確に言うと、当時、台湾に渡る小船があって、それに乗せて貰い、トライはした。が、パスポートを持っていない事がばれ、途中で連れ戻された。まぁ、だから、未遂というか、準密航というか(笑)。〉(東国原氏:5月14日のTwitterより)

「当時のノリというのは、若い世代には通じにくいのかもしれません。そもそも、あれほど『みなさんのおかげでした』が終了すると話題になったにもかかわらず、最終回の視聴率は9.7%でしたからね。月曜夜11時の新番組で2桁取れるとは思えません。それならば、とんねるず世代に特化して見せることを考えたほうがいいのかもしれません。とんねるずならではの内輪で盛り上がる“部室芸”です。帝京高校の野球部やサッカー部のノリ、とんねるずを中心に仲間も巻き込んで大騒ぎする感覚を、とんねるず世代は見たいのではないでしょうか。それに昔話というなら、相方のノリさん、木梨憲武(56)は欠かせません。『たいむとんねる』でなく『たいむとんねるず』として、2人で昔話をしてもらい、ゲストも呼んで大騒ぎ。低予算でギャラが出ないといっても、友情出演で集められるはずですよ。とんねるず世代が面白がって話題にすれば、若い世代も引き込まれていくと思いますけどね」(同・放送作家)

 やっぱり貴明の相方は憲武でないと。

週刊新潮WEB取材班

2018年5月25日 掲載

関連記事

おすすめ情報

デイリー新潮の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索