ただ今ブレーク中の「出川哲朗」 ドラマ制作者から早くも“期待と不安”の声

ただ今ブレーク中の「出川哲朗」 ドラマ制作者から早くも“期待と不安”の声

現在も「出世ピラミッド」を順調に上昇中

 出川哲朗(54)が絶好調だ――最近の活躍を、こう書いてしまいたくなるのだが、それは正確な表現ではないらしい。もっと凄いことが起きているというのだ。

 ***

 例えば、『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(テレビ東京系)は7月14日、明石家さんま(63)を34年ぶりにテレビ東京に出演させた。バラエティ番組のディレクターは、「今や出川さんの人気は、超大物に比べても引けをとりません」と指摘する。

「単に絶好調というのではなく、『タレントとしての注目度』を着実に上昇させています。冗談抜きにタモリ(72)、ビートたけし(71)、明石家さんま、ダウンタウンの松本人志(54)、浜田雅功(55)といった頂点クラスの方々と、肩を並べつつあると見るべきでしょう」

 かつてファッション誌「an・an」(マガジンハウス)の「嫌いな男ランキング」で5年連続1位を達成。栄えある「殿堂入り」してアンケートの対象から外されたというエピソードはあまりに有名だ。

 一方で、テレビの現場では絶対に手を抜かず、常に笑いを取ってきた。仕事に対する真摯な姿勢や、誠実なファンサービスも高く評価されている。こうして「芸能界のピラミッド」の最上位が視界に入りつつあるわけだ。

 ここまで人気者になったのなら、「お笑い内部の評価でも、さらにランクアップしてほしい」と願うテレビスタッフがいても不思議はない。何しろ出川は、制作陣に対する細やかな気配りでも知られる。応援団が存在するのは、お茶の間ばかりではないのだ。

実は劇団“座長”の出川

「お笑いの世界で頂点に君臨するには、コメディの才能だけではダメなんです。未だにBIG3として君臨している、タモリ、たけし、さんまというお三方は、『司会と演技』というハードルを乗り越えてきました。タモリさんの演技も面白いのですが、最終的には司会のプロになりました。たけしさんとさんまさんは両方をこなし、加えてたけしさんは俳優と監督で高く評価されました。そして絶対的なトップである3人の、最終的な“格”の違いの理由も、ここにあります」(同・ディレクター)

 我らが愛する出川がさらにビックになるためには、司会と演技で高く評価される必要があるわけだ。とはいえ、MCの名人芸を、出川に求めるのは少々酷だろう。それどころか、せっかくの魅力を消してしまう。

「実を言うとテレビの世界では、少なからぬプロデューサーやディレクターが『出川さんを役者として使うか否か』を検討しています。大成功した実例としては、故・渥美清(1928〜1996)が筆頭に挙げられるでしょう。コメディアンとしての才能が完全に花開くのを犠牲にしてまでも、映画『男はつらいよ』(松竹)の車寅次郎役に専念。紫綬褒章を受章し、死後は国民栄誉賞に輝きます。そして出川さんは、劇団SHA・LA・LAの座長を務めていたのですから、少なくとも経歴だけなら立派な演劇人です。演技でお笑いの頂点に君臨する姿を見たいと多くのテレビ関係者が願っているのは間違いありません。ところが極めて残念なことに、出川さんは演技が下手くそなんです(笑)」(同・ディレクター)

 色々と説明が必要かもしれない。劇団SHA・LA・LAとは、横浜放送映画専門学院(現・日本映画大学)演劇科の第9期卒業生によって結成された。座長は出川で、内村光良(53)、南原清隆(53)、入江雅人(55)は今に至るまで“所属俳優”だ。

今日は大根でも、明日は名優?

 充分な活動ができなかった背景にはウッチャンナンチャンの多忙が挙げられているが、それでも2010年には劇団再始動公演を実施している。しかし今となっては、ウッチャンナンチャンだけでなく出川のスケジュールを押さえることも難しいのかもしれない。

 いずれにしても、出川は演劇人、舞台のコメディアンとしての経歴も持っている。渥美清の名前が出たのも縁があるからだ。86年から89年まで、出川は5作品連続で「男はつらいよ」に出演している。

「横浜放送映画専門学校に入学したのも、劇団を作りたかったからだそうです。映画もテレビドラマも、舞台にも出演歴があります。しかし、話題になったことは、ただの一度もありません。お世辞にも、役者として上手だとは言えないでしょう。それでも今の大人気を利用して、起用に踏み切るドラマ班が出たとしても、少なくともテレビ関係者なら誰も驚きません」(同・ディレクター)

 もちろん、いきなり主役というのは不可能だ。渥美清も最初は極めて個性的で、魅力的な脇役として存在感を示した。

「現実的なお手本としては、『ふぞろいの林檎たち』(83〜97年/TBS系列)の柳沢慎吾さん(56)、さんまさんが役者としても大活躍した『男女7人夏物語』(86年/TBS系列)と『男女7人秋物語』(87年/TBS系列)の片岡鶴太郎さん(63)が浮かびます。ただ、やはり実際に出川さんをキャスティングするのは、相当なリスクでしょう。それでも勝負をかけるとすれば、テレビ東京でしょうか。『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』が好評ということもあります。『三匹のおっさん』や『バイプレイヤーズ』、『孤高のグルメ』といった作品で起用する手はあるかもしれません」

 最初は大根役者と批判されていても、キャリアを積み重ねるうちに名優と評価された脇役は珍しくない。

 それこそ、ドリフターズのリーダーとしてお笑いの世界でトップランナーだった故・いかりや長介(31〜04)も、本格的な俳優デビュー作となったNHKの大河ドラマ『独眼竜政宗』(87年)の演技はぎこちなかったが、みるみるうちに存在感を発揮していった。果たして出川も化けるのか、確かに要チェックに違いない。

 ちなみに7月20日から東京・下北沢の本多劇場で「ホリケン演劇の会 第五回公演『ラヴ戦争』」が公開される。ネプチューンの堀内健(48)が脚本を担当し、本人も出演するが、ここに出川が共演する。チケットは完売し、追加販売が行われたほどの人気だ。

週刊新潮WEB取材班

2018年7月16日 掲載


関連ニュースをもっと見る

関連記事

おすすめ情報

デイリー新潮の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索