渡辺直美、インスタ炎上に「ふざけんな! ちょっとくらいミスしてもいいじゃない」

渡辺直美、インスタ炎上に「ふざけんな! ちょっとくらいミスしてもいいじゃない」

 ローラや水原希子らの面々を抑え、我が国の“インスタ女王”に君臨するのが、渡辺直美(30)である。日本を飛び越えワールドワイドな活躍を見せる人気者ゆえの苦労か。思わずこぼれた「ふざけんなよ」――。

 ***

 10月15日現在、渡辺のInstagramフォロワー数は約830万人。今年7月には、あのTIME誌が選ぶ「ネット上で最も影響力のある25人」のひとりに数えられたほか、つい先日も英紙フィナンシャル・タイムズが彼女にインタビューを敢行している。

“世界のNaomi Watanabe”の感があるが、それゆえに派手な炎上を見せたのが9月のGUCCI公式インスタへの登場だった。同ブランドのアイテムで着飾った渡辺の写真に対し、英語やアラビア語など、幅広い言語で批判的なコメントが寄せられたのである。その内容は主に「デブ」との体形批判。渡辺自身も〈私の写真が世界で大炎上〉と言及している。

 そんな渡辺が、千葉県・幕張に姿を現したのは、10月14日のこと。神田外語大学で開催されたシンポジウム「朝日教育会議」(主催:朝日新聞社)のゲストとして登壇し、45分にわたってトークを披露した。イベントのテーマが「ボーダレス社会を生き抜くための言葉の力」ということで、留学経験のある渡辺に白羽の矢が立ったようだ。

 まず、海外とのかかわりについて問われた渡辺は、

「母が台湾人なので、子供の頃から向こうと日本を行ったり来たりはしていました。15、6歳の頃にはHIP HOPに関心を持つようになり、ラッパーの50CENTと結婚できると思い、ニューヨークを意識しましたね」

 と語る。ただしこのときは渡米せず。留学を実行したのは、2014年の時だった。すでに、芸人としてキャリアを確立していた彼女だったが、

「留学しようと思ったきっかけは、よく分からないんですよね。同世代のメンバーと3年やらしてもらったコント番組『ピカルの定理』(フジテレビ系)と、子供の頃から出るのが夢で、少女隊の頃からお世話になっていた『笑っていいとも』(同)が同じタイミングで終わったんですよ。やばい、これから一人で戦わなきゃいけない、と思って。ここで一度、立ち止まる勇気を持って、自分の武器を改修しようというのがあったんです」

千鳥・大悟から「がんばりや」

 ということで、エンターテイメントの本場・NYで勉強しようと決めたという。期間は3カ月。だが、吉本の社員は、基本的に反対のスタンスだった。

「好きなことをやる私たち芸人を正しい方向に歩ませるのが社員さんですからね。でも『3カ月後には仕事ないで』なんて言ってくる人もいて、『は? 覚えておけコノヤロー』と。反骨精神? ハングリー精神? 逆にやる気がでました」

 反対に芸人は皆応援してくれたという。

「平成ノブシコブシの吉村(崇)さんは『行って来いよお前』とおっしゃってくれましたし、千鳥の大悟さんは『ほんまか。がんばりや』と、だいぶ熱い話をしてくれました。ここでお話するのは恥ずかしいくらいの。でも留学から帰ってきたとき、吉村さんから『今だから言うけど、留学すると聞かされたとき、“終わった”と思った』って言われましたね。『仕事なくなるだろうと思ったけど、言えなかった』って。言ってくれよ! この人は信用できないな、と思います……」

 以降は、留学生活についてのトークが続いた。〈NY 学校 いいところ〉でググり、自力でマンツーマンの学校を見つけたこと、家は決めずに発ち、最終的にイタリア系アメリカ人「ニック」の家に居候することになったこと、ただしニックとは“何もなかった”こと、当初は英語が雑音にしか聞こえずにやめようと思ったが、反対した吉本のムカつくジジイの顔が浮かんで耐えたこと、2週間ほど経つと少しずつ単語が聞き取れるようになったこと……。

「片言しかしゃべれない英語で、日本の番組でさんざんコスったエピソードトークを学校の先生に披露したら、5分くらいうずくまって笑ってました。“アメリカ人だから通じない”じゃない。笑いは国境を越える、と思いましたね」

「ふざけんな!って」

 そうして英語を学んだ3カ月だったが、帰国後は出演ドラマのセリフ覚えなどに時間をとられ、今日に至るまでほとんど勉強していないという。

「英語はスポっと忘れました。でもたまにインスタで、“英語しゃべってください”って言われて、英語書くじゃないですか。ちょっと間違うじゃないですか、人間だからさ。もう、そしたら“炎上”。英語できる人からのクレーム。あれなんなんですか? みんなどう思う? ふざけんな!って……ちょっとくらいミスってもいいじゃない。“ミスったらなにか言われるんじゃないか”これよくないんじゃないか、って思うんですよ」

 人の目を気にしなさんな、という渡辺の思いは、締めとして求められた会場へのメッセージにも現れていて、

「周りにとやかく言われても、自分がやりたいと思った気持ちを大事に。ダメでも失敗じゃない。自分の新たな道が分かったということなんですよ。自分の思う道を進んでほしい」

 ただし、こんなオチがつく。先月訪れたミラノ・ファッションウィークのひとコマで――

「FENDIさんのショーを見させてもらったんですけれど、フロントロウ、つまり前でモデルを見る側に座ったんです。目の前には(ラッパーの)ニッキー・ミナージュが座って、『私いよいよやばいところに来た』なと。ニッキー、隠し撮りしました。周りのセレブからも『ナオミだよね、インスタみてるよ』って話しかけてもらえるんだけど、何て返していいかわからなくて、『はい、ありがとう』くらしか言えなかった。もっと英語勉強しておけばって痛感しています……」

 炎上を招いた体型同様、悩みのスケールもビッグである。

週刊新潮WEB取材班

2018年10月18日 掲載


関連記事

おすすめ情報

デイリー新潮の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索