「嵐」活動停止は“大野の意思”を尊重しただけじゃない 松本潤が生田斗真にこぼしたグチ

「嵐」活動停止は“大野の意思”を尊重しただけじゃない 松本潤が生田斗真にこぼしたグチ

他にもいた「活動停止」賛成派

 1月27日、嵐の活動休止が発表された。会見では大野智(38)の「意思」が原因との説明が行われた。

 ***

 翌28日、例えば日刊スポーツは見出しを「嵐が来年限りで活動休止 大野の意思尊重」とした。記事では、17年6月16日に大野が他のメンバー4人を集め、「嵐としての活動を終えたい」と打ち明けたことを発端とした。

 大野の考えも記事には掲載された。該当する部分は以下の通りだ。

《具体的に何がしたいと考えているわけではなく、一度何事にも縛られず、自由な生活がしてみたかった》

 活動延期の“原因”を一身に背負った形の大野だが、ジャニーズに詳しい芸能関係者によると、「実情は、もう少し複雑です」と内幕を明かす。

「いくら大野さんがリーダーとはいえ、残りの4人が反対なら、活動休止は実現しません。私の取材では、少なくとも4人のうち2人は、大野さんの要請を好意的に受け止めたと聞いています。しかも、大野さんへの配慮などという情緒的な話ではなく、2人は『これで自分たちもやりたいことがやれる』と、冷静に判断したというのです。具体的に名前を挙げるならば、松本潤さん(35)と二宮和也さん(35)の2人です」

 指摘された名前を見ただけで、「なるほど」と背景を察知したファンもいるだろう。そう、2人は共に演技に強い意欲を示しているのだ。

「松本潤さんの場合、小栗旬さん(36)とプライベートでも親交が深いのは、よく知られています。他にも藤原竜也さん(36)、吉田鋼太郎さん(60)といった方々とも呑み友達です。ご存知のように、彼らは舞台でも活躍しています。そして松本さんも、実は演劇に強い想いを持っています。特に故・蜷川幸雄さんの演出する作品に出演したことが大きかったようです」(同・関係者)

 松本潤は2006年に「白夜の女騎士」、11年に「あゝ、荒野」に出演している。いずれも蜷川氏の演出だ。ちなみに「あゝ、荒野」以来、松本は舞台に立っていない。いや、立てないのだという。

「松本さんは、彼が慕う吉田鋼太郎さんに常々、『鋼太郎さんの演出する舞台に立ちたいです』と伝えているそうです。そんな松本さんに立ちはだかる“障壁”がスケジュール。テレビの収録やコンサートの準備に時間を取られ、『舞台に立つ機会を失っている』と親しい友人にこぼしているといいます。また、仲のいい生田斗真(34)さんに『お前は好きな舞台や映画をいっぱいやれていいなあ』と愚痴ることも1度や2度ではなかったと聞いています」(同・関係者)

 松本潤が演劇なら、二宮和也は映画だ。こちらは06年に「硫黄島からの手紙」(クリント・イーストウッド監督/ワーナー・ブラザース映画)に出演して世界的に高い評価を受けたのだから、当然と言えるかもしれない。

「演技力を見込まれ、映画出演のオファーは引きも切りません。そもそも二宮さんは以前から『映画俳優としてやっていきたい』とジャニーズ事務所に直訴していたんです。近年は1年に1作のペースで出演し、昨年に公開された『検察側の罪人』(原田眞人監督/東宝)の演技では日本アカデミー賞の優秀助演男優賞に輝きました」(同・関係者)

「これからは好きな仕事だけをやりたい」

 ジャニーズ側もそれなりに配慮していたわけだが、それでも二宮には不満が募っていたという。

「結局、松本さんと同じ理由です。テレビの収録とコンサートで、圧倒的な時間を取られてしまう。その結果、映画の作品選びに時間がかかったり、出演を逃してしまったりするわけです。更に映画は、撮影が丁寧で、時間がかかる。事務所からすると、スケジュール調整が難しくなるというデメリットがあります」(同・関係者)

 テレビドラマは撮影の進行管理が厳しく、事務所としては対応が――あくまでも映画との比較だが――楽だとはいえる。二宮としては「映画がダメならテレビドラマに出してくれ」と思っても不思議はないだろう。だが、こちらも芳しくない。

「二宮さんは昨年、TBS系列の『ブラックペアン』に出演しましたが、ドラマ主演作は4年ぶりでした。映画に出演できても、その分、テレビドラマが減ってしまうのなら、意味はないでしょう。二宮さんは俳優に専念できないもどかしさに不満を持っていたそうです」(同・関係者)

 松本潤と二宮和也の“障壁”として何度も言及された嵐のライブツアーだが、スケジュールを確認しておこう。例えば16〜17年と18〜19年なら、嵐は11月から1月にかけて5大ドームツアーを敢行。それぞれ18公演を行った。

 自分たちのレギュラー番組やら、NHKの「紅白歌合戦」を筆頭とする年末年始特番も出演した上で、ツアーが5人にのし掛かる。打ち合わせ、現地への移動、リハーサル、そして本番と続く。

 相当な時間と体力を奪われるのは間違いないだろう。「バラエティ番組の収録とツアーがなければ、もっと自分がやりたい仕事がやれるのに」と悔しい想いをしたとしても、全く不思議はない。

「嵐というグループを何よりも最優先に考えるのは、櫻井翔さん(37)と相葉雅紀さん(36)の2人です。正直なところ、“個人で仕事をしたい”という3人と溝があったのかもしれません。例えば松本さんは、以前から周囲に『僕は嵐で一生食べていけるだけのお金を稼がせてもらいました。だから、これからは好きな仕事だけやっていきたいんです』と話していたそうです。このことも、大野さん1人が活動停止を訴えたという報道が、やはり正確ではないという証拠になります」(同・関係者)

週刊新潮WEB取材班

2019年2月17日 掲載


関連記事

おすすめ情報

デイリー新潮の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

いまトピランキング

powered by goo いまトピランキングの続きを見る

エンタメ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

エンタメ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索