3月末でジャニーズ事務所を退所する中居正広(47)に続くのは、長瀬智也(41)なのか。その理由は、一昨年に強制わいせつ容疑で書類送検された山口達也(48)がTOKIOを離れて以来、音楽活動ができなくなったから、とされている。無論、そうしたフラストレーションもあるだろう。しかし、問題はもっと根深いと言うのは、業界関係者だ。

 ***

 1994年にCDデビューしたTOKIOにとって、昨年は25周年で節目の年だった。言うまでもなく、バンドの要であるベーシストの山口を失ったことで、新曲発表もなければ、ライブが行われることもなかった。

 メインボーカルである長瀬が、バンド活動ができなくなったために、ジャニーズ事務所を退所する意向だと報じたのは週刊文春(20年3月5日号)だった。業界関係者が語る。

「確かに長瀬は、TOKIOというバンドと真剣に向き合っていました。作詞作曲もするほどでしたからね。ただ、TOKIOというグループは、当時のトップアイドル・光GENJIの後ろで踊っていた“平家派”の城島茂(49:ギター)と山口が組んだユニット“城島茂バンド”からスタートしています。一度、山口が抜けたところに国分太一(45:キーボード)と松岡昌宏(43:ドラム)の3人組の初代TOKIOが生まれます。さらに、後に退所する小島啓(43:ボーカル)が加わり、山口が復帰して5人組のTOKIOになった」

 当初、長瀬はいなかったのか。

「そこに亡くなったジャニー喜多川の意向が働いたんです。まだジャニーズJr.だった長瀬を見て、これまでの所属タレントとは違い、年齢の割に大人っぽく、色気のある彼を、男っぽいイメージで売り出すために、バンドに加えたんです。当初はライブのサポート的な役割で参加した程度で、長瀬は正式なメンバーではありませんでした。しかし、CDデビュー直前に小島が退所し、長瀬が正式メンバーとなった。当初は楽器の演奏はできませんでしたが、その後ギターも担当するようになります。一所懸命に練習もしたし、バンド活動にハマったのでしょう。だからといって、音楽活動ができないから、事務所を辞めるというのはあまりにも短絡的です。別にソロでもやれるわけですし」

 確かに元SMAPのキムタク(木村拓哉[47])は、今年ソロアルバムを発売し、ライブも行っている。ならば長瀬が退所を決めた理由は他にもあるのか。

「音楽活動ができなくなった彼は、俳優の仕事をしたいんですよ。彼は今、CM契約が数本あるだけで、ほとんど仕事らしい仕事がないと言っていい状況です。TOKIOがレギュラーの『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ)は、基本的に城島と国分がロケ稼働している番組ですから、長瀬はたまにしか出ませんからね。となれば、ドラマをやりたいと考えるようになるのは当然です。ですが、17年7月期の『ごめん、愛してる』(TBS)を最後に、彼にドラマの仕事はない」(同・業界関係者)

「ブラックペアン」に長瀬?

 俳優としての長瀬の評価は高い。芝居も上手く、存在感もあるから脚本家のクドカン(宮藤官九郎[49])に認められ、2000年の「池袋ウエストゲートパーク」(TBS)を皮切りに、名作と言われる「タイガー&ドラゴン」(05年:TBS)、「うぬぼれ刑事」(10年:TBS)で主演。クドカンの映画初監督作「真夜中の弥次さん喜多さん」(05年)でも主演を務めているほど。同じくクドカンが脚本を務めた昨年の大河「いだてん〜東京オリムピック噺〜」(NHK)に長瀬が出演していてもおかしくなかった。

「『いだてん』には、ジャニーズからは生田斗真(35)が出演していました。彼が演じた熱血漢な役どころは、確かに長瀬が演じても不思議ではなかった。NHKの事情は分かりませんが、ここ数年、テレビ局から長瀬にオファーをしても、ジャニーズからは若いタレントを推薦されることが増え、長瀬主演のドラマは成立しなくなっているんです。例えば、18年4月期に嵐の二宮和也(36)が主演した『ブラックペアン』(TBS)も、当初は長瀬主演で話が進んでいたそうです」(同・業界関係者)

 もちろん所属事務所にも言い分はあるだろう。オファーが来ても、この役どころなら別の所属タレントのほうが合う、と判断することだってある。これから売り出したいタレントに仕事を回すことだって珍しくはない。

「それを所属タレントの耳に入れてはいけないことは、芸能事務所としての鉄則です。マネージャーは口が裂けても言えないことですが、それが長瀬に漏れ伝わってしまったのが、現在のジャニーズ事務所を物語っているのかもしれません。長瀬は自分にオファーされたドラマが、自分以外の所属タレントに回っていたことを知り、激怒したそうです。一方で、同じTOKIOの松岡には『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日)や『死役所』(テレビ東京)の仕事が入っているわけですからね。彼はそれで退所を考え始めたというんです」(同・業界関係者)

 だが、長瀬には来年1月に主演ドラマが決まっているとも報じられている。

「退所したいという長瀬の申し出を受けた事務所の上層部が慌てて、マネージャー陣を総動員させ獲ってきた仕事です。彼だけのCMはもちろん、TOKIOとしてCM契約しているスポンサーもありますからね。TOKIOから長瀬が抜けたら、降りるというスポンサーもいるでしょう。そうした契約の処理に、少なくとも1年はかかります。とりあえず、来年1月のドラマ主演まで時間を稼ぎ、それまでに彼にも怒りを収めてもらい、退所の思いをとどまらせようと考えているのでしょう」(同・業界関係者)

 そう上手くいくものだろうか。

「昨年9月には関ジャニ∞の錦戸亮(35)が退所しています。彼は昨年1月期の月9『トレース〜科捜研の男〜』(フジテレビ)の主演を最後に退所しました。ドラマを終えて約半年後です。その間にはジャニー氏の死去、お別れ会も執り行われました。さて、長瀬の退所はいつになるでしょうか」(同・業界関係者)

週刊新潮WEB取材班

2020年3月21日 掲載