連日、メディアはコロナウイルスの感染拡大の話題一色。エンタメ業界はコンサートや舞台の公演、各イベントが軒並み中止になって大混乱だったが、少し前まで話題になっていたのが2組の芸能人同士の不倫劇である。

 いずれも「週刊文春」(文芸春秋)が報じたもので、1月末、俳優の東出昌大(32)が女優の唐田えりか(22)との不倫関係が3年にわたり、それが原因となり妻で女優の杏(33)と別居中であることが発覚した。

 また、2月上旬には、元宝塚のトップスターで女優の貴城けい(45)の夫で、劇団新派の大名跡を受け継いだ俳優の喜多村緑郞(51)と、昨年10月に舞台で共演した女優の鈴木杏樹(50)との不倫が発覚。ショックを受けた貴城は入院してしまったというのだ。

「今後、2組の夫婦は復縁するのか、離婚するのか。過去に不倫が発覚した芸能人たちの顚末から推測すると、東出は離婚、喜多村は復縁で落ち着くと言われています。不倫の期間などからして、相手をどれだけ“本気モード”にさせてしまったかが大きな分かれ目となります。」(ベテラン芸能記者)

 そこで、ここ5年以内の主な不倫劇で、「離婚組」と「復縁組」の顔触れを見てみよう。

 まずは“バッドエンド”の「離婚組」3組から。

 人気バンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(31)は15年7月に一般女性と結婚。しかし、翌年1月にタレントのベッキー(36)との不倫が「週刊文春」(文芸春秋)で発覚。2人の濃密なLINEのやりとりまで流出したが、ベッキーも結婚する気満々だったとされる。同年5月、結婚から1年も経たずに離婚を発表。バンド名から“ゲス不倫”と揶揄されてしまった。

 俳優の渡辺謙(60)は、05年12月に女優の南果歩(56)と再婚。しかし、17年3月、クラブのホステス時代に知り合った、21歳年下のジュエリーデザイナーの女性との不倫が「文春」で発覚したが、その時点ですでに不倫歴は3年半。渡辺は同年7月に謝罪会見を開き、関係の修復もあるかと思われたが、18年5月に離婚を発表。不倫相手との再々婚が近そうだ。

 そして、タレントのビートたけし(73)は昨年6月、83年に結婚した妻と協議離婚していたことが発覚。16年に知り合った18歳年下の女性と恋に落ち、すっかりその女性の“言いなり”に。今年2月にはその女性と再婚を果たしている。

復縁3組

 そして、“ハッピーエンド”かどうかはともかくとして、「復縁」した3組。

 落語家の三遊亭円楽(70)は16年7月、40代美女との“錦糸町ラブホデート”が「フライデー」(講談社)で発覚。釈明会見では、「今回の騒動とかけまして」と謎かけを振られると、「今、東京湾を出ていった船とときます。(その心は)“コウカイ(後悔、航海)”の真っ最中です」と切り返し。不倫会見では異例の拍手が起こった。

 16年9月、女優の三田寛子(54)の夫で歌舞伎俳優の中村芝翫(54、当時・中村橋之助)と京都の30代の人気芸妓との不倫が「文春」で発覚。翌月、大名跡の襲名を控えていたため、必死に“火消し”を行い、結果、気丈な対応をみせた三田の株が急上昇。襲名披露公演の口上では、尾上菊五郎(77)から「新・芝翫さんは大名跡を継いだので、今までのようにキョロキョロというわけにはいきません」とイジられた。

 そして、記憶に新しいところでは、昨年5月、俳優の原田龍二(49)が、SNSでナンパしたファンの女性との“4WD不倫”が「文春」で発覚。愛車の4WDの後部座席で行為を済ませるのみの関係というなんともお粗末なもの。直後に謝罪会見を行い事実関係を一切合切認める。その後、散々番組の共演者からはイジられ、“現場”となった4WDは処分し一件落着した。

「誤解を恐れずにいえば、『復縁組』は3人とも、お相手の女性たちには失礼だが“つまみ食い”程度の関係です。それに比べ、東出と唐田は、杏にバレるまいとしかるべき場所で“密会”するなど、どっぷり不倫にハマってしまった。唐田も本気で付き合っていた。一方、喜多村は芝翫と円楽同様女遊びを『芸の肥やし』と割り切れる伝統芸能の人間で、鈴木とは円楽と同じようにラブホで事を済ませるような関係。鈴木もまだ交際を始めたばかりで、心の傷は浅いはずでしょう」(同)

 どうやら、東出と喜多村は明暗を分けることになりそうだ。

週刊新潮WEB取材班

2020年3月22日 掲載