昨年、一般社団法人「貴乃花道場」を設立した元貴乃花親方(47)が、今年4月からは大学教授になるという。角界を離れて1年半。人生の新章を歩みはじめる折に、元後援会関係者から「親方はコロナで開店休業。家も売る」なんて話が聞こえてきて……。

 ***

「貴乃花道場」は、相撲道を通じて青少年や指導者を育成する事業が目的。元貴乃花親方は、各地でイベントに参加したり、講演を行ったりしてきた。

「しかし新型コロナの影響で、3月以降のイベントが軒並み延期となっています。だからいまは、ほとんど仕事はないはずです」

 とスポーツ紙デスクが言えば、元後援会関係者も、

「4月から神奈川歯科大学の特任教授に就いて、講義をするそうじゃないの。いまはその準備期間ととらえればいいんじゃないですか。でも、このあいだ親方から気になることを聞いたんだよね。“自宅を引き渡すことが決まった”って」

 自宅とは、東京都品川区内の「5億円豪邸」を指す。2018年10月に親方と河野景子さんが離婚するまで、一家で住んでいた家だ。ちなみに地上2階、地下2階で、鉄筋とコンクリートを組み合わせた骨組みを使うRC工法で建てられた。この工法は割高だが、耐震性や耐火性はバツグンだという。元後援会関係者の話。

「家の売却は、貴乃花一家が完全に断絶することを意味するでしょう。景子さんは息子の優一氏のお世話にご執心だし、2人の娘さんも大きくなって海外に留学していますから」

リフォーム後に

 先のスポーツ紙デスクによれば、

「親方は、貴乃花部屋閉鎖後に自宅としていた江東区内の物件を引き払いました。現在は、新宿区の神楽坂周辺に住まいや事務所を移しています。“独身貴族”の親方は、神楽坂を拠点にイベントや講演に出かける毎日を送っています」

 豪邸の近隣住人に聞くと、

「一昨年の離婚後、ここには景子さんが住んでいて、優一さんもたまに見かけましたね。でも昨年の秋にトラックが2、3台きて、荷物を運び出していました。いまは景子さんも優一さんも住んでいません」

 その景子さんは現在、都心の高級マンションで悠々自適の生活を送っている。自宅売却については貴乃花本人に訊ねるしかあるまい。

「いや、あの、(売却については)まだ、何も決まってないですけど。電気関係の点検があったり、掃除をしなくてはいけないので、ちょくちょく家には入っていますよ。家具なんかも置いてありますからね」

 と言い、売却話を煙に巻き続けた。しかし、親方の知人が明かすのだ。

「自宅の売却話は、私も親方本人から聞きましたよ。なんでも、“不動産会社が買い取り、内装をリフォームしてから売りに出す”とのことで、“うちは鉄筋だからリフォームしやすいそうです”と言っていました。まだ本決まりではないものの、引き渡しは今年春ごろの予定。いまは、家に残っている様々な物を整理しているようですね」

 豪邸の修繕は容易でも、貴乃花一家のリフォームはもはや不可能というほかない。

「週刊新潮」2020年4月2日号 掲載