34歳に訪れた“大チャンス”

 テレビ朝日が誇る夜の看板報道番組に激震が走ったのは4月13日のこと。『報道ステーション』のメインMCを務める富川悠太アナウンサー(43)が新型コロナウイルス陽性判定を受け、感染拡大防止のためスタジオ出演者を一新せざるを得ない事態に陥ったのだ。

 ***

 富川アナとの濃厚接触者となった女性MCの徳永有美アナウンサー(44)も、自宅待機となってしまった。

 その間の番組を支えたのが、普段は金曜日のメインMCを担当する小木逸平アナウンサー(45)と、19年4月から同番組にフィールドキャスターとして出演中の森葉子アナウンサー(34)だった。

 なかでも森アナは視聴者からの評価が高く、一躍注目の存在に。普段はショートカットの髪型が清楚な雰囲気を醸し出していてとっても可愛いのだが、これがニュース原稿を読む際には、きりっとした美しさに、そこはかとない色気も感じられる。このギャップがたまらないワケだ。

 番組の公式サイトにも、森葉子アナは出演者として、写真と簡単な経歴、そして抱負が掲載されている(4月30日現在)。

 すでに徳永アナは復帰したものの(富川アナは依然として自宅待機中:同30日現在)、別スタジオからのリモート出演となり、まだまだ森アナはスタジオで奮闘している。

 そこで今回は、そんな森アナの功績を讃えて、彼女の魅力を7つのキーワードとともに紐解いていきたいと思う。まずは彼女の簡単なプロフィールからだ。

 森アナは1986年4月26日生まれの牡牛座で、出身地は千葉県いすみ市とのこと。血液型はO型で身長は女子アナとしては珍しく170センチという高身長を誇っている。

 テレビ朝日には10年4月に入社、以後は研修期間を経て情報・報道番組をメインに活躍中だ(視聴者的には2代目アシスタントを務める『ナニコレ珍百景』が一番おなじみかもしれないが、基本、あの番組はネプチューンが回しており、彼女の出番らしい出番はVTR振りの際の「VTRナニコレ」というセリフくらいしかないのが残念)。

 キャリア的には今年で34歳ということで、中堅アナからベテランアナの域に差し掛かってきたというところだろう。

 さて、ここからが本題である。森アナ語る上で欠かせないエピソードその1は“三人姉妹の真ん中である”ということである。これだけだと何の変哲もないネタなのだが、実はお姉さんもアナウンサーなのだ。

 現在、NHK水戸放送局勤務の森花子アナウンサー(35)がその人である。そして妹さんは残念ながら女子アナにはなっておらず、一般人である。

 もし女子アナになっていたら、おそらく史上初の快挙とも言うべき、女子アナ三姉妹が誕生していたということになるワケだったのだが……。

 末っ子の妹さんの名前を書くわけにはいかないが、長女の花子、次女の葉子と同じように植物にちなんだ名前が使われている。これは彼女たちの父親が植物好きだからなんだそうだ。

 エピソードその2は、剣道4段という腕前を持つ“剣道女子”だということ。前述した姉・花子の影響で幼少期から地元の少年剣道クラブに通っていたら、千葉では当時、相当珍しかったのか、“姉妹剣士”としてテレビの取材が来たという。

 その後、高校と大学も姉と同じ木更津総合高校と茨城大学に進学し、そこでも剣道を続けた。

 結局、約17年も打ち込んだ結果、高校と大学の個人戦ではともに全国ベスト8にまで進出するなど、かなりの“強者”なのである(ちなみに姉の花子は、高校では関東3位、大学ではなんと全国3位に輝いている)。

剣道勝負で芸人をめった打ち

 その実力のほどをテレビで披露したこともある。現在も放送中の『マツコ&有吉 かりそめ天国』で、やはり剣道の有段者であるお笑い芸人・チャンカワイ(39)の企画“お笑い芸人・チャンカワイの剣道地獄7番勝負”の第3弾(18年10月3日放送)に対戦相手として登場したのである。

 チャンカワイは当時、剣道2段(のちに3段に昇段)で三重県ベスト16が最高成績であった。

 にもかかわらず、対戦前には剣道4段の森アナとの対決に「めちゃめちゃ自信がある」と余裕をかましていたのだが……。

 肝心のルールは1試合3分でチャンが1本取ったら試合終了となる。ただし、1本取るまで何度でも繰り返す……というものだった。そしてこのルールによってチャンはこの上ない地獄を味わうこととなるのである。

 森アナは約10年のブランクがあったのだが、試合開始直後からそれを感じさせない素早い動きでチャンから1本を取りまくっていった。この森アナの容赦ない攻めにチャンは途中から半泣き、ついには彼女の気迫にビビってまったく手が出なくなってしまった。要は“サンドバック状態”と化してしまったのである。

 結局、試合時間は3時間4分で全39戦が行われたのだが、チャンは最後まで1本も奪うことは出来ずに全敗、ギブアップしたのだった。

 エピソードその3は“運動神経抜群”であること。剣道の有段者なのだから、当たり前の話かもしれないが、その運動神経の良さを買われて出演したのが、局の人気バラエティ『ロンドンハーツ』である。

 2012年8月28日に放送された人気企画“女性芸能人真夏のスポーツテスト”に登場し、女性お笑い芸人や、女性アイドルに交じって体力測定に挑んだのだ。

 そのなかで50m走や上体反らし、ビーチフラッグスなどにチャレンジ、特に走り高跳びでは長身にも関わらず、ダイナミックな背面跳びを披露し、全27人中、3位という好成績をマークした。総合順位でも3位という大活躍だったのである。

 先に紹介した2と3のエピソードは文武両道なら“武”のほうだった。なので、このエピソードその4は“文”を紹介したい。それは“教員免許を取得している”ことだ。

 前述したように森アナは姉の影響もあって茨城大学へ進学したが、これは男性アナウンサーも含めた全アナウンサーの出身大学としては極めて珍しい。

 だいたいが早稲田、慶応義塾、最近なら東大出身や青学出身の女子アナの活躍がめざましいなかで、ある意味、異色の存在といえる。

 そんな茨城大学で森アナは教育学部に通い、“小・中・高の教員免許”を取得することに。卒論もアスリートらしく「月経が競技者に与える影響」というテーマで書き上げたという。

 エピソードその5は“見事なまでのモデル体型”であること。身長が170センチというのはすでに述べたが、細身で、美脚で、“これぞモデル体型”と言うべき感じで、抜群のスタイルだ。

 そのルックスも、控えめな感じのなかに、かすかに派手さも持ち合わせているという、不思議なオーラがある。

実力で勝ち取った女子アナの座

 これだけキレイなのだから、学生時代はモデル活動なり、何らかの芸能活動をしていてもおかしくないのだが、その形跡がないところも魅力の1つかもしれない。いわば、完全に実力で勝ち取ったテレビ朝日の女子アナ枠なのだ。

 ちなみに自慢の美脚を活かした仕事……というワケではないだろうが、13年にはテレビ朝日開局55周年記念応援隊として結成された若手女子アナユニット“ゴーちゃん。GIRLS”に最年長メンバーとして参加している。

 そこでの衣装は、イメージカラーの緑に彩られた網タイツにミニスカートという“戦隊ヒーロー風”コスプレだったことも付け加えておきたい。

 エピソードその6は“ヘアースタイル”だ。最近の『報道ステーション』で彼女のことを知った人はショートカットのイメージが強いかもしれないが、実は入社当初からしばらくはロングヘアーだったのだ。

 特に多かったのが、ゆる巻き風の可愛い髪型だった。紙が長いときの森アナは可愛い感じが強めだったが、ショートにしたことで今度は清楚でキレイなお姉さん風美人感が増したというか。だからこそ、報道番組でのきりっとした表情や凛とした美しさが生きてきるとも言えよう。

 最後のエピソードその7は“気になる恋愛事情”である。実は森アナ、かつてとある新聞のインタビューで理想の男性像についてこう語っている。「ずるくない人。あとは尊敬できる人」。

 出典は、日刊スポーツの連載コラム「女性アナの水曜日」。電子版は19年6月5日に掲載されており、見出しは「テレ朝森葉子アナ 結婚は?『しくじってます』」というものだ。

《1人の時間を満喫できるタイプだが「結婚はしたいです、本当に」。過去も隠さず「しくじってるんですよね、数年前に。だからそこからどんどん遠ざかっているような気がして」と苦笑する》

 このときの相手こそが、新日本プロレス所属の人気プロレスラーのオカダ・カズチカ(32)であった。

 17年1月に東京スポーツで真剣交際が報じられた。その記事によると、2人の出会いは12年8月で、翌13年から交際が始まったという。

 そして、オカダとの交際は4年間にも及んだことから、いつ結婚してもおかしくないと思われたが、18年1月に東スポが今度は2人の破局を報じている。

 結局、オカダは19年4月に声優の三森すずこ(33)と結婚し……という結末となったのだった。

 以上が森葉子アナをもっと詳しく知るためのキーワードである。

 ピンチヒッターとして出演し始めた当初の彼女はかなり緊張している様子が伺えたが、先日の岡江久美子さんの突然の訃報の際には『ナニコレ珍百景』などで共演している関係から、彼女にしかできないコメントを、涙をこらえて語っていた。

 自身の短所を「周囲を意識し過ぎて自分を出し切れずにいること」というが、この場面での彼女はそうではなかったと言える。

 今後のさらなる活躍に期待したい。

上杉純也

週刊新潮WEB取材班

2020年5月5日 掲載