ようやく始まった注目の春ドラマ。13年ぶりとなる「ハケンの品格」(日本テレビ)、2年ぶりの「BG〜身辺警護人〜」(テレビ朝日)とも、好スタートを切った。ところが、第2話で揃って視聴率が急落したという。その謎を解く重要なデータがある。

 ***

 新型コロナの影響による緊急事態宣言が解け、ドラマ撮影も再開。6月17日から「ハケンの品格」(主演:篠原涼子)、18日から「BG」(主演:木村拓哉)が相次いでスタートした。

「ハケン」は初回14・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)だったが、第2話は11・9%に。一方の「BG」も初回は17・0%、第2話は14・8%と、いずれも2ポイント以上落ちる結果となった。これには民放ディレクターも首をひねる。

「どちらも第2シリーズとなる続編ドラマです。13年ぶりとなる『ハケン』もスタートが延期されている間、前シリーズを再放送していたので、見たことがなかった視聴者にも面白さは伝わったと思います。『BG』も同様に、前シリーズを再放送してからの放送です。再放送で飢餓感を煽られ、ようやくスタートしましたから、どちらも初回の数字は良かった。それにしても、なぜここまで落ちたのか……」

 ネット上には様々な意見があふれている。曰く、

《録画してたハケンの品格2みたけど篠原涼子が大前春子じゃなくてオーラが凄すぎて大女優篠原涼子だよww 派遣に見えんわ》

《好感度の高いクルクルパーマのあとに塚地じゃ…。あんなにダサいサラリーマン、今どきあんまりいない。》

《『ハケンの品格』の第2話を観たけど、あまりにも考えが前時代的すぎて観るに耐えない。今もおそらく派遣に対する厳しい目はあるのかもしれんが、ドラマのようにあからさまな嫌悪的扱いする会社の方が今どき時代遅れじゃない?伊東四朗とか塚地のキャラは不快でしかない。2人は悪くない。脚本の問題。》

「13年も経って篠原さんの外見がそれほど変わっていないことに驚きましたが、やはり貫禄はつきましたね。気の毒なのは、第1シリーズの大泉洋さんの立ち位置を引き継ついだ、ドランクドラゴンの塚地武雅さんですね。お調子者だけど派遣社員を見下すキャラクターは、大泉さんと同じ。塚地さんも役者として認められていますが、やはり大泉さんとは比較にならない。同じようにハケンに対して厳しいことを言っても、大泉さんはイジメている感じはしません。それに対し、塚地さんはキツいセリフだけが前面に出てしまうんですね」(同)

 初回は大泉も出演していたが、特別出演だった。2話の冒頭に初回の出演シーンが放送されたのみで、その後、彼が出てこないことにガッカリした視聴者も少なくない。

展開は全く同じ「ハケン」、バディものに変わった「BG」

「それと、ストーリーが13年前と全く変わっていないのも、よくなかったのかもしれません。SNSにも書き込まれているように、確かに古い感じがします。今後も前シリーズをなぞるような展開だと、苦戦するかもしれません」(同)

 それに、コロナ禍前に撮影されたということが分かるシーンも多かったという。

「社員食堂で大声を張り上げたり、超満員のそば屋に入ったり、仕方がないことですが、今の世の中とリンクできていないと感じる部分は多いですね」(同)

 一方、「BG」は、前シリーズとは明らかに作りが変わった。第1シリーズではチームとしてのボディガードだったが、今回はキムタクと斎藤工のバディものになっている。

「テレ朝としては、『相棒』に次ぐバディ・シリーズに育てたいのかもしれませんね。前シリーズでは、江口洋介や上川隆也、石田ゆり子、そして元妻役に山口智子とレギュラー陣に力が入っていましたが、今回はどちらかというと、週回のゲストに力を入れているのかもしれません。ですから、前シリーズと比べたコメントというのも、少ないように思います」(同)

 以前と変わらぬ「ハケン」、作りを大きく変えた「BG]だが、第2話では視聴率を落とした。広告代理店関係者が言う。

「実は第2話で、どちらもF2層(35〜49歳の女性)がかなり離れてしまったんです。『ハケン』は初回9・2%でしたが、2話では5・6%に。『BG』は8・3%から6・3%に下がりました。どちらも2週目は、番組史上ワーストの数字でした」

 どういうことだろうか。

「つまり、初回はようやく始まったので見てみたものの、第2話は、東京都の『東京アラート』による休業要請が解除された6月19日の後に放送された。F2層はアクティブですからね、“夜の街”に出て行ったため、リアルタイムの視聴率は下がったと考えるべきでしょう。これはドラマに限らず、他の番組でも同様です。コロナ直前と比べ、F2層の視聴率は下がっています」(同)

 逆によく見ているのはどういった層だろうか。

「F3層(50歳以上の女性)です。『ハケン』のF3視聴率は初回12・6%、第2話10・8%、『BG』は初回17・4%、第2話14・9%とどちらも下がってはいますが、篠原もキムタクも50歳以上が支えているという状況です。裏を返せば、『BG』の斎藤工や間宮祥太朗ではF2層を引き留められなかったようですね」

 注目ドラマも自粛解除には敵わなかったということか。果たして、7月19日にスタートする7年ぶりの新シリーズ「半沢直樹」(TBS)はどうなることやら。

週刊新潮WEB取材班

2020年6月29日 掲載