家族の目線で描いた被災アニメーションではあるが、心が折れたという視聴者も

 Netflixで7月9日より配信が始まったアニメーションシリーズ「日本沈没2020」。日本を貶める部分が散見され、それをヘイトと捉える者がいれば、原作との乖離から冒涜だと主張する声もあって……。作り手のことも知悉するライターによる分析と評論。

「DEVILMAN crybaby」で永井豪の原作漫画を大胆な視点で描いた湯浅政明監督が、小松左京の原作小説をどのような解釈で料理するのか。筆者も製作スタートのニュースを聞いて楽しみにしていたひとりだ。

 原作小説『日本沈没』は1973年に刊行され、同年に映画が公開。その後もテレビドラマ(1974年)、ラジオドラマ(1973年と1980年)、さらには2006年に映画がリメイクされるなど、様々なメディアで取り上げられてきたが、アニメーション化は今回が初めて。Netflixによる世界同時独占配信(中国を除く)ということで日本だけでなく世界からの注目を集めた。

 物語は、2020年の東京オリンピック後の世界から始まる。将来を嘱望される陸上選手の武藤歩はスタジアムで突然の大地震に襲われ、目の前で陸上部員たちの死を目の当たりにし、その場を逃げ出す。弟の剛は自宅でゲームをしている最中に、父・航一郎はスタジアムで作業中に、フィリピン人の母・マリは帰国便の飛行機で、それぞれ被災する。命からがら合流した4人の家族は東京が沈み始めていることを知り、安全な場所を求めて東京を離れることにするのだが……。

 これまでの映像化では、地質学者の田所博士と潜水艇操縦士の小野寺を中心に、特撮を駆使したスペクタクルな映像で描かれているのに対し、本作は武藤一家の目線で被災した人々を描く。田所博士や小野寺は名前で登場するものの、序盤のストーリーには絡んでいない。

 大地震による災害の大きさを伝える状況は序盤のみで、武藤家が行く先々で出会う人々との関係性が中心となる。出会った人々の中には突然の、あるいは無残な死を迎えるものも多く、ネットの意見を見ると「心が折れた」など、人の死を映像として描くことを受け入れらない人の書き込みが多く見受けられた。

 アニメでもグロさを感じるほどであるから、実写で描いたとしたらそれ以上のものとなるはずだ。実際の被災地では仏様になった遺体が転がっているのが現実であり、救援に駆り出された関係者の中には、今も心理カウンセラーの治療を受けている者もいると聞く。本作での死は事象にすぎず、現実はよりシビアだといえる。

 とはいえ、主人公の歩は人の死を受け入れられず、他人の死を乗り越えて前へ進もうとする家族に反発する。人として至極当然な反応だが、頭の中ではわかっていても、家族を愛しているからこそ、そのような態度を取る家族に反発することで、歩は自我を保とうとしているのだろう。

 序盤は被災した家族を描く正当な災難映画のように見えるが、主人公たちが琵琶湖のほとりと思われるシャンシティに到着する中盤あたりから物語は大きく転換する。温かい食事とベッドがあり、物資が豊富な共同生活は、一見災害とは無縁に見える。だが、シティを象徴する子供・大地を中心としたスピリチュアルなコミュニティの構造は宗教団体のようでもあり、迷える日本人のよりどころとなる宗教団体の存在の意味がオーバーラップして感じられた。

 沈みゆく日本の中で安全な場所を求めて移動するロードムービーの形態をとりつつも、人間の死とエゴが物語にメリハリをつけて終盤へ向かっていく。そして物語が進むにつれ「心が折れる」という書き込みに筆者も共感し始めていた。見ていて辛くなってしまうのだ。アニメーションという手法と、ありそうでありえないリアリティが、そうさせているのかもしれない。

日本人は外国人を排除しようとしているのだろうか?

 原作小説もそうだが、「日本沈没」は日本人のアイデンティティが根底にあり、2006年版の映画版の公開に合わせて刊行された続編となる小説「日本沈没 第二部」(2006年)では、日本という国土を失った25年後の世界を描き、世界に散って流浪の民となった日本人のそれを更に鮮明に打ち出している。

 アニメの中で興味深かったのは、武藤家族の扱いだ。武藤姉弟は日本人の父とフィリピン人母との間に生まれ、血統から見れば純血な日本人ではない。日本からの脱出船に乗れるのはマイナンバーによる抽選という設定だが、スポーツなどで将来を嘱望される日本人は別枠で乗れることに。ここで家族とは別に陸上選手として将来を嘱望される歩だけが選ばれる。

 一方、日本から脱出する船を用意した民間団体は日本人だけを乗せるといい、フィリピン人である母親のマリの乗船を拒む。姉弟の父親が日本人だと告げると、ならどちらか一人だけを乗せてやるということに。

 このふたつのエピソードは、今の日本の世相を反映しているといえる。

 スポーツ界では両親の片方が外国出身の日本代表選手の活躍が著しい。八村塁や大坂なおみ、他にも多くの日本代表として活躍する外国人の血を引く選手は少なくない。ラグビー日本代表キャプテンのリーチ・マイケルのように日本に帰化して日の丸を背負って活躍する外国出身の選手もおり、彼らをリスペクトしない日本人はほぼいないだろう。

 スポーツは国威高揚の手段のひとつであり、日本だけでなく優秀な人材を自国民として受け入れたいと考える国は少なくない。剛は日本生まれではあるが、本人はITが発達したエストニアに住みたいと描かれているのがユニーク。国を意識しない世代が増えつつあるのが令和の世なのかもしれない。

 一方、これとは対照的なのは、日本人のみを救助するという民間団体の救助船の設定だ。現代社会では外国人排斥を謳うヘイトスピーチや集会は現実的に行われており、在特会など右翼系団体も多い。恐れずにいえば、現政権もそのきらいがある。例えば、日本国民への10万円の特別定額給付金だが、日本に定住する外国人は対象外であった。日本国民と同じ税金を払い、日本に住む者としての義務を果たしているのにも関わらず。日本国籍を持っていないのだから仕方ないよという意見もあるが、非常時の救済措置という点から、このエピソードがオーバーラップした。

 主人公の家族だけではない。旅で合流するダニエルもそうだ。ユーゴスラビア出身のマジシャンである彼が、自分の国はもうないとポツリと言うシーンがある。これは列島沈没によって国が崩壊する日本を暗示する台詞であり、明るいキャラ設定だからこそ、国を失うことの意味を垣間見たようで、この台詞にはドキリとした。これまでの「日本沈没」では、外国人の被災民の姿が描かれていなかっただけに、新たな試みだといえる。

アニメーションの世界では国際協業はすでに当たり前となっている

 ところで、この作品の制作には多くの外国人が参加しており、エンドロールにも多くの外国人の名前が見受けられる。アニメーション制作プロデューサーの Eunyoung Choiさんは、本作のアニメーション制作会社であるサイエンスSARUの代表取締役であり、製作委員会には中国人の名前も見受けられ、中国資本で韓国人が作ったアニメだから日本人のヘイトが描かれているとうがった見方をする意見もある。

 しかしながら、これは正しくない。

 アニメーションの世界では、海外の下請けを中心に国際協業が早くから行われてきた。近年は中国が幹事会社となり、むしろ日本が下請けのような形でアニメーションを制作するケースもある。しかしながら、「日本沈没2020」には、2006年の劇場実写版のスタッフが名を連ねており、むしろプロデューサーサイドと湯浅監督との間で制作に関する打ち合わせが行われており、外国人が参加しているから日本人のヘイトを否定的に描いているということはない。

 Eunyoung Choiさんに限っていえば韓国出身のアニメーターであり、テレビシリーズ「ケモノヅメ」(2006年)に作画監督として参加して以来、湯浅監督の右腕として日本で活動している。これまで彼女が参加した作品から韓国の臭いを感じられるとは思わない。あくまでも時にアニメーターとして、時にプロデューサーとして湯浅作品を支えている存在だといえる。

ツッコミどころは数あれど、「日本沈没2020」はユニークな作品

 令和の世相や技術が反映されており、インターネットで海外居住者とチャットで連絡を取り合ったり、ユーチューバー・KITEが登場するなどは、20世紀では考えられない設定だろう。ただ、物語進行のためのありえない事象は、リアルという観点から受け入れがたい。

 映画やドラマで登場した自衛隊の救難活動はほぼ描かれておらず、まともに活動しているのは救難船乗船者を仕切っているシーンくらい。後は個々人の頑張りに任せている状況であり、日本政府のみならず海外からの支援が描かれていないというのはおかしい。
 
 かと思えば、日本国民の受け入れ先となる周辺国の中国、ロシアなどの対応は愛に溢れている。大人の余裕すら感じさせる真っ当なものであり、彼らの支援活動が描かれなかったのには違和感を覚えた。

 などなど、ツッコミどころは多々あるが、ここで羅列するよりも作品を見て確かめてほしい。これまで映画化された「日本沈没」とはまったく違った切り口であるが、実写版を見た人なら思わずニンマリとするカットも。
 
「日本沈没2020」は確かにクセのある作品であり、ハマる人とそうでない人が大きく分かれるのではないかと思う。フィクションの中にリアルさを求めるのはナンセンスであるともいえるが、キャラクターに肩入れしてナンセンスを受け入れてしまうのは、やはり湯浅監督の世界観を筆者が好きだからだろう。

土田真樹
1989年より韓国に留学。高麗大学大学院を経て文化情報誌ソウルスコープに就職。映画担当記者として活動する傍ら、キネマ旬報、スクリーン、AERAなどをはじめとするメディアに寄稿する他、韓国映画日本語字幕制作、劇場用パンフレットに解説を執筆するなど、多岐にわたって韓国映画情報を日本に向けて発信している。近年は日本映画、韓国映画の製作にも参加しており、最新作は日韓合作映画「ゴーストマスク〜傷〜」(監督:曽根剛)

週刊新潮WEB取材班編集

2020年7月16日 掲載