女性の立場で真っ二つに分かれた意見

 東出昌大(32)と渡部建(47)の一件は、差し当たって令和2年の二大不倫ということになっている。女性はどちらのケースに嫌悪感を抱くのか、そこから占う2人の芸能活動の近未来について、徳光正行による“取材”。

 ***

 お2人は依然として逮捕者同様の扱いを受け、連日、お白洲にひっぱり出されるかのようです。そしてその不倫の中でも種別が細分化されて、ああでもない、こうでもないと議論が交わされるのが日常のようになってきました。昭和や平成初期における浮気や不倫に対する価値観とは大いに異なってきているなと痛感する毎日でございます。

 とかまあ理屈をこねましたが、令和2年の二大不倫といえば(今後もっとすごい案件が飛び込んでくるかもしれませんけれども、今のところ)、俳優の東出昌大さんと芸人の渡部建さんの一件でしょう。

 それぞれ不倫の形は違いますが、世間様のバッシングは相当なものでありましたし、お2人とも大きなダメージを負っていらっしゃると思われます。

 別に彼らの傷口に塩を塗るわけではありませんが、改めて私の周りの女性の皆様に「パートナーあるいは夫が、もし不倫をした場合どっちが嫌?」なんて質問をぶつけましたところ、意見は真っ二つに分かれました。

 既婚女性の皆様もしくはパートナーがいる方は往々にして、東出昌大さんの振る舞いに嫌悪を示していらっしゃいました。逆に独身でパートナーがいらっしゃらない方は、「渡部、気持ち悪い」との返答をなさっておりました(もちろん「どっちも最低」という意見も頂戴しております)。

 これは私の周りの方々のお話なので、世論と言うにはあまりにも乱暴です。しかし、批判覚悟で申しますと、既婚者もしくはパートナーがいる方は杏さんに自身を投影なさって考え、そうでない方は佐々木希さんではなく不倫相手(浮気相手?)に自らを置き換えて考えていらっしゃるのでは? と感じました。

「杏ちゃんという人がいながら」「希ちゃんがありながら」というお言葉

 頂きましたご意見をいくつか挙げます。まずは前者から。

「子供が3人もいるのになにやってるの? 頭おかしい」(32歳既婚者)
「育児が一番大変な時期に杏ちゃんをほったらかして恋愛をするなんてクズ」(40歳既婚者)

 そして後者。

「渡部、キモい。トイレでして1万円とか女のことバカにしてる、行く女も女だけど」(28歳未婚者)
「あんな扱いされたらキレて当たり前、勘違いしてるよ、あいつ」(25歳未婚者)

 などなど……。そして共通したご意見といたしましては「杏ちゃんという人がいながら」「希ちゃんがありながら」というお言葉でした。これに関しましては以前も述べました通り、パートナーが美人だったら不倫しちゃいけなくて、不美人だったらしても良いのか? となるので私としては理解できませんでした。どっちだろうと不倫は不倫でありますから。

 その後、杏さんが東出さんとの離婚を決意なさったとの報を受け、ある番組においてタレントのゆきぽよ(木村有希)さんが「やっぱり杏さんはギャルじゃないので、(不倫は)許せなかったと思います。ギャルは簡単に人を突き放せないから許しちゃう」とお話になっていました。

 もっともこれには、「ギャルだろうがなんだろうがあまり関係ないのでは?」と思ったものです。もちろん許す心が寛大であるとの見識もありますが、それでは離婚を決断した杏さんが薄情のようにも取られかねません。一方でゆきぽよさんの立場を考えますと、ギャル代表として番組に出演なさっているが故、この発言は“職務を遂行”なさったという理解もできるのですが……。

 では、今後、東出さんと渡部さんはどうなってしまうのか?

主な舞台が映画なのかテレビなのかによって…

 この辺りも大変気になりますね。私のつたない“取材”ではありますが、東出さんは元通りとはいかないまでも(CMは厳しい)、そこそこの復帰はできると思われます。現に復帰していますし。

 一方の渡部さんはどうなのか? これは結構厳しそうに思えます。

 おわかりの方もいらっしゃると思いますが、これは主戦場の違いということに他なりません。

 東出さんは映画や舞台、渡部さんはテレビ、これは実に大きな違いであります。

 東出さんはもちろんテレビドラマにも出演なさっていましたが、映画や舞台に完全シフトしてしまえば「イメージが良くない」などの雑音を避けることができます。なぜならそう思う方々は作品を見に行かなければ良いだけなのですから(番宣がテレビで流れるのは仕方ないですが)。

 いくらなんでも「不倫した東出を映画(舞台)に出すとは何事だ、即刻中止しろ」とまでクレームを入れることに多大な労力を使う人はいないでしょう(ただ、今のクレーマーの行動力はすごいから100%とは言い切れませんが)。

 今後は与えられた場所でその才能を生かしてさらなる飛躍を遂げてほしいですね、嫌みとかではなく。実際、映画「三島由紀夫vs東大全共闘」の東出さんのナレーションはとても素敵でした。

 渡部さんはと申しますと、テレビが主な活躍の場でしたから、これは元通りとは行かなそうですね。

 現在のテレビというのは才能云々も大切ではありますが、何よりイメージを第一に出演者を選ぶきらいがありますから。彼が報道通りの行為をしていたとしたら、彼を見ただけで嫌悪感を覚える方もいらっしゃると思いますので(特に女性)、なかなか復帰までは時間がかかりそうです。

チャンネルを合わせたら彼が出演していた→気分が悪いぞこの野郎…

 NHK以外のテレビは無料で見ることができますので、チャンネルを合わせたら彼が出演していた→気分が悪いぞこの野郎→クレームを入れるぜ……となる可能性が高くなってしまうことは否めません。そして提供をするスポンサー各社が何よりああいったスキャンダルを嫌がります。

 以前にも、ある番組のスポンサーになった企業の商品に対する不買運動のようなことが起こった事例もありました。ケースは全く違うものでしたが、不倫問題にはもちろん神経質にならざるを得ない。

 では、渡部さんに復帰の道はないのか? となってしまいますが、今まで通りは難しいにしても他の手段ならあり得ると思います。それはYouTubeであったり、芸人さんなのですから新型コロナが落ち着いたらお笑いの舞台であったり……。それを支持するのか否かを視聴者が選べる場でしたら可能であると思います。それらの場所は、不快に思う方々が積極的に入って行くところでは決してないですし。

 彼らは大切な人を裏切ったのかもしれません。ですが、それは当事者同士で状況を判断し結論を出すものであると思います。我々、第三者が彼らの行く末を邪魔する必要もないですし、すべきではないでしょう。別に温かく見守る必要はないかと思いますが、今後は彼らが持っている“芸”の部分に注目しても良いのではないでしょうか?

徳光正行(とくみつ・まさゆき)
1971年12月生まれ。茅ヶ崎市出身。日本大学芸術学部在学中よりミュージシャンを目指すが、父の病により断念。その後、司会業やタレント業に従事する。また執筆活動にも着手し『伝説になった男〜三沢光晴という人〜』『怪談手帖シリーズ』などを上梓。4月27日には岩井志麻子氏との共著『凶鳴怪談』を出版。現在YouTube「徳光ちゃんねる」でも活躍中。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年8月6日 掲載