有村架純(27)が民放の連ドラに帰ってくる。10月27日スタートの「姉ちゃんの恋人」(カンテレ・フジテレビ系、毎週火曜午後9時)で、18年10月期の「中学聖日記」(TBS)以来、2年ぶり――と思って見渡すと、この10月期は連ドラさん、お久しぶりという女優たちがいっぱいだ。

 ***

 有村の新ドラマで今のところ発表されているのは、女手ひとつで弟3人を養う“肝っ玉姉ちゃん”というストーリーで、キャストは彼女のみ。おかげで、SNSでは〈弟役には、海ちゃん(高橋海人[21]:King & Prince)がいい!〉なんていう声で溢れている。

 民放プロデューサーが言う。

「2年前の『中学聖日記』では、鳴り物入りの新人、岡田健史(21)や町田啓太(30)の演技がパットしなかったこともあって、平均視聴率は6・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)と、とても彼女が主役とは思えない数字を残してしまった。今回は弟役や恋人役など相手選びには慎重で、発表すれば話題になるようなキャストなのでしょう。彼女と同じ事務所に移籍した、田中みな実(33)が虎視眈々とバーターを狙っているのかもしれませんが……。それにしても、この2年、彼女は映画ばかりでしたから、ようやくテレビに帰ってきたという感じです」

立て続けに映画に出演

 確かに、有村の最近の仕事は映画ばかりだった。

●「フォルトゥナの瞳」(2019年2月15日公開、東宝)
●「そして、生きる」(2019年9月27日公開、WOWOW)
●「駅までの道をおしえて」(2019年10月18日公開、キュー・テック)
●「花束みたいな恋をした」(2020年公開予定、東京テアトル / リトルモア)
●「るろうに剣心 最終章 The Final/The Beginning」(2021年GW公開予定、ワーナー・ブラザース映画)

 いずれもクランクアップ済みだ。

「映画で演技力をさらに磨いてということだったかもしれません。ところが、彼女に限らず、今は新型コロナのおかげで、映画は十分なリハや撮影ができない状況です。せっかく完成しても、公開が延期になったり、スクリーンにかけることができても、客席は1席ずつ空けて、深夜上映はなし。集客できてペイする構造ですから、興行収入にも不安が伴います。もちろん、舞台も同様です」(同)

 山本裕典(32)の舞台のように、キャストや観客らが次々に感染しクラスター化した例もあった。

映画、舞台からテレビドラマに復帰

「コロナに感染した横浜流星(23)も舞台『巌流島』は中止になりましたが、連ドラ『私たちはどうかしている』(日本テレビ)のほうは放送しています。芸能事務所もテレビドラマのほうが安心と考えてもおかしくありません。テレビは、確かにスポットCMでは苦戦しているものの、タイムCMの提供社は留まっています。ですから、今のところは、制作費もギャラも計算が立つ状態です。ドラマ枠が減ったとも聞きませんしね。そのお陰か、秋ドラマには久しぶりに連ドラに帰ってくる女優が少なくありません」(同)

 まずは「おカネの切れ目が恋のはじまり」(TBS)の松岡茉優(25)。

「三浦春馬さんが亡くなってしまったことで、全8話の予定を全4話に短縮して放送されるようですが、お蔵入りにならずに済んで良かったと思います。彼女にとっても、連ドラは『うちの夫は仕事ができない』(日テレ)以来、3年ぶり。彼女も最近は映画が多かった。ちなみに、放送される火曜ドラマ枠は、先日、大成功(平均視聴率15・1%)で終えた『私の家政夫ナギサさん』(TBS)の主演・多部未華子(31)も民放連ドラでは『先に生まれただけの僕』(日テレ)以来、3年ぶりでした」(同)

 そして「35歳の少女」(日テレ)の柴咲コウ(39)。

「柴咲さんは朝ドラ『エール』に出演していますが、民放連ドラとなると『○○妻』(日テレ)以来、5年ぶり。脚本は『家政婦のミタ』『同期のサクラ』などで知られる遊川和彦氏で、大平太プロデューサーと共に、『○○妻』以来のタッグとなります」(同)

 一方、連ドラ出突っ張りと言うタイプも。

「売り出し中の浜辺美波(20)は、2月の『アリバイ崩し承ります』(テレビ朝日)、8月の『私たちはどうかしている』(日テレ)に続いて、『タリオ 復讐代行の2人』(NHK)では岡田将生(31)とのW主演。『未解決の女 警視庁文書捜査官シーズン2』(テレ朝)が放送中の波瑠(29)も、10月からは『#リモラブ〜普通の恋は邪道〜』(日テレ)で連投です。また、深キョン(深田恭子[37])は『ルパンの娘』第2シリーズ(フジ)、上野樹里(34)も『監察医 朝顔』第2シリーズ(フジ)で帰ってきます。春夏共に、コロナ禍でバタバタした連ドラですが、ようやくキャストも豪華になって帰ってきそうです。帰ってきた女優たちと売り出し中の若手女優の対決も見どころだと思います」(同)

 さらに女優ではないが、他にも大物がいるという。

「テレ朝の2夜連続ドラマ『逃亡者』に主演する渡辺謙さん(60)でしょうね。60年代にアメリカでヒットとしたドラマのリメイクです。謙さんは、もはやNHK大河や民放の場合“開局○○周年”レベルでないと出てくれないのかと思っていましたが……、あっ、これもテレ朝60周年記念ドラマでしたね。ともあれ、アメリカの大ヒットドラマのリメイクも今期はもう1本ありますから、この対決も見物かもしれません」(同)

 こちらもテレ朝で、日本版ジャック・バウアーを唐沢寿明(57)が演ずる「24 JAPAN」である。唐沢の米ドラマリメイクは昨年の「グッドワイフ」(TBS)以来となる。リメイク対決も楽しみだ。

週刊新潮WEB取材班

2020年9月8日 掲載