「半沢直樹」(TBS)の第2シリーズで、堺雅人以上に話題をさらっているのが、取締役・大和田暁を演じる香川照之(54)である。彼が東大卒であることは、ある程度の年代の方ならご存知だろう。しかし、最初から芸能界で活躍したわけではない。なぜ不遇な時代は続いたのか。

 ***

 ネット上では最近になって、香川について〈実は東大卒〉、〈東大出身を知られたくなかった理由〉といったサイトが立ち上がっているが、年配の方なら、彼が東大出身であることは言わずと知れた話。同じ東大出身の民放幹部が言う。

「若い人はご存知ないのでしょうが、女優の浜木綿子さん(84)の長男が東大に入ったということで、スポーツ紙やワイドショーでは大々的に取り上げられていました。父である市川猿翁さん(80)は、香川さんが生まれてすぐに家を出たので、浜さんが女手一つで育て上げたことも周知のことでした。その子が東大に、ということでかなり話題になったんです」

 香川は小学校からカトリック系の暁星学園で学び、ストレートで東大文III(文学部)に合格した。ちなみに東大での同級生には、“今でしょ”の林修(55)がいる。「半沢直樹」前半で注目された四代目市川猿之助(44・香川の従兄弟に当たる)は、同じ暁星学園から慶応大学文学部へと進んだ。

なんで役者なんかやってんの

「暁星高校はフランス語を必修にしているので、彼も東大入試の外国語をフランス語で受験したのではと言われていました。当時は英語に比べると、簡単だという噂があったんですよ。ともあれ、彼は東大に合格したことで、自分の立場を理解したとインタビューに答えたことがありました。あまりに大きく報じられたので、〈僕は普通の人間じゃなかったのか〉〈見られるための存在だったのか〉と。そこで芸能界というものを意識し始めたそうです」(同)

 88年、香川は東大を卒業し、そのまま芸能界入りした。

「当時、東大出身の役者と言えば、仮面ライダーの“死神博士”天本英世さん(1926〜2003、法学部中退)や矢崎滋さん(73、文学部中退)くらいのもの。ちょうどその頃、バラエティで活躍していた矢崎さんは、“ムダな学歴”などと言われていたほどでした。今でこそ、東大出身タレントは多くなり、活躍の場も増えましたが、彼が卒業した頃は時期が悪かった。高田万由子(49)が卒業したのは94年、菊川怜(42)は01年卒ですからね。東大ブームより遙か以前に卒業した彼が味わったのは、不遇の一言では片付けられないと思います」(同)

 香川自身、泉ピン子(73)に言われた言葉をのちに語っている。

〈あんた、東大を卒業して、なんで役者なんかやってんの。やめなさいよ!〉

クイズは苦手?

「ピン子さんは、ギター漫談から大女優にまでのし上がった人ですからね。厳しさを知り尽くした彼女ならではのセリフでしょう。もし今、テレビの前で対面することがあったら、彼女は香川さんに対し、彼よりもすごい土下座をやってみせるかもしれません」(同)

 現在の香川が得意とする濃厚な演技は、当時のドラマには必要とされていなかった。

「東大を卒業した88年といえば、昭和が終わろうとしている頃で、日本はバブルへまっしぐらという時代。テレビでは、この前年から“月9”(フジテレビ)がスタートし、88年には『教師びんびん物語』(主演・田原俊彦[59])、89年『愛しあってるかい!』(主演・陣内孝則[62])、90年『世界で一番君が好き!』(主演・浅野温子[59]、三上博史[年齢非公表])、そして91年には『東京ラブストーリー』(主演・鈴木保奈美[54]、織田裕二[52])と、男優はイケメンのトレンディ俳優しか用のない時代でした。失礼ながら、香川さんの容姿では制作会議に名前が挙がることすらなかったでしょう」(同)

 そこで、香川が活路を見いだしたのがクイズ番組だった。

「もちろん『東大王』(TBS)など、まだありません。彼が出演したのは『クイズなっとく歴史館』(フジ)という番組で、クイズダービーの歴史版のような番組の準レギュラーでした。司会は原田大二郎(76)、回答者に丹波哲郎(1922〜2006)、中村勘九郎(後の十八代目勘三郎、1955〜2012)というメンツですから、バラエティと言っていいでしょう。当時のクイズ番組は、知識を競うものは『パネルクイズ アタック25』(朝日放送)や『アメリカ横断ウルトラクイズ』(日本テレビ)、『クイズタイムショック』(テレビ朝日)など素人が出場するものばかり。一方、芸能人が出演するのは『クイズダービー』(TBS)、『クイズ100人に聞きました』(TBS)、『クイズ・ドレミファドン!』(フジ)など、知識を競うのものではなく、バラエティだったんです。結局、『なっとく歴史館』も1年半で幕を降ろしました。ま、東大卒だからと言って、みんながみんな、クイズが得意というわけでありません。その後も、彼はクイズ番組にはほとんど出ていませんね」(同)

 もしや、クイズは不得意なのか。それでも彼は、芸歴1年目に大河ドラマ出演のチャンスをものにしている。

「『春日局』(主演・大原麗子[1946〜2009])でしたね。NHKも2世タレントとして話題にしたかったのでしょう。しかし、特に注目されることもなく、これ以降、テレビでの出演は単発ばかりになっていきます」(同)

 続いてVシネマに進出。

主役を食う役者へ

「昼は下着デザイナーで裏の顔はヤクザの親分という人気コミック『静かなるドン』に主演し、91年から96年まで10本が販売されました。Vシネマは人気作となりましたが、テレビ版(日テレ)の主演は中山秀征(53)に……」(同)

 そこで、香川は中国へと渡った。

「チアン・ウェン監督の『鬼が来た!』です。98年には撮影に入り、当初は彼が主演と報じられていましたが、経緯は不明ですが完成時には準主役になっていました。終戦間近の中国で、抗日軍の捕虜となった日本軍人を演じたのですが、役作りのために人民解放軍に入隊させられ鍛えられたそうです。今思えば、のちの大河『龍馬伝』で演じた岩崎弥太郎に通じる荒々しさがあった」(同)

 同作は2000年のカンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリを受賞したが、香川自身もこの作品を転機と語っている。

〈大事にされて育ってきましたから。劇団で食えない時代に苦労したとか、バイトで食いつなぎながら役者を目指した、という体験もなく、生ぬるい環境で役者になった。監督の元で、それまでの自分を更生され、自分の定義をし直した〉

 まさにこの頃から、香川は助演賞男優と化していく。00年には「スリ」「独立少年合唱団」、02年は「刑務所の中」「KT」、04年の「赤い月」、05年の「北の零年」、06年の「ゆれる」、07年「キサラギ」、08年の「劒岳 点の記」といった作品で、数多の助演賞を受賞。主役を食う役者となったのだ。

「そして10年の大河『龍馬伝』では、岩崎弥太郎を演じつつナレーターも務めました。主演の福山雅治(51)の演じる龍馬が小綺麗であっさりなのとは対照的に、香川演じる弥太郎の汚く、濃い演技が評判となって、テレビでも存在感を見せつけるようになりました。11年には九代目市川中車を襲名して歌舞伎に進出。そこでさらに歌舞伎俳優としてのクサさも身につけた。それらを開花させたのが、前シリーズの『半沢直樹』最終回の“伝説の土下座”でしょう」(同)

 香川が大学を卒業した頃はトレンディドラマブームで、さらに東大卒がもてはやされる時代でもなかった。この2つの理由で不遇の時代が続いたといえる。

「半沢直樹」第2シリーズもいよいよ佳境、最終決戦に入る。はたして香川は、伝説の土下座を超える“決め技”を用意しているのだろうか。

週刊新潮WEB取材班

2020年9月20日 掲載