10月23日より、関西テレビが大ブーム中のアニメ「鬼滅の刃」をレギュラー放送(金曜19時〜関西ローカル)をスタートした。もっとも、先日、フジテレビ系列で2日間にわたって“一挙放送”された。そこで放送されなかった分を放送するというのだ。フジ系列のローカル局は続々とこれを放送し始めたが、ゴールデンは関テレのみ。そこには特別な事情があった。

 ***

 10月16日、「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が公開され、初日から3日間で342万人を動員、46億円を超える記録的な興行収入となっている。それを後押ししたのが、フジテレビが10日と17日に放送した「全集中!アニメ『鬼滅の刃』一挙放送」だった。

 地上波ゴールデンで初放送とあって、10日(21時〜23時10分)の第一夜<兄妹の絆>の世帯視聴率は16・7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区:以下同)、17日の第二夜<那田蜘蛛山編>は、15・4%。その人気の高さを証明した。

 もっとも、一挙放送と言っても、第一夜は、第1話〜5話まで。第二夜は、第15話〜21話までだった。「鬼滅の刃」は全26話だが、放送されたのは11話分。残りの15話は、キー局のフジを含め、ローカル局はそれぞれ独自の方法で放送している。民放関係者は言う。

フジ系列でバラバラに放送

「例えば、フジは12日〜16日までは深夜枠で毎晩1話ずつ放送し、土曜日の17日は昼に4話、翌週24日には5話という変則的な放送です。北海道文化放送やさくらんぼ放送は、12日から深夜に1話ずつ。福島テレビは10日は深夜、12日と19日は夕方に4〜5話をまとめて放送。テレビ西日本は日曜昼に3話ずつ放送など、バラバラ。そんな中、金曜19時のゴールデン枠で毎週2話ずつ放送すると発表したのが関テレでした」

 旧作にもかかわらず、ゴールデンで放送とは思いきったものだ。

「実はこの枠こそ、25年も続いた人気番組ながら、7月24日に突然、終了した『快傑えみちゃんねる』の枠でした。15%以上を誇った人気番組が、突然終わってしまったため、関テレも編成に困ったんでしょう。フジから『坂上どうぶつ王国』を買って、それを放送することで凌いでいました。しかし、視聴率は2桁を切っていましたからね。それが一転、『鬼滅』をもってくるとは驚きました。視聴率2桁は堅いでしょう。災い転じて福と為すというか、人生万事塞翁が馬とでも言うべきか……」

「えみちゃんねる」後継番組を作るより

 ネット上でも、この抜擢に歓迎の声が上がっているが、中にはこんな声も。

〈英断というよりは稼ぎ頭の番組が少なくなってきたってことでしょうかね。〉

〈鬼滅、明日から関テレで放送やってか。まあ、この枠は前もえみちゃんねるやってたから、鬼枠って意味じゃ変わりないんやけどな〉

「『鬼滅』は、昨年4月にまずTOKYO MXや群馬テレビなど独立系U局とAbemaTVで放送がスタートしました。直後にAmazonプライムなどでも配信され、ローカル局でも放送が始まりました。関西では日本テレビ系列の読売テレビで放送されました。だからこそ、系列を超えて、フジ系の関テレで再放送されるのは異例なんです」

 関西では、日テレ系からフジ系が「鬼滅」を奪った、なんて声もあるようだ。

「確かに日テレも『鬼滅』を放送したかったからこそ、『しゃべくり007』に劇場版の声優・鬼頭明里を呼んだりしていたんでしょう。MXの元アニメ事業局長を引き抜いたりもしていましたからね。でも、『鬼滅』の製作には日テレもフジも、もちろん読売も関テレも関わっていません。制作のアニプレックス、原作の集英社、そしてアニメ制作のユーフォーテーブルの3社によるアニメ作品ですから」

 では、フジが獲得できたのはなぜか。

「映画の番宣だから旧作アニメは意外に安いとも聞きますが、フジがドカンと金を出したという声がもっぱらですね。そもそも『鬼滅』は深夜のローカルセールスでしたから、安かった。おそらく1話20万円程度ではないでしょうか。そうでなければ、U局やローカル局では購入できません。そこへフジが“一挙放送”のために、全26話を購入。5億〜10億くらい出したなんて声も聞きます。ただ、2日間では全部は放送できなかったので、放送できなかった回は、系列局へ売ることで、買い付けを回収しているということでしょう。で、関テレがゴールデンで放送を始めたというわけです。『えみちゃんねる』に代わる新番組を作るとなると毎回1000万円はかかります。それよりも、人気アニメを流した方がペイすると判断したのでしょう」

 気になる結果は関テレの目論見通りとなった。23日初回の世帯視聴率は15・1%。個人視聴率10・1%は、この日の関西全番組中1位を獲得した。NHK朝ドラ「エール」(9・5%)をも上回る数字である。

 今後の注目は、『鬼滅』の新作アニメをどこが放送するかだ。

週刊新潮WEB取材班

2020年10月28日 掲載