AKB落選。11月16日、「第71回NHK紅白歌合戦」の出場者が発表されたが、昨年まで11年連続で出場してきた彼女たちの記録は途絶えた。やはり、ずっと人気を持ち続けるのは至難の業。今も活躍している人もいれば、そうでない人も……。

 ***

 AKBの紅白落選については、おぎやはぎの小木博明(49)が19日深夜放送の「JUNK おぎやはぎのメガネびいき」(TBSラジオ)で、“AKBって、今いるよね?”などとネタにしたほど。もちろん、“AKBなんて名曲が何曲もあるんだから。出てていいんだよ”とフォローも欠かさなかったが、ひとつの時代が終わったと感じる人は少なくないだろう。

AKBはオワコンか

 近年、ヒット曲がないことに加え、今年はコロナ禍で、握手会やライブが開催できなくなり、“会いに行けるアイドル”ではなくなったのが落選の原因とする分析もある。だが、乃木坂46はじめ日向坂、櫻坂が選ばれているのだから理由にはならないだろう。

 SNS上には、こんな声が上がっている。

〈AKBの紅白落選は「コロナ禍で会いに行けなかった」とかじゃなく、単純にオワコンになっただけだろ〉

〈AKBって紅白落選してたのか。正直存在自体忘れてたわ〉

〈AKB48が紅白から落選してAKBの時代が終わったって言ってるけど/落選したことがここまでニュースに取り上げられるって事はまだまだAKB48は終わってないって思ったね〉

 確かなのは、テレビ中継も行われた選抜総選挙は、18年を最後に開催されていないことだ。紅白連続出場が始まった09年は、第1回選抜総選挙が開催された年でもあった。ここから“神7”も生まれたのだ。民放プロデューサーが言う。

「全盛期を迎えたアイドルグループが下火になっていくのは、世の常ですからね。既に流れは48グループから坂道グループに移っています。ただ、彼女たちだって、いずれはグーループを卒業し、芸能界に残るならソロで頑張ってもらわなければならない。その意味で、先輩たちの活動は参考になると思います」

卒業後の進路

 最近、女優として活躍しているのが、大島優子(32)だ。AKB時代は“絶対的エース”前田敦子(29)と人気を競ったが、今では女優業が板につき、元AKB扱いされることもないという。

「子役出身なので、卒業後は女優としての活躍が注目されていましたが、なかなか芽が出なかった。17年8月には芸能活動を休止し、1年以上、米国へ語学留学しています。本格復帰した昨年からですかね、女優としての評価が高まってきたのは」

 昨年は朝ドラ「スカーレット」(NHK)に戸田恵梨香演じるヒロインの幼馴染として出演。地味なおばさんを演じて評価が高まった。

「今年は1月に放送された木村拓哉主演で警察学校を描いた『教場』(テレビ朝日)、現在出演中の『七人の秘書』(同)も高視聴率で話題となっています。一人前の女優として認められています」

 バラエティ界では、指原莉乃(28)が女王の座に君臨している。

 レギュラー番組は「徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました」(日本テレビ)、「坂上&指原のつぶれない店」(TBS)、「ヒロミ・指原の“恋のお世話始めました”」(テレ朝)、「さし旅」(NHK、不定期放送)といずれも冠番組のMCだ。

「MCもできて、コメントが何かとニュースのなるほどの影響力を持っています。元AKB勝ち組のトップと言っていいでしょう」

 その指原の前に、バラエティ界に君臨したのが“たかみな”こと高橋みなみ(29)だ。

「AKB時代は“神7”の1人であると同時に、初代総監督としてグループを代表して挨拶やコメントをしたのが彼女でした。そのため、卒業後はもっとも芸能界で活躍すると見られていましたが、指原に奪われたと見る向きも少なくありません。ただ、現在もMCやナレーション、バラエティなど何でもこなすタレントとして活躍しています。器用な人なので、重宝されるのでしょう。10月からは『バイキングMORE』(フジテレビ)のレギュラーにもなりました。人気では指原に及ばないかもしれませんが、コメンテ―ターとして指原にはない、妻の立場で発言できるので強い」

 一方、最近見る機会がめっきり減ったなと言われるのが、こじはること小嶋陽菜(32)だ。

「AKBでは最後の昭和生まれとして17年まで現役でした。卒業後は、タレント業よりもファッション事業に進んだので、テレビでは見なくなりましたね。モデルとして活躍しながら、ファッションブランドを立ち上げ、実業家として活動しています」

 同様に自分のブランドを立ち上げたのが、篠田麻里子(34)。

「AKB時代にブランドを立ち上げましたが、卒業すると倒産してしまいました。高身長を活かしてモデルや女優としても活動もしましたが、代表作と呼べるようなものはありません。昨年2月に結婚し、今年4月には出産しましたからね、お呼びがかからなくなっているのかもしれませんが、ママタレとして復活する可能性もあります」

 11月19日、第2回ベストフォーマルアワード授賞式で、「EVENING DRESS Queen」を受賞し、久しぶりに姿を見せたのが板野友美(29)だ。

「神7の1人で“ともちん”の愛称で親しまれ、2012年の『タレントCM起用社数ランキング』では篠田麻里子と並んで女性部門トップにもなりました。卒業後はアーティストとしての活動を望んでいたようですが、CDも売れず、バラエティ番組に出演してもあまり合わなかったのでしょう。徐々にテレビで見る機会は減っていきました」

 卒業後、ソロ歌手としての活動は難しいようだ。AKBといえども、卒業後にソロで紅白に出場できたメンバーまだいない。秋元康氏が以前に手がけた「おニャン子クラブ」でも、卒業後に紅白に出場できたのは、木村拓哉夫人の工藤静香(50)ただ1人である。

「歌手としてはもちろん役者としても、並みの才能では生き残れないのが芸能界です。バラエティではお笑い芸人の上を行くコメント力が必要です。神7と言えども、AKB時代に人気があったからといって、ずっと活躍できるわけではないということです」

週刊新潮WEB取材班

2020年11月30日 掲載