10日にスタートしたTBS「日曜劇場 日本沈没−希望のひと−」(午後9時)が、初回から高視聴率をマークした。世帯15.8%、個人全体9.7%。コア値(13〜49歳)も10月第1週(4〜10日)に放送された民放ドラマの中で最高だった。どうして好発進したのか。なぜ、「日曜劇場」は強いのか(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)。

「日本沈没」の初回視聴率は大好評のうちに終わった前作「TOKYO MER・走る緊急救命室」の初回を超えた。「TOKYO MER」の初回は世帯14.1%、個人全体8.2%だった。

「日本沈没」が高視聴率を得た理由はSF作品、近未来予言作品などの色を極端なまでに薄め、日本を救おうとする主人公・天海啓示(小栗旬、38)を中心とする人間ドラマにしたからに違いない。天海は環境省に勤務するエリート官僚である。

 初回の終盤、天海は田所雄介博士(香川照之、55)による関東沈没説を封印しようとした政府関係者と官僚の前で声を張り上げた。

「確かに関東沈没はこの国にとって不都合極まりない話だ! だからといって、その議論にフタをしていいわけがない!」

 不都合な真実が隠されがちなのは現実社会と全く同じ。だから、関東沈没説の信憑性は別とし、リアリティーを感じさせた。

理想像を見たい一面も?

 田所は国による地下開発(COMS=コムス)と地球温暖化から関東沈没を予測していたが、天海以外の官僚たちは日本社会独特の事なかれ主義で黙殺した。だからこそ異端の官僚・天海の言動は痛快だった。

「日本の未来はわれわれにかかっているんです」(天海)

 現役の経産官僚2人が、あろうことか給付金詐欺を働く時代。現実の官僚に視聴者は幻滅しているから、ドラマの中で官僚の理想像を見たい一面もあるのではないか。

 脚本は橋本裕志氏(59)。過去に「官僚たちの夏」(2009年)や「運命の人」(2012年)などを手掛けている。政治家や官僚を描くのに長けた人だ。

 初回が高視聴率を得たのは故・小松左京さんが書いた原作(1973年)の力でもあるだろう。この小説は上下巻で385万部という空前のベストセラーを記録した。ドラマは現代風にアレンジしてあるが、日本人が未曾有の危機に遭遇するという核心部分は変えられていない。人々が沈没の危機に立ち向かうところも一緒だ。

「日曜劇場」のカネ

 次に「日曜劇場」の強さの理由を書きたい。それを書く時、カネの話は避けて通れない。「日本沈没」もそう。カネがあるから、たしかな演技力のある豪華キャストを大勢そろえられる。人間ドラマは演技力のある役者たちでやらないと面白くならない。

 小栗旬は2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に主演することが決まっている。脂がのりきっている。うまい人だ。

 天海の友人で経産官僚・常盤紘一を演じているのは松山ケンイチ(36)。こちらも2012年の大河「平清盛」に主演している。やはり実力派である。

 さらに、沈没の危機を予言するのが、日本地球物理学会のアウトサイダー・田所。演じている香川は「半沢直樹」(2013年、2020年)など「日曜劇場」に11回も出演。この人も名優で登場すると視聴者が飛びつく。

 ほかに首相の東山役で仲村トオル(56)、副総理兼財務相の里城弦役で石橋蓮司(80)、官房長官・長沼周也役で杉本哲太(56)が出演。いずれも主演級、準主演級である。

 さらに田所と反目する東大教授・世良徹役で國村隼(65)、環境問題のスクープを追う「サンデー毎朝」の記者・椎名実梨役で杏(35)、天海の妻・香織役で比嘉愛未(35)、外務官僚・相原美鈴役で中村アン(34)が出演。10月期ドラマで一番の豪華キャストであるのは間違いない。

錚々たるスポンサー、そして世界配信

 制作費は各局とも秘中の秘だが、「日曜劇場」の場合、他局や同じTBSのドラマの2倍以上あるとされている。となると、通常は3000万円台だから、6000万円台以上。誰がカネを出しているかというと、大半はスポンサーだ。

「日曜劇場」のスポンサーは花王、サントリー、日本生命、SUBARUと大手ばかり。視聴率も作品のイメージもいいから、よそのドラマ以上に応援してくれている。

「さらに、日曜劇場の作品は人気作になることが予想できるから、動画配信やDVDの利益を見込んだ上で制作費を投じられる」(TBSドラマ関係者)

 また、「日本沈没」から、TBSはNetflixと新たに契約を結び、放送開始から3時間後に世界配信することが決まった。

 これによって入る利益も制作費に上乗せされるはず。ほかのドラマとの制作費格差は開くばかりだ。

 制作費の違いが表れるのは出演陣ばかりではない。CGを使った海中や静岡県の日之島が沈むシーンも不自然さが全くなかった。やはりカネはあるに越したことはない。

脚本にキズを感じた箇所も…

 半面、初回には脚本のキズとしか思えない部分もあった。キズが続いてしまうと、視聴者が興ざめしかねない。

 天海は田所を「関東沈没に関する公聴会」に招いた。天海がまだ関東沈没を信じていないころ、田所を黙らせようと、だまし討ちをかけた。

「詐欺ビジネスに加担しているのでは」(天海)

「私を騙したんだな!」(田所)

 田所をスキャンダル漬けにして関東沈没説を唱えられないようにした。田所は憤怒した。

 それでも田所が関東沈没説を引っ込めなかったため、今度は田所を同行させ、海底を調べる。田所が主張する沈没の前兆のスロースリップ(断層がゆっくりすべる)はないこと確認しようとする。

「COMS付近の地層を調べて、スロースリップの進行などないことを証明して、(田所を)黙らせるんです」(天海)

 天海の真の目的は自分の目で海底調査することだったものの、いずれにせよ田所が同行しないと意味がない。田所は公聴会で天海に騙されたが、なぜか誘いに乗った。

 田所も海底がどうなっているか自分の目で確かめたかったのかもしれない。半面、その心象風景は描くべきだ。短い時間で処理できるのだから。

 田所という男は天才らしいが、初回は騙されても懲りない間の抜けた人物に映ってしまった。

 初回の終盤で天海は政府関係者と官僚たちに向かって宣言した。

「日本の未来はわれわれにかかっているんです」

 このドラマはある種、ヒーローものに近い。天海たちが捨て身で日本人を助けようとする姿が視聴者の胸を打つのだろう。

高堀冬彦(たかほり・ふゆひこ)
放送コラムニスト、ジャーナリスト。1990年、スポーツニッポン新聞社入社。芸能面などを取材・執筆(放送担当)。2010年退社。週刊誌契約記者を経て、2016年、毎日新聞出版社入社。「サンデー毎日」記者、編集次長を歴任し、2019年4月に退社し独立。

デイリー新潮取材班編集

2021年10月17日 掲載