「羽生善治」九段、なぜ無冠に “年齢”と“AIの進化”を指摘する声

「羽生善治」九段、なぜ無冠に “年齢”と“AIの進化”を指摘する声

 平成の将棋界を、「羽生1強」と評することに異論を唱える者はいないであろう。

 羽生善治九段(48)が初めてタイトルを奪ったのは、平成の初めの年。1991年以降は、7つ(現在は8つ)あるタイトルのうち、いずれかを保持し続ける状態が27年間続き、その数、実に通算99期。一時は7冠すべてを手にするなど、史上最強の呼び声をほしいままにした。

 が、そのタイトルが徐々に減り、ついに1冠となったのは昨夏のこと。そして、昨年末には、その竜王のタイトルも失い、ついに「無冠」となったワケだ。

「40代で無冠になるというのは、大山康晴先生、中原誠先生といった過去の大棋士でも経験されていることですが……」

 と述べるのは、渡辺明棋王である。

「それよりも27年の間、タイトルを持ち続けたのはすごい記録です」

 また、佐藤天彦名人も、

「無冠の羽生さんというのは、記憶にありませんし、僕の同世代はみなそうだと思います。今までにない時代、という感覚ですね」

 と言うように、現役のトップ棋士も時代のうねりを感じているのである。

年齢的な問題?

“天才”に何があったのか。

「やはり年齢的な問題があると思います」

 と分析するのは、日本将棋連盟の森下卓・常務理事である。

「私の経験からもそうで、今、私は52歳ですが、自分が一番強かった23、24歳の頃の力を100とすれば、今は40くらいでしょう。年を重ねれば、それだけ思考力も体力も落ちるものです。羽生さんがいくら超人とはいえ、全盛期の頃と比べれば今は80くらいではないでしょうか」

 将棋映像プロデューサーの田中誠氏も言う。

「2016年の名人戦のこと。その第2局で羽生先生は、相手玉の一目で判る詰みを見逃して逆転負けを喫し、最終的に名人位を失いました。以前ならあり得ないことで、棋界では先生の衰えの象徴と語られています」

 それを裏付けるデータもある。羽生九段の生涯通算勝率は7割強。これ自体、驚異的な数字であるが、16年以降、ここ3年間は続けて5割台に留まっているのが気がかりなのだ。

AIの進化

 一方で、別の側面を指摘するのは、将棋ライターの松本博文氏。

「若手棋士の実力が総じて上がり、羽生さんに追いついた」

 実際、現在、将棋界に八つあるタイトルを保持しているのは、先の渡辺、佐藤両名を含め7名。その内訳は、40代が1人で、残りは35歳未満、さらには20代も3名と、「群雄割拠」というにふさわしいのだ。

「なぜそうなったかと言えば、コンピューター将棋ソフトの影響も大きい」

 と、松本氏。

「とりわけ若い棋士の間では、人智を超えたソフトを使った研究が一般的になっている。コンピューターは瞬時に数億手を読んで正確に最善手を示し、人間の既成観念にとらわれない新構想を提示する。そこから学ぶことが長足の進歩を促したのでしょう」

 過去に羽生九段自身もAIの進化について脅威を表明したことがある。

〈ITとネットの進化によって将棋の世界に起きた最大の変化は、将棋が強くなるための高速道路が一気に敷かれたということです。高速道路を走り抜けた先では大渋滞が起きています〉(梅田望夫『ウェブ進化論』)

 この発言は10年以上前のものだが、今起こっている状況を考えれば、まさに慧眼と言えるだろう。

 当時、3冠を保持していた羽生九段は、言わば、高速の先頭を突っ走っていたスポーツカー。だが、それから時が経ち、いささか車体に衰えが見えたところ、新型エンジン付きの後続車両が多数、猛追。大混戦となって追い抜かれる……そうした状況が生まれつつあるというワケなのだ。

「週刊新潮」2019年1月17日号 掲載


関連記事

おすすめ情報

デイリー新潮の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索