タワマン住人にとって武蔵小杉は他人事ではない 台風と地震で起こる最悪の事態とは ?

タワマン住人にとって武蔵小杉は他人事ではない 台風と地震で起こる最悪の事態とは ?

 住みたい街ランキング上位常連の武蔵小杉(川崎市)では、タワーマンションの浸水被害がにわかに注目を集めた。多摩川の堤防近くに建てられていたことで、11棟のうち2棟が浸水し、停電、断水と、ライフラインが断たれたのだ。最も被害の大きかったのは47階建て、高さ161メートル、計643戸のタワマンだった。セレブご用達と言われるタワマンは、災害に弱いということなのか。

 ***

 件の47階建てタワマンは、武蔵小杉駅から徒歩2分の好立地にある。中原区役所や東急スクエアなども近い。

 台風19号による大雨の影響で、街のマンホールや下水溝から下水が逆流し、武蔵小杉駅前道路は最大1.5メートルの高さまで冠水した。47階建てタワマンも、地下の駐車場から地下3階にある配電設備に浸水してインフラが断たれた。このタワマンはオール電化施設だったため、水道ポンプへの配電も停止し、全戸で断水したという。

「武蔵小杉のタワマン11棟のうち、何故2棟だけ被害にあったのか、まだ詳しい原因は明らかになっていません。ですが、地下の駐車場のシャッターを閉め忘れたか、あるいは、車を出し入れしたときに浸水したとみています。冠水はわずか10分で1.5メートルに達したということですから、あっという間に浸水した可能性がありますね。一説には、地下3階に7000トンの水が貯まったという話もあります」

 と解説するのは、タワマン問題に詳しい住宅ジャーナリストの榊淳司氏である。

「このタワマンは、トイレなどの下水はいったん地下に貯蔵し、ポンプで排水していたので、トイレも使えません。下手にトイレを使うと、下層階のトイレや洗濯機、台所の排水溝から汚水が噴出してしまう可能性があるからです。タワマンの最も重要なライフラインであるエレベーターが停電で止まったわけですから、復旧するまで生活はできないでしょう。部屋を賃貸で借りている人もいますが、家賃は返金されたそうです」

 タワマンの住民は、近くのホテルなどに避難したという。

 被害の大きかった47階建てタワマンは、15日までに地下3階の排水作業がほぼ終わり、壊れた配電盤の交換作業も終わったという。19日以降、館内の共用部分の電力から順次復旧させるそうだが、結局、復旧までに1週間以上かかったことになる。

「2年前、武蔵小杉駅では、通勤時間帯は異常に混雑し、改札からホームまで30分かかると言われものです。そのため、武蔵小杉のタワマン人気に陰りがでていたのですが、今回の浸水が決定打となりましたね。2〜3年のうちに、価格はじわじわと下がっていくでしょう。もう、武蔵小杉のタワマンを買いたい人は現れないんじゃないでしょうか」(同)

台風で震度1か2

 タワマン住民は、避難所には全員入れない?

「タワマンは、台風や地震に強いと言われていますが、台風などで大規模な洪水災害が起こった場合、その住民は自治体の避難所に全て入れないのではないかという懸念があります。都心エリアにあるタワマンの管理組合理事長によれば、避難所は、耐震性能の弱い木造住宅や老朽マンションの住民のみをカウントして、収容人数を想定しているとしか思えないと心配していました。タワマンは1棟に1000人以上住民がいて、近隣の避難所には収容しきれないそうです。結果、“有事”には、タワマンの共有施設やエントランスホールなどが避難所になる可能性があります」(同)

 台風に強いと言われるタワマンだが、今度の台風19号では、こんな現象が起こっていた。

「東京・赤坂にあるタワマンの43階に住んでいる人が、台風が上陸したときの部屋の様子を動画に残しています。それを見ると、台風で部屋が揺れているのです。『震度1か2でしょうか、ずっと揺れています』と言っていましたが、地震で震度1や2はたいしたことありません。揺れても1分かそこらですからね。ところが台風の揺れは、2、3時間も続きます。三半規管の弱い人は、気分が悪くなってしまいますよ」(同)

 タワマンは本当に大地震でも大丈夫なのか。

「2011年の東日本大震災で、長周期地震動が注目されました。これは大きな地震で発生する揺れが1往復するのにかかる時間、つまり周期が長い地震で、1回の揺れが5秒以上、横に大きく揺れます。この長周期地震動は、タワマンのような超高層建築において、特に危険が大きいそうです」

 この長周期地震動については、建築基準法では考えられてはいない。国土交通省は、長周期地震動の対策について、16年に通達を出しただけだ。

「恐らく建設業界では、最近建てられた高層マンションに関しては長周期地震動に対応していると思われます。もっとも、16年に発生した熊本地震では、特殊な揺れが観測されました。“長周期パルス”と呼ばれるもので、渦巻きのようにぐるぐる回って3秒ほど揺れる地震動です。この長周期パルスについて、17年にNHKが『シリーズMEGACRISIS巨大危機Ⅱ〜脅威と闘う者たち〜第1集 都市直下地震 新たな脅威“長周期パルス”の衝撃』を放送しています。番組の中で、工学院大学の久田嘉章教授は、『(タワマンについて)本当に条件が悪いと、倒壊する可能性はゼロではなかった』とコメントしています。この長周期パルスは、活断層の上に発生するのですが、東京だと立川市周辺で、大阪では御堂筋です。御堂筋にある本町には、タワマンが次々に建っていますから、この辺りは危険地帯と言えるかもしれません」(同)

週刊新潮WEB取材班

2019年10月21日 掲載


関連記事

おすすめ情報

デイリー新潮の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

生活術 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

生活術 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る