新幹線の車両は200km/h超というスピードで運転されており、常に過酷な環境との闘いが続いている。在来線の車両に比べると寿命も短いが、それでも延命を目的としたリニューアルなどで、長く続いた車両もある。そのベスト5プラスアルファを御紹介しよう。【岸田法眼/レイルウェイ・ライター】

※は現役。

第5位:JR東日本※E2系、※E3系(1995年〜)…26年

 JR東日本オリジナルの新幹線車両。E2系は200系の置き換え、ならびに北陸新幹線の初代車両、E3系は秋田新幹線の初代車両として、それぞれ登場した。最高速度を275km/hに引き上げることで、さらなる高速化に対応した。

 ともに、1997年3月22日にデビュー。当初、E2系の細い帯は東北・北陸新幹線用とも赤だったが、2002年12月1日の東北新幹線盛岡―八戸間延伸を機に、東北新幹線用の車両はピンクに変更された。

 一方、E3系は秋田新幹線用の車両が200系の置き換えも兼ねることになり、東北新幹線内の〈はやて〉(当時の東北新幹線最速列車)にも充当。さらに山形新幹線用の車両も登場した。

 現在、E2系は赤帯の北陸新幹線用が消滅。ピンク帯は東北・上越新幹線で運用されている。E3系は秋田新幹線用の車両がひっそりと姿を消し、山形新幹線用の車両が引き続き運用されている。

第4位:JR東海・西日本100系(1985〜2013年)…28年

 東海道・山陽新幹線の車両は、長らく0系の新製と廃車を繰り返す展開だったが、この体制を打破する車両として、1985年に100系が登場した。

 最大の特徴が2つあり、1つ目はシートピッチを広げることで、3人掛けのリクライニングシートが回転できるようになった。ちなみに0系と200系は、客室の中央を境目に向きが固定されていた。

 2つ目は、8・9号車を2階建て車両にしたこと。8号車は食堂車、9号車の1階はグリーン車の個室、2階はグリーン車の座席である。特に食堂車は1階を厨房、2階を客室にしたことで大きな側窓からの眺望性をもウリにした。

 1987年4月1日の国鉄分割民営化後はJR東海が継承し、100系の増備を継続するも、8号車は食堂車から1階カフェテリア、2階グリーン車の座席に変更された。

 1989年からはJR西日本も参入し、7〜10号車を2階建て車両にした『グランドひかり』が登場。7・9・10号車の1階は普通車指定席(すべて2人掛け)、2階はグリーン車の座席、8号車は食堂車の構成である。

 しかし、100系の全盛期は長く続かず、JR東海は2003年9月16日の臨時〈ひかり309号〉新大阪行きをもって引退。JR西日本は2000年から、すべて平屋車両に組み直す短編成化改造を行ない、山陽新幹線内の〈こだま〉に運用されたが、2012年3月16日の臨時〈ひかり445号〉博多行きをもって引退した。

 その後、新下関新幹線乗務員訓練センターに訓練車が残存していたが、2013年3月末をもって、鉄路から姿を消した。

第3位:JR西日本※500系(1992年〜)…29年

 意外と思われるかもしれないが、現役最年長はJR西日本の500系である。

 歴史を紐解くと、1992年に500系試作車『WIN350』が登場した。最高速度350km/h、新大阪―博多間を2時間20分台で結ぶための試験車両である。実際に350km/h運転は達成できたが、騒音が国の基準を超えてしまう。残念ながら、その課題も解決に至らず、旅客営業用の500系は最高速度320km/hに落ち着いた。

 1995年12月に旅客営業用の500系が姿を現すと、『WIN350』は1996年5月31日でお役御免となった。

 その後、500系は山陽新幹線内300km/h運転、東海道新幹線内270km/h運転に落ち着き、1997年3月22日に新大阪―博多間の〈のぞみ〉でデビュー。11月29日よりついに東海道新幹線への直通運転を果たす。

 しかし、N700系の投入により、〈のぞみ〉の運用は2010年2月28日をもって終了。現在は16両編成から8両編成に組み直され、さらに最高速度も285km/hに落とされ、山陽新幹線内の〈こだま〉として存在感を大いに放つ。

 なお、500系の詳細は拙著『波瀾万丈の車両』(アルファベータブックス刊)を御笑覧いただければ幸いである。

第2位:JR東日本200系(1980〜2013年)…33年

 東北・上越新幹線の開業2年前となる1980年に登場。東海道・山陽新幹線以上に過酷な環境を走行するため、耐寒耐雪構造の強化を図り、万全を期した。1987年4月1日の国鉄分割民営化後はJR東日本が継承した。

 当初は12両編成で食堂車の連結は見送られた。のちに東海道・山陽新幹線の100系に倣った同じデザインの先頭車、さらに2階建て車両も登場するなど、様々なバリエーションが生まれた。一時期ながら、上越新幹線〈あさひ〉の下り列車2本を対象に275km/h運転が実施された。

 200系は東北新幹線東京―盛岡間、上越新幹線大宮―ガーラ湯沢・新潟間、北陸新幹線高崎―長野間に足跡を残した。(越後湯沢―ガーラ湯沢間は戸籍上、在来線扱いだが、JR東日本は便宜上、上越新幹線と案内している)

 晩年は後輩の400系が2010年、E1系が2012年に相次いで引退し、200系はしぶとく残っていたが、2013年4月14日の団体列車〈さよなら200系号〉新潟行きをもって引退。国鉄時代に登場した新幹線電車のすべてが営業線上から姿を消した。

第1位:JR東海・西日本0系(1964〜2009年)…45年

 東海道新幹線開業時の車両で、1964年に登場。当時は「新幹線電車」と称されており、200系の登場を機に「0系」の名がつく。

 東海道新幹線は東京オリンピック1964大会に間に合わせるという絶対条件のなか建設が進められ、1964年10月1日に開業。当時、〈ひかり〉は“夢の超特急”と称された。

 当初は12両編成だったが、1969年12月より順次16両編成化。1972年3月15日に山陽新幹線が開業すると、1974年より〈ひかり〉用を対象に食堂車の連結を開始した。0系にとって、普通車、グリーン車、ビュフェ、食堂車を交えた16両編成は“完成の域に達した”と言えよう。

 1987年4月1日の国鉄分割民営化により、東海道新幹線はJR東海、山陽新幹線はJR西日本の管轄に。前者は0系の廃車を順次進めつつ、〈こだま〉の指定席をすべて2人掛けに更新。後者は0系のグレードアップ改造を行ない、『ウエストひかり』(新大阪―博多間の〈ひかり〉)と銘打ち、もうひと花を咲かせた。

 JR東海は1999年9月18日の〈こだま473号〉名古屋行き、JR西日本は2008年12月14日の臨時〈ひかり347号〉博多行きをもって引退した。

 その後、新下関新幹線乗務員訓練センターに残存していた訓練車が2009年1月5日未明、100系の牽引により、博多総合車両所に回送された。0系にとっては“最後の花道”と言えるだろう。

第6位以下は?

第6位以下のランキングは下記の通り。

第6位:JR東海・西日本※700系(1997年〜。JR東海車は2020年に引退)、JR東日本E4系(1997〜2021年)…24年

第7位:JR東海・西日本300系(1990〜2012年)…22年

第8位:JR東日本400系(1990〜2010年)…20年

第9位:JR東日本E1系(1994〜2012年)、JR九州※800系(2003年〜)…18年

第10位:JR東海・西日本・九州※N700系(2005年〜)…16年

第11位:JR東日本※E5系(2009年〜)…12年

第12位:JR東日本※E6系(2010年〜)…11年

第13位:JR東日本※E7系(2013年〜)…8年

第14位:JR西日本※W7系、JR北海道※H5系(ともに2014年〜)…7年

番外編

 新幹線車両は旅客車両のほか、電気軌道総合試験車も存在する。こちらは運用頻度が低いため、新幹線の旅客車両に比べると、長持ちしている。

 東海道・山陽新幹線では「ドクターイエロー」の愛称で親しまれている。その第1号となった922形は、1962年に高速試験車の1000形として登場。試験終了後、東海道新幹線の開業に伴い、電気軌道総合試験車に改造された。

 山陽新幹線岡山―博多間の延伸開業を控えた1974年、0系ベースの新型電気軌道総合試験車922形10番台が登場し、交代する。1979年には増備車の20番台も登場し、検測体制の強化を図った。

 分割民営化後はJR東海・西日本が継承し、前者(10番台)は2001年、後者(20番台)は2005年に引退。922形としては41年、旧1000形から通算すると43年も続いた。後釜は700系ベースの923形で、2000年に登場し、21年が経過した。

 一方、東北・上越新幹線版のドクターイエローは、200系ベースの925形として1979年に登場。分割民営化後はJR東日本が継承し、2003年に引退。24年の歴史に幕を閉じた。

 後釜はE3系ベースのE926形East iで、ドクターイエローとは呼ばない。2001年に登場し、20年が経過。JR東日本管内のみならず、JR西日本の北陸新幹線上越妙高―金沢間、JR北海道の北海道新幹線新青森―新函館北斗間にも乗り入れている。

 なお、JR九州は800系の一部が検測車の役割を兼ねている。

岸田法眼(きしだ・ほうがん)
レイルウェイ・ライター。1976年栃木県生まれ。『Yahoo! セカンドライフ』(ヤフー)の選抜サポーターに抜擢され、2007年にライターデビュー。以降、フリーのレイルウェイ・ライターとして、『鉄道まるわかり』シリーズ(天夢人)、『AERA dot.』(朝日新聞出版)などに執筆。著書に『波瀾万丈の車両』『東武鉄道大追跡』(ともにアルファベータブックス)がある。また、好角家の一面を持つ。引き続き旅や鉄道、小説などを中心に著作を続ける。

デイリー新潮編集部