親世代とは様変わりした就活事情 無名校卒でも逆転可能な“クローズド市場”の戦い方

親世代とは様変わりした就活事情 無名校卒でも逆転可能な“クローズド市場”の戦い方

「学生」「親」「人事部」必読! 「ルール廃止」で激変する「就活戦線」の必勝戦略――曽和利光(2/2)

 今の就活市場は“売り手市場”と言われるものの、求人倍率をよくよく見れば、業種ごとに大きな開きがある。人気業種や大企業に就職したければ、のんびり構えている暇はないのが実情だ。

 就活事情も、親世代の頃と比べ様変わりしている。大量の就職情報を発信する媒体の登場によって、マーケットはオープン化。1人が何十社も受けるようになった結果、就職問題懇談会(就問懇)が、“学業を阻害しない時期にやれ”と訴える事態ともなっている。

 ***

〈過剰な数の企業を受ける――これは学生のみならず企業にとっても無駄が多い。1人が何十社も受けているため、内定辞退者も増えるからだ。そこで、企業はどうしたか?〉

“オープンでフェアである採用”という価値観を捨て、“クローズドな採用”に転換し始めました。オープン化による弊害で大学側が怒り、規制が生まれたわけですが、それに対して企業側が逆ギレしたといってもいいでしょう。

 東大がいくら難しいからといって志願倍率が100倍にはなりませんよね。なぜなら、予備校や塾が、受かりそうにない生徒に「E判定」を出してくれているからです。

 受験と違って、新卒採用の場面では、「E判定」をつけてくれる人はいません。それどころか「人間性で受かる」という幻想が蔓延しています。たしかにE判定でも採用に値する学生はいます。でも、そういう1%の人材を拾うための作業は、企業にとってはとても効率が悪いのです。

 そこで、受験における予備校のように、学生たちを細分化してくれる就活サイトが現れました。「外資就活ドットコム」や「ONE CAREER」といった就活サイトです。これらのサイトは“ワンランク上の”等の表現で、いわゆる東大などの上位校の学生と人気のあるトップ企業をつなげることを主なコンセプトとしています。

上位校、院生、エンジニア志望などに特化

 このような“クローズド採用チャネル”は、何も旧帝大や早慶上智など上位校だけに特化しているわけではありません。大学院生に特化した「アカリクWEB」や体育会系学生専用の「アスリートプランニング」、エンジニア志望専用や、留学生専用など。これらのサイトで学生を募集している企業は、入り口段階で学生を細分化して採用の効率を高めようとしているのです。

 最近、企業の採用担当者は「脱ナビ」という言葉を口にします。「リクナビ」「マイナビ」ではなく、クローズド採用チャネルを重視するという考え方が主流になりつつあるのです。

〈クローズド採用にもさまざまなチャネルがある。〉

 若い社員をリクルーターに仕立て、大学の後輩たちを勧誘させる「リファラル採用」。実際に採用した社員の後輩ですから、その資質はある程度担保されています。逆に、学生から先輩社員に連絡を取る「OB訪問」も、同じ理由で近年になり再評価されています。

 インターン制度もクローズド採用の一種です。

「ワンデー・インターン」など、大手企業の青田買いの隠れ蓑になっている“偽物のインターン”は論外ですが、アメリカなどでは当たり前の、採用と直結した“本物のインターン”は、リファラル同様、採用効率が良いので、今後、ますます盛んに行われるでしょう。

無名校卒でも逆転可能

〈クローズからオープン、そして再びクローズへ――採用の“方法”についておおまかな変遷を概説していただいた。では、学生たちは具体的にどうすべきか。〉

 今後、企業はまずクローズで100人採用し、残り10人を「リクナビ」などオープンマーケットで調達するようになります。先進的な企業は既にそうしていますし、完全クローズド採用の会社も出てきています。

「リクナビ」「マイナビ」などオープンマーケットだけで勝負できるのは、売り手市場の業界か、旧帝大や早慶上智といった上位校の学生。MARCHや関関同立ですら射程外です。上位校の学生にしても、「就活はリクナビだけ」などという待ちの姿勢では、人気企業、大手企業で厳しい戦いを余儀なくされるでしょう。

 こういう言い方をしてしまうと、“企業は学歴差別をしている”と思われるかもしれませんが、決してそうではありません。

 たしかに、オープンマーケット上では、学歴が足枷になる恐れがありますが、企業は、会って“良い奴だ”と思った学生を、大学名を見て落とすということはしません。むしろ、いろんな大学出身者を採用したいと思っています。

 ですから、有名大学の学生でなくても、企業との接点を見つけてクローズドマーケットで勝負するのなら、逆転は可能なのです。

 むろん上位校の学生も、オープンだけで勝負しているのはもったいない。クローズド採用に積極的にかかわっていくべきです。

学生のやるべき5点

〈リファラルがない、OBもいない、インターンに入れない、企業との接点なんてない……無名大学の学生からはそんな愚痴も聞こえてくる。しかし、彼らにも活路はある。〉

 5年ほど前から「スカウトメディア」と呼ばれるものが生まれています。「OfferBox」などのスカウトメディアは、学生の方から自らの情報をサイトに公開するというもの。簡単に言うと、学生が自分の広告を出して企業の採用担当者に見てもらうのです。それを見た担当者が、欲しいと思った学生にメールを送り、接触が始まる。これなら、お互い会いたい人たち同士が会うことができ、無駄が省けます。

〈以上の話をまとめると、学生のやるべきことは以下の5点と言える。〉

 まず(1)細分化された採用サイトに登録する、(2)スカウトメディアに登録する、(3)インターンに参加する、(4)OB訪問をする、そして(5)今後も出てくる新しい就活チャネルにアンテナを張り巡らせ、即座に動く、です。

 最後に「人材紹介」の会社についてお話ししておきます。結婚相手仲介会社のように、無名企業と学生の間を取り持つ会社のことで、企業力はあっても採用力のない企業と、自立して活動する意欲があまりない学生にはありがたい存在です。

 しかし、この業界はまだ勃興期。きちんと学生をカウンセリングしなかったり、ブラック企業を紹介したり、辞退したら途端に怒り出したり……そんな悪徳会社もあるので注意してください。

 就活は、相手を待つだけではなく、自分から積極的に動けば成功の道は自ずと開けます。学生諸君の奮闘を祈ります。

曽和利光(そわ・としみつ)
人材研究所代表。1971年愛知県出身。京都大学教育学部教育心理学科卒。95年リクルート入社後、同社人事部ゼネラルマネージャーに。開業直後のライフネット生命の人事責任者などを経て、2011年人材研究所を設立。著書に『人事と採用のセオリー』など。

「週刊新潮」2019年2月7日号 掲載


関連記事

おすすめ情報

デイリー新潮の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索