ウイルスを防ぎきれなかったとき、自粛要請に忠実な人ほど重症化しやすいとしたら――。そんな悲劇を招かないために、日々の過ごし方のコツを、老年精神医学が専門の和田秀樹氏が伝授する。

 ***

 新型コロナウイルスによる重症者および死者は、高齢者に集中しています。ですから、いまの自粛要請は高齢者を守るためであるはずですが、自粛が続いて一番被害を受けるのは、実は高齢者です。

 高齢者が1カ月も家に閉じこもれば、足腰が弱ります。また、ぼんやり過ごして脳を使わずにいると、知的機能が衰えていく。そもそも我慢すること自体、老化の原因になるし、鬱になる危険性も高いのです。

 慶應大学病院の無症状来院者にPCR検査を行ったところ、6%が新型コロナへの陽性反応を示したとか。単純に推計すると、東京都内で現在だけでも、60万人以上が感染していることになりますが、亡くなったのは100名程度です。

 誤解を恐れずに言えば、その程度の病気なのに、全員を閉じ込めていたら健康な人の免疫力が落ちてしまう。残念ながら、現状は感染症の専門医の主張しか受け入れられず、精神医学や免疫学などの見解が考慮されません。その結果、感染リスクを減らすのと引き換えに、感染したら重症化しやすい生活パターンになってしまっています。

 感染症を広げないことは大事ですが、感染しても軽く済むにはどうしたらいいか。そのことも、そろそろ考える必要があります。

 では、いまの自粛生活をどう過ごすべきか。一般論で言えば、規則正しい生活を送り、質の高い食事で栄養状態を高める。加えて娯楽が大事で、心から笑うと免疫力が高まるのです。

 現在、テレビのお笑い番組は若者向けばかりなので、本当に笑える落語や漫才のDVDを見るのもいいでしょう。パソコンが使えれば、楽しめる娯楽も多いのですが、使えない方は、家族がサポートしてあげるといい。私が診ている認知症の患者さんも、パソコン相手に将棋を指している人は、意外に症状が進みません。

 会話も大事です。災害医療を通して、高齢者同士が集まって会話を交わすことが、その後の鬱病などを減らすことに寄与するとわかっているのに、いまは集まってはいけない。そこで電話の復活を提案します。

 飲み屋で話すような愚痴は、メールではなく、電話で言い合うといいでしょう。携帯電話の通話料も安くなっているので、「お前、閉じこもっているのか? 俺もだよ」などと長電話するといい。人の声を聞くだけでも安心するものです。

 読書なら、年をとると知っている著者の作品や、筋がわかるものしか読まなくなりがちなので、刺激を得るために未知の分野への挑戦を勧めます。官能小説もいい。トキメキが得られるからです。世俗の価値観に従うより、己を楽しませることが大事です。

 要は、快体験が大切なのです。たとえば、栄養状態が同じでも、「ウマい」と思えるものを食べたほうが免疫力は高まります。時には通販やテイクアウトなどで、豪華な食事を取り入れることも大事です。

節制すると意欲が落ちる

 高齢者が元気でいるためには、意欲的であることが非常に大事です。いまは意欲をもって外に出たら袋叩きに遭うような勢いですが、こうした節制型の生活が続くと意欲が落ち、我慢してストレスをためるほど、老化は進みます。

 テレビでは連日、外に出る人が極悪人であるかのように言っています。高齢者は、それを真面目に受け止めがちですが、テレビに出ている感染症専門医の言いなりになって家でじっとしていると、動けなくなりかねません。少し歩かないだけで、筋肉が細る廃用現象が起きやすいのです。

 1時間に1回くらいは体を動かしてください。家に階段があれば上り下りは効果的です。それに、少し陽や風に当たるだけで気分がリフレッシュするので、散歩はしたほうがいい。

 また、高齢者は脳内物質セロトニンが不足しがちで、鬱になりやすいのに、いまは気分が落ち込むようなニュースばかりです。さらに閉じこもって動かないと腹が減らず、肉を食べる気にならない。すると、肉に含まれ、セロトニンの生成を促す必須アミノ酸も不足します。セロトニンの分泌を促すためにも、陽に当たったほうがいいのです。

 また、喫煙者がコロナに感染すると重症化すると言われていますが、愛煙家はタバコを吸って気分を換えてもいいでしょう。山手線に飛び込んで自殺した人は、タバコを吸わない人が多いと聞きます。

 要は、過度に節制しないこと。楽しみを追求し、動き、適度に外にも出てください。コロナを怖がる余り、視野狭窄になることが、一番怖いのです。

和田秀樹(精神科医)

「週刊新潮」2020年5月7・14日号 掲載