「カネを出せ! 騒ぐと殺すぞ!」

 7月30日の深夜2時過ぎ、神奈川県・横浜市の住宅街で女性の悲鳴が響き渡った。

 リビングで就寝中だった60歳女性の首を締めて、こう脅したのは68歳の男だった。だが次の瞬間、彼は背後から屈強な男に取り押さえられた。

 別室で騒ぎを聞いた息子が駆け付けたのだ。しかも、息子は柔術の心得のある現職の警察官。古希に近い犯人に勝ち目などない。

 息子は暴れる犯人を「袈裟固め」で抑え込んで現行犯逮捕し、すぐさま110番した。

 まさしく飛んで火にいる夏の虫。これにて事件は一件落着となるはずだった。

 ところが、ここから事件は急展開を見せる。通報を受けた警察官がすぐに臨場したが、男は急性心機能障害を起こし意識不明の危篤状態になってしまったのだ。急遽、病院に搬送されたが午前6時46分、そのまま帰らぬ人となった。

 男の名は、村田信男。

 翌日、各紙は県版でこの一件を報じたが、村田の名が載ることはなかった。

 神奈川県警担当記者が解説する。

「本来、強盗未遂という凶悪犯なので実名報道が原則です。ただ今回のケースでは警察が駆け付けたとき、村田は心肺停止状態だったため、一度釈放した扱いにして病院に搬送しているのです。そして、そのまま死んでしまった。だから、警察は匿名で発表し、我々もそれに従って匿名報道にしたのです。結果として、村田の名前が表に出ず県警はほっとしていたと思いますよ。犯人の名前が世に知られれば、あの“トラウマ”が蘇ってきますから」

28年前の不祥事は、同じ7月30日だった

 トラウマとはいったい何なのか――。

 話は28年前に遡る。バブル景気真っ盛りの1992年。運命のいたずらか、村田が死んだ日と同じ7月30日のことだった。

 神奈川県警OBが振り返る。

「あの日は忘れもしないよ。首都圏を中心に、警察官やマンション管理業者を装って家に押し入るという手口で、40件以上も婦女暴行と窃盗を繰り返してきた村田をウチは捕まえたんだが、拘置中に、隙を突かれて逃走されてしまったんだ。去年、大阪府警の富田林署から、窃盗などで逮捕されていた容疑者が脱走。自転車を使って、逃げ回ったことがあったでしょ。アレと同じような話だね」

 当時の様子を写真週刊誌「FOCUS」が詳しく報じていたので引用する。

〈7月30日の未明、腹痛を訴えた彼(注・村田)は麻生署の警官4人に連れられて、病院に行った。が、治療ののちパトカーに戻る途中、彼は手錠を外し、隠し持っていたカッターナイフを振り回し、警官がひるんだ隙に、まんまと病院の外へと逃げ去った〉

 それから村田は5日もの間、姿をくらますのだ。県警が6000人態勢で夜を徹して捜索を続ける中、大阪・西成まで逃亡。そして、再び横浜に戻ってきたところで「御用」となった。

 大捕り物の様子も「FOCUS」はこう報じている。

〈幕切れはじつにあっけないものだった。この日、目撃通報を受けて警戒中のパトカーに発見された村田は、駐車中の2トントラックを奪って、横浜市郊外の県道を逃走。写真右の方から突進してきたトラックは黒いブレーキ痕をつけながら、左の脇道に逃げ込もうとしたが、曲がりきれずに歩道に乗り上げ置いてあった自転車を巻き込んだ。バックして逃げようとしたが、追ってきた覆面パトが体当たり、あっという間に警察の車両に取り囲まれた。「4車線全部が、四方から集まった警察の車で埋まりました。すぐに、4、5人の警官が警棒でトラックのフロントガラスと運転席のガラスを叩き割り、中から犯人を引きずり出した。でも、下りてくる時、にやにや笑っていたよ」(目撃者)〉

警視庁も強制わいせつ容疑で村田を追っていた

 その後、裁判にかけられた村田には懲役20年の重い刑が下された。だが、2年程前に出所。再び凶行に及び、命を落とす羽目となったのだ。身から出た錆といえよう。

 村田には余罪の疑いもある。

「今年4月、多摩地区で発生した80代の女性に対する強制わいせつ事件についても、警視庁は村田がやったものとしてみています」(前出・記者)

 前出の県警OBはこう継ぐ。

「婦女暴行を繰り返すような凶悪犯に、ナイフを隠し持たれ、手錠を外されて逃げられるなんて、あってはならない大不祥事だった。当時の麻生署署長は更迭。本部長は会見で自らも含めた大量の処分を発表し、世間に平謝りした。今回の身柄確保の仕方が適切だったかどうかはわからないが、村田がまたこうして神奈川県警の前に現れたというのは何かの因縁を感じますね」

週刊新潮WEB取材班

2020年8月6日 掲載