自己都合退職とされ失業保険の受給は3カ月後。退職金もなかった

 新型コロナの影響で失業保険の受給者はことし6月で48万人超と、前年同期と比べ約10万人増加している。これまで人手不足が叫ばれていた飲食や小売りなどの業種では給与が落ち込んでいる。こうした中でもほとんどの人は真面目に次の仕事を探したり現在の仕事を続けていたりするのだが、一部には生活苦に耐えかねたところへ詐欺の魔の手が忍び寄ったり、騙されたり……。当事者たちに話を聞いた。

 ***

 厚生労働省の雇用保険事業月報・年報によると、失業給付受給者数は2020年6月で48万6千人。前年同月は38万7千人だった。また毎月勤労統計調査では、飲食サービス業の賃金が前年同月と比べ10・6%減少している。

 現在、神奈川県川崎市で飲食店3店舗を経営している男性は「何とか4月の緊急事態宣言をアルバイトに辞めてもらうなどして耐えたと思ったら、また感染者が増加して客が減った。次に緊急事態宣言や自粛要請が出たら店舗を閉めるしかない」と話す。都内のビジネスホテルに勤める女性は「会社の売り上げが戻らないらしく、それとなく退職するよう迫られています」と、今後の就業に危機感を抱いている様子だった。

 仕事を失えば、通常は次の仕事を探すものだが、求職活動も生活保護の申請も上手く行かず、ふとしたきっかけで犯罪に絡めとられようとしている人たちがいる。30代のAさんは都内の飲食店で調理師として勤めていたが、コロナの影響で店の客足が落ちたことでオーナーから退職を強要された。しかも自己都合退職とされたことで失業保険の受給は3カ月後。退職金もなかった。

 貯金がほとんどなかったAさんは、その日から生活に困窮。自宅にある売れそうなものを売ったところで生活の足しになる訳もなく、アルバイトを探そうとしても飲食はどこも休業中で見つからなかった。生活保護の申請をしようと区役所の窓口に行っても、よく分からない理屈を並べられた挙げ句「まだ若いし働けるでしょう」と諭されたという。

失業保険を待っている間に家賃も払えず食費もなくて

「働きたくない訳ではなく、働きたいのに働く場所がないんです。どうしろっていうんですか。失業保険を待っている間に家賃も払えず食費もなくて死んでしまうかと思いました」(Aさん)

 SNSなどにそういった不満や愚痴をあげていたところ、別の飲食店で一緒に働いたことのある知人から連絡が届いた。「稼げる上に当日払いの仕事がある」という内容だった。

 詳細を訊ねようとしても、「細かいことは会った時に」という返答ばかりで要領を得ない。数日後、繁華街の喫茶店で落ち合った際に「指定された場所でキャッシュカードを受け取るだけ」とその知人に説明された。Aさんは聞くだけで法に触れる怪しい仕事だと感じ、席を立とうとしたが知人に「金に困っているのだろう」と1万円札を握らされた。アルバイトは見つからず、生活費は底を尽きかけている。そうした状況で手の中にある金銭を振り払うことは難しかった。

 再度椅子に座り直し、より具体的に話を聞くと、スーツ姿で指定する高齢者の自宅へ行き、クレジットカードを預かること。その際に言う台詞も指示する際に教えるというものだった。その際はスーツを着て事前に指示された通りの受け答えをするように言われたという。連絡は一定の時間が過ぎるとメッセージの消えるアプリで行うと説明された。

 Aさんは「ニュースでよく見るオレオレ詐欺のようなものだろうか」と思いつつも覚悟を決めたが、現在のところその連絡はまだ来ていないという。Aさんが「どうなった?」と指定された方法で連絡しても音信不通。SNSを見てもしばらく前から更新されておらず、知人がどうなったのか知る術はない。

 Aさんは「生活に困って犯罪をやろうと覚悟しましたが、急にはしごを外され却って我に返りました。八方ふさがりなのは今も変わりませんが、次の家賃の支払い日が来るまでにアパートを引き払い、実家に戻って仕事を探すことにします」と話す。

見え見えの詐欺に騙されて

 話を聞く限りだとAさんの知人は、オレオレ詐欺などの特殊詐欺でカードや現金を受け取る「受け子」をやらせようとしたと思われる。被害者と対面して受け取ることから、最も逮捕のリスクがある役割だ。その割に支払われる金額は極めて少なく、酷い場合は何ら金銭を支払わないケースもある。詳細な話を何一つ教えず受け子をやらせようとした知人は、おそらくAさんを使い捨てるつもりだったのではないだろうか。

「固定給30万円〜保障! 裏の在宅ワーカー募集!!」(原文ママ)

 掲示板には見るからに怪しい文面で、まともな大人が見れば呆れるような文言が並んでいる。こうした言葉に誘われて詐欺被害に遭ったBさんは30代前半。元々は東京で飲食店など複数のアルバイトをしていたフリーターだったが、コロナで勤め先が休業や人員削減などを行った結果、生活を送れないほど困窮し、現在は東北地方の実家で休職中だ。

 思わず「よくこんな胡散臭いものに応募しましたね」と言うと「地元の最低賃金は千円を切っているから、ここで働いても東京に戻れる気がしなくて……」と声を沈ませた。

 厚労省の令和元年度地域別最低賃金改定状況によると、東北6県の最低賃金は790〜824円。東京で8時間働けば最低でも8千円を超えるのに対し、東北地方では6千円強だ。アルバイトだけでアパートを借り自活するにはかなり生活費を削る必要がある。

 単純に高額なアルバイトを探していたところ、ネットで「裏仕事」や「闇のハローワーク」などといった単語が書かれたサイトやSNSに行き着いた。そして虎の子の20万円を吸い上げられた。

「仕事の保証料」として20万円を振り込むよう

 手口は単純明快で、月収50万円になる仕事があるという書き込みを見たBさんが記載されているアドレスにメールを送った。すると、Aさんと同じように、一定期間で送受信内容が消えるアプリをスマートフォンにインストールするよう相手から指示があった。そこで、「仕事の保証料」として20万円を振り込むよう口座を指定されたという。そして振り込んでからは音信不通に。

 フリーメールとは言え、簡単に足がつくような雑な詐欺だ。警察に被害届を出せば犯人は逮捕されるだろうが、Bさんは頑なに被害届を出そうとしない。理由は周囲へ詐欺に引っ掛かったとばれたら恥ずかしいからだという。「どのみちお金は戻ってこないでしょうし、そのうえ恥までかきたくない」とBさん。今回の取材も、電話でのみのやり取りだから受けたという。

 関係者以外には全く分からない感覚だが、かつて詐欺グループで働き逮捕された経験のある男性は、Bさんのような被害者の心理を「少額の被害だと騙されたことを恥ずかしいと感じ、被害届を出さない傾向にある」と話す。

「よくあるケチな詐欺には違いないが、リーマンショックの時のように突然景気が悪くなると金に困って応募してくる奴は増える」(元詐欺グループの男性)

 この男性によると、騙された人間は別の詐欺にも同じように引っ掛かるため、連絡先などは名簿化され別の詐欺グループに売られることもあるのだという。また、詐欺の被害者をリクルートし、特殊詐欺の受け子など逮捕されるリスクのある役割に使役するケースもあり、被害者が加害者に転じる可能性もあると補足する。

 コロナの影響で突如仕事を失い、詐欺に心を動かされる人間はごく一部だろう。だが、彼らも生活が困窮しなければ詐欺に心を動かされることはなかったはずだ。

畑中雄也(はたなか・ゆうや)
1980年生まれ。出版社、新聞社勤務を経て現在は食品製造業を経営。

週刊新潮WEB取材班編集

2020年8月11日 掲載