合計2250万円也

 スポーツ報知は7月15日、「将棋 第61期王位戦7番勝負第2局 藤井七段マジック『大逆転連勝』」との記事を掲載した(註:全角数字を半角数字にするなど、デイリー新潮の表記法に合わせた。以下同)。

 ***

 注目したいのは、記事の後段だ。「封じ手買えます」という中見出しが付いている。引用させていただく。

《1日目に藤井が初めて封じ手を記入した用紙(封筒含む)がチャリティーで一般希望者に販売されることになった。収益は九州豪雨被災地の支援などに充てられる》

《木村が主催側に提案し、藤井が同意した。二度と手に入らない「初物グッズ」になるだけに注目は必至》

 そして藤井聡太二冠(18)と、木村一基九段(47)の署名が入った封じ手用紙がネットオークションに出品されると、民放キー局のワイドショーでも大きく取り上げられた。

 藤井人気が改めて証明された格好となり、価格は文字通りのうなぎ登りとなった。

 読売新聞が9月15日の朝刊に「藤井二冠 封じ手1000万円超え」の記事を掲載すると、翌16日に日刊スポーツが「藤井2冠の封じ手3000万越え」と伝えたという具合だ。

 こうなると世間の関心も高まっていく。将棋に関心のない人々でも、「封じ手って何だ」と興味を持つ。

封じ手って何?

 棋士の青野照市九段(67)は、夕刊フジに「勝負師たちの系譜」を連載している。

 9月19日の紙面には、「封じ手オークション 藤井新王位誕生でマスコミも注目、落札価格どうなる?」が掲載された。

 このコラムは封じ手の世界を分かりやすく解説しており、非常に面白い。一部をご紹介しよう。まず封じ手の解説だ。

《封じ手とは2日制のタイトル戦(竜王・名人・王位・王将の4棋戦)で、1日目の終了時間に手番の棋士が、次の一手を盤上に指さず、指し手を紙に書いて封筒に入れるという儀式である》

 なぜ、こんなことをするのか。

《これがないと、1日目に手番で終わった棋士が一晩中考えることができ、不公平となる》

 もし藤井二冠が駒を動かして1日目が終わると、木村九段は翌日の対局再開まで、一晩中の“長考”が可能だ。これだと何のための持ち時間制なのか分からない。

奥深い封じ手の世界

 プロ棋士ともなると、「どちらが封じ手」を書くかを巡り、激烈な心理戦が戦われることもあるという。

《以前には5分前にいきなり指して、相手に難しい局面で封じさせようとしたところ、相手も怒ったのか、すぐに指し返したということもあった》

 青野九段によると、封じ手は次のような手順で作成されるという。

《封じ手は対局者が図面に矢印と指し手の符号を書いて封をし、両者がサインをした後、立会人に渡して1日目が終わる》

《1通を立会人、もう1通を対局場(旅館等)が保管して翌日開封する》

 これをもう1通作ろう、と木村九段が提案したというのは、先にご紹介した通りだ。

 ネットオークション「ヤフオク!」に出品されたのは、藤井二冠が封じた第2局と4局、そして木村九段が封じた第3局の「封じ手用紙」だった。

 9月20日の午後9時に締め切られると、藤井二冠の第2局が550万1000円、4局が1500万円、木村九段の3局が200万1000円という結果になった。

1億円を超えた時間帯も

 オークション中は3通で1億円を超えた時もあった。だが高額入札者は住所や氏名など個人情報をメールで通知する必要があり、連絡がなかったため削除されたという。

 落札直前、日本将棋連盟は各メディアに「落札者と連絡が取れなければ、落札価格は変わる」と注意喚起していた。

 だが、それは杞憂に終わったようだ。将棋連盟は25日、全ての落札者からの入金が確認されたと発表した。

 日刊スポーツは22日、550万1000円の落札者へのインタビュー記事を掲載した。(「藤井2冠封じ手550万1000円『安かった』 落札の投資家テスタ氏『家宝に』」)。

 記事によると、投資家のテスタ氏(本名・年齢非公開)は将棋ファン。豪雨被害地に寄付という主旨に賛同して入札したそうだ。

 落札した封じ手は「家宝にする」とし、転売は行わないと答えているという。

適切な入札額か?

 これで一段落がついたわけだが、だからこそ、疑問が浮かんでいる向きも多いのではないだろうか。

 何せ、3枚合計で2250万2000円だ。新築の一戸建て、高級スポーツカーも即金で買えてしまう。

 果たして、落札価格は適正なのか、それとも高いのか、はたまた安いのか──?

 和洋古典籍や歴史資料を扱う「安土堂書店」の八木正自代表取締役は、「開運!なんでも鑑定団」(テレビ東京系列・火・20:54)の鑑定士として出演している。

 八木氏は稀覯本(註:珍しくて価値の高い本)や書簡、そしてサインの専門家として、番組で鑑定を行ってきた。

 ちなみに番組で鑑定したサインに限っても、以下のような“歴史的人物”が並ぶ。

 チャールズ・チャップリン(1889〜1977)、アルベルト・アインシュタイン(1879〜1955)、エイブラハム・リンカーン(1809〜1865)──。

価格上昇の可能性

 八木氏に今回の落札価格について訊ねると、「適性と言えば適性、高額と言えば高額、なかなか難しいですね」と言う。

「まず前提条件として、『藤井二冠の名前が書かれた封じ手用紙なら、とにかく欲しい。お金はいくらでも出す』という人がいる可能性があるわけです。こういう場合、極論すれば1億円で落札したとしても、その人にとっては適正価格でしょう」

 一般論ではあるが、プロの集まるオークションでは、落札価格が抑制的になる傾向があるという。

 具体的にはイギリスの著名なオークションハウス、クリスティーズや、古書街で有名な神保町にある東京古書会館で開かれるオークションだ。

「美術商や古本屋といったプロは、顧客に販売するために落札します。利益を確保するため、落札価格は“買値”に近づきます。一方のネットオークションは顧客が入札するので、利益分が必要ありません。“売値”に近づくため、落札価格は上昇します」(同・八木氏)

 ただし、1500万円で落札された第4局の封じ手であっても、今後、価格が上昇する可能性は充分にあるという。

問題は希少性

 八木氏は「サインの価値は、サインした人の人気や業績に加え、希少性という要素もあります」と解説する。

「藤井さんの封じ手用紙がオークションに出るのは初めてということも、ここまで落札価格が上昇した一因でしょう。今後も藤井さんの封じ手用紙が珍しいものなら、価格が更に高くなっても不思議ではありません」

 逆の可能性もある。被災地を応援するため、藤井二冠の封じ手用紙が頻繁にオークションへ出品されるようなことになれば、価格が下落してもおかしくない。

 ちなみに、これまで八木氏が経験したオークションで、最も印象に残っているのは坂本龍馬(1835〜1867)の手紙だという。

「江戸にいた龍馬が、土佐の姉に宛てた手紙でした。龍馬は故郷に、幼なじみがいました。許嫁のような関係だったのですが、千葉道場・千葉定吉(1797?〜1879)の次女、さな子(1838〜1896)を好きになってしまうのです」

 この手紙で龍馬は、さな子を「器量もよく、腕っ節も強い」と褒め称えている。故郷の幼なじみと比較した部分もあるという。

 結局、龍馬はさな子を婚約者としたのだが、後には、おりょう(註:楢崎龍:1841〜1906)と結婚してしまう。

肉筆の魅力

 歴史的史料としての価値が非常に高いことは言うまでもない。何よりも手紙を読むと、龍馬の素顔がいきいきと伝わってくる。

「龍馬の手紙は2004年、東京古書会館のオークションに出品され、1633万円で落札されました。龍馬の手紙が約1600万円、藤井二冠の封じ手用紙が最高で1500万円となったわけです。鑑定士という客観的な立場を離れ、あくまでも個人的な感想を申し上げれば、藤井さんの封じ手用紙は、私なら手を出す価格ではありません」(同・八木氏)

 先に紹介した青野九段のコラムには、封じ手用紙のオークションに参加した経験を振り返った箇所がある。

《通常は落札価格が2〜3万円で、最高は私の知っている限りでは15万円くらいだった》

 なぜサインを買い求める人がいるのか、八木氏に訊いた。

「仮に織田信長の直筆書簡を所有しているとしましょう。信長は1582年、本能寺の変で自害しました。ところが彼の肉筆を見ると、まるで今も生きていて、自分の傍にいるかのように思えてくるはずです」

 肉筆というのは、それほどの“生命力”を感じさせるのだ。確かに文豪の原稿用紙を見ていると、そんな気になることがある。

「信長の書簡からは、彼の息づかいが聞こえてきます。そして藤井さんの封じ手用紙を落札した方も、きっと同じ気持ちになると思います」(同・八木氏)

週刊新潮WEB取材班

2020年9月29日 掲載