首相を守った柳瀬審議官 結婚時に作成された夫人との“ラブ・ストーリー”文書

首相を守った柳瀬審議官 結婚時に作成された夫人との“ラブ・ストーリー”文書

 自身にかかった疑惑の累が首相に及ばぬよう、参考人招致の場で巧妙な答弁を続けた柳瀬唯夫・経産審議官(56)。今でこそ無表情なザ・役人風だが、瑞々しい愛に身を捧げた時期もあった。

 その物語を記した文書をここに掲げる。1991年、柳瀬氏が結婚式を挙げる直前に、同僚らが新婦・A子さんとのなれそめを冷やかし半分に綴ったもので、題して「エネ庁ラブ・ストーリー」。交際時、氏は資源エネルギー庁の幹部で、A子さんは3年後輩だった。

 A子さんに「笑うと山瀬まみみたいだ」と好意を抱いた柳瀬氏。欧州出張時に「気をつけて行って来て下さいね」と電話されたのを「お土産を買ってこいとのサインだ」と“忖度”。パリで買ったディオールの口紅がA子さんの愛用品で、心をつかむことに成功する。

 2人はデートを重ね、柳瀬氏はオオカミのぬいぐるみも彼女にプレゼントしたが、ある日、母校・東大の三四郎池で変身したオオカミぶりが顔を出す。ベンチで夜風に吹かれながらキスに及び、胸中によぎった思いは、

「なにはともあれ、やれやれ」

 プロポーズは91年1月2日。年明け最初のデートとおめかししてきたA子さんを、車で連れて行った先はファミレスのすかいらーくだった。あじのたたき定食をさっさと平らげた柳瀬氏は、えびドリアをまだ食べているA子さんに勝手にしゃべり始め、米国留学が決まった自分についてきてくれないかと切り出した由――。

 この手の文書が省内で配布されるのがならわしだったそうで、多分に脚色も含まれるというが、

「彼にはどこか軽いところがあったのは事実で、基本は芯がなくて上からの言いなり。かかってきた電話の相手がエラい人だとわかるや、いきなりビシッとして“ハイ、柳瀬でございますッ”なんて答えるような調子でした」(元同僚)

 主人のために身を呈すが、その実は自己保身。清々しい恋物語も遠い昔、今や空々しい弁ばかり弄する計算ずくの大人になった。

「週刊新潮」2018年5月24日号 掲載


関連記事

おすすめ情報

デイリー新潮の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

政治 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

政治 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索